私だけの秘書人工知能スピーカが気になる?AIスピーカーの魅力を調べました。

映画アイアンマンのジャービスみたいな秘書が欲しい

main

映画アイアンマンを見ている人が最も羨ましいと思うことは仕事をテキパキこなしてくれるジャービスではないのでしょうか。人工知能のジャービスは主人公が何かを命令するとなんでやってくれます。 私たちの生活にもジャービスほどではありませんが、人工知能スピーカーが登場しました。 人工知能スピーカーは直接体験しなければその魅力は伝わりにくく、スピーカーに1回話しかけて見たぐらいでも足りないです。明日の日程や天気を教えてくれたり、音楽を聞かせてくれたり、また、遅刻しないように起こしてくれたりします。

人工知能スピーカーの魅力は?

たったひと言で検索、とにかく早い

main

人工知能スピーカーには色々な長所がありますが、中でも日常生活でも手軽に利用できるということが一番大きな長所です。 ひと言言うだけで希望している情報を得ることができます。スマートフォンのロックを外して、ネットを開けて検索ワードを一々入力しなくても検索することができるので、情報を取得する過程が昔より短くなりました。スマートフォンとパソコンがなかった時代には情報取得のためにもっと時間がかかりましたが、時間がどんどん短縮しているので、人工知能スピーカーが未来の基本検索手段となる可能性は大かもしれません。実際に市場調査会社「comScore」によると2020年には全体オンライン検索の50%が音声命令で行われるという予想を出してくれました。

スマートホームの指揮者

main

世界のIT企業が人工知能スピーカーに血眼になった理由はただ一つです。それは第4次産業革命の核心であり、未来産業のIoTを基にするスマートホームとつながるからです。スマートホームと人工知能スピーカーの結合は単純に家の電子製品を遠隔で制御するという意味を超えます。電子製品の電源管理や使用者がどんな使い方をしているのかを学習して自分で作動してくれるのです。

日々学習してかしくなる

main

人工知能はディープラーニング技術を持っています。ディープラーニング技術は機器が人のように考えて学ぶことができ、自らで学習する技術を意味しています。この技術のおかげで人工知能は使用者が多ければ多いほど学習を通じて想像以上のデータが蓄積されます。そのため、多くの会社が人工知能のプラットホームを作って、より様々な製品に適用するようにしています。
その中で先取り効果を持つプラットホームはAmazonの「Alexa」です。世界最初の人工知能スピーカーehcoに搭載されたプラットホームがAlexaなんですが、エコーは全世界人工知能スピーカーの市場で75%を占めています。アレクサは機能として使えるスキルが2万5千になりました。2位である380個の機能ができるグーグルアシスタントよりものすごく差をつけてリードしている数値です。この結果により、使用者が多ければ多いほど人工知能のスキルも上がるというのは理論でも統計でもはっきりした事実です。

おススメの人工知能スピーカーは?

AMAZON エコー

main

Amazonのehcoは2014年冬発売されて一番長い歴史を持っています。高さ235㎜に直径83.5㎜の円筒形のデザインをしているAmazonエコーは音質もいい人工知能スピーカーです。全方面に空いた穴を通じて360度サウンドが出力されるため置く場所について悩まなくても大丈夫です。上面の淵を回せば音量が調節でき、ほとんどの機能は音声認識でコントロールします。音声命令をするにはマイクが大事ですが、エコーの上段部に内蔵されている7個のマイクアレイが360度で音声を認識できるため、エコーの位置と命令を出す使用者の位置は関係なく、素早く音声が認識されます。また、画面がないので、音声の命令に関する反応に音声で答えます。また、スマート家電と連動して、室内の温度を調節したりライトを消したりすることもできます。

Google HOME

main

2016年5月に開催されたGoogleI/O2016でGoogleの対話型人工知能プラットホームのGoogleアシスタントを公開されました。その時、Googleアシスタントを利用した一つ目の機器で一緒に紹介した製品がGoogleホームです。高さ約15cmの小さいGoogleホームは2インチのパッシブラジエーターで高音から低音まできれいに再生してくれます。「OK Google」という呼び出し文章で音声認識機能を使用できるGoogleホームで時間や日時、日程などを聞くことができ、音声で答えてくれます。 スマートフォンの音楽を再生できたり、クロームキャストと連動されて様々なスマートホーム機器をコントロールすることもできます。

SONY LF-S50G

main

ソニーのAIスピーカーはメタルベースの上、メッシュで巻いた円筒デザインで作られています。LF-S50Gは両方スピーカーシステムを搭載され、360度でサウンドを分散させます。高音用フルレンジスピーカー、低音用サブウーファー、サウンドを分散させる2段階のディフューザーが搭載されています。また、BluetoothやNFC機能を使用し、ほかの音響機器とペアリングすることもできます。 他の人工知能スピーカーと違う機能としては、動作を認識してジェスチャーで操作できるという機能があります。スピーカーの上で手を横に振る動作をすると次の曲に変わります。曲を再生したり、ボリュームを調節したりするときにも動作を認識します。また、自動でボリュームをコントロールする機能を搭載してノイズがあると自動に音楽の音が大きくなります。スピーカーの本体に時計が表示される点も便利な機能です。 Googleアシスタントが搭載され、Googleホームの機能を使用できます。

LF-S50G 詳しくはこちら

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする