初心者も楽しいキャンプに行ける!キャンプの種類と装備をまとめました。

キャンプ初心者必見!今年はキャンプに行きましょう!

キャンプ場の写真

必要なものが全て揃っている宿泊施設もいいですが、たまには家族と一緒にテントを張って焚火に当たりながら楽しい時間を過ごすキャンプもいいですね。家族同士だけでなく友人や一人でも楽しめるキャンプ。しかし何をどう準備していいかわからない人のために役立つ情報をご紹介したいと思います。

キャンプの種類

デイキャンプ

デイキャンプでバーベキューをしている画像

日中だけ行う日帰りのキャンプです。手軽に楽しむことができ、野外で料理をして食べたりしながら遊べるキャンプです。

ツーリングキャンプ

バイクや自転車またはカヌーでツーリングしながら野外で料理、野営をするキャンプです。逆にキャンプをする目的でツーリングをする場合もあります。ツーリングもするキャンプなので小型の道具やテントが使われます。

オートキャンプ

オートキャンプ場の画像。車がたくさん見える

自動車(オートモービル)+キャンプという意味で車にテント、調理器具などを積んで家族や恋人同士が自然の中でキャンプすることです。日本では1990年代に大ブームが起こり、人気であったキャンプの種類です。 何かのためにキャンプするのではなく、キャンプを楽しむためのレジャーキャンプなので移動が楽な車を使います。

グランピング

必要なものがそろっているグランピングの画像

グランピングはglamorousとcampingの合成語で必要なものが全て揃っているところで楽に景色を楽しむキャンプです。またluxury campingや豪華キャンプなどの別名があります。2015年あたりから日本にも上陸した新しいスタイルのキャンプでキャンプ道具を持っていない、手軽にキャンプを楽しみたい層から人気です。

これ以外にも室内にベッド、トイレ、キッチンなどが用意されているキャラバンというトレーラーでキャンプをするキャラバンキャンプ、バックパックだけをかけてツーリングしながら行うキャンプなど色々なキャンプがあります。

キャンプアイテム

夜中のテント

テント

テントは大きくオートキャンプ用と登山用で分けられます。登山用テントであるAフレーム型テントは重さと嵩は最小限にして機能性を極大化したテントです。 一方、オートキャンプ用テントは車に積んでいくので登山用テントより大きさや重さが自由です。代表的なオートキャンプ用テントにはキャビンテント、ドームテント、ワンポール(ティピー)テントなど中で立っても大丈夫な高さのテントです。

テントを見に行く ▶
タープ

タープ

タープは日光と雨から保護してくれます。テントの前に設置して影を作り、そのスペースをリビングのように使います。タープの種類は四角形と木の間に屋根を作りやすくした六角形のヘキサタイプがあります。

タープを見に行く ▶
チェア

チェア

キャンプチェアは収納するときスペースを取るので購入時きちんと調べて選ぶのが重要です。代表的なキャンプチェアではツーウェイキャプテンチェアと背もたれが後ろに倒せるアウトドア用リラックスチェア、最小限の嵩で便利に使えるコンパクトチェアがあります。

チェアを見に行く ▶
バーナー

バーナー

料理するとき火をつけるバーナーはキャンプの時欠かせないものですね。燃料によってガスバーナーとガソリンバーナーに分けられます。お湯を沸かすときや簡単な料理には比較的使い勝手の良いガスバーナーを、大量のごはんや鍋をつくるときは火力が一定に維持されるガソリンバーナーを使います。

バーナーを見に行く ▶
キャンプ用食器

キャンプ用食器

キャンプの楽しさは食べることだと言っても過言ではないです。しかし野外で料理するためには持ち運びやすい調理道具が必要です。キャンプ食器の材質はアルミニウム、ステンレス、チタンなどがあります。

キャンプ用食器を見に行く ▶
寝袋

寝袋

野外は暖房装置がないので寝るときに寝袋あると暖かく寝れます。寝袋は形によって封筒型(レクタングラー型)、マミー型、人型があります。封筒型は長方形の寝袋で上から下までの幅が同じです。中のスペースが余裕で寝返りも打てますが逆に保温機能も落ちます。マミー型はミイラの意味であるMummyが由来しています。体の形に合わせたデザインで体温を逃しにくい、封筒型に比べ保温効果が高いです。しかし密着性が高くて寝返りが多い人は慣れるまでに時間がかかるかもしれません。人型の寝袋は足と腕を使える人間の形をしています。寝袋に入ったまま歩いたり簡単な作業ができるので外で天体観測などの活動を楽しめます。

寝袋を見に行く ▶
ランタン

ランタン

キャンプの夜の闇を照らしてくれるランタンはガス、ガソリン、LEDなどのタイプがあります。ガスランタンは明るくてポンピングなどの手間がかからなくて初心者に向いてます。しかし燃料のコストが高く、燃焼時間が短いので燃費がよくありません。また寒冷地では安定した灯りを灯すことができません。ガソリンランタンはランタンの中でも非常に明るく、燃料コストも高いです。また天気にも左右されにくいですが、使う前、ガソリンを気化するためポンピング作業が必要なこととメンテナンスなどが必要で初心者は使い方が難しいかもしれません。LEDランタンはボタンやつまみで簡単にON・OFFできますし電池式や充電式なので燃料の取扱いが楽です。しかしガスランタンやガソリンランタンに比べ光量が弱いのでメインランタンには向いてません。

ランタンを見に行く ▶
クーラーボックス

クーラーボックス

暑い夏はせっかく持ってきた材料が傷んでしまう恐れがあるのでクーラーボックスが必要です。クーラーボックスはハードクーラーとソフトクーラーがあります。ハードクーラーはステンレスやプラスチックなど固い材質の中に断熱材が入っています。断熱材は発泡スチロール、発泡ウレタン、真空断熱パネルの種類があります。ソフトクーラーに比べ保冷機能がありますがスペースを取ります。ソフトクーラーは保冷機能が劣り、衝撃で中身が破損される恐れがあります。しかし収納しやすいですし、アイスパックや水を凍らせて入れると短所を補うことができます。

クーラーボックスを見に行く ▶
グリル

バーベキューコンロ・グリル

バーベキューコンロ・グリルは大量の料理を作る時便利です。また長い時間火を起こせるためストーブの役割もします。材質は主にスチール製(鉄製)とステンレス製があります。スチール製は比較的お手頃な価格で種類も多いですが重くてサビに弱く、手入れが少し面倒です。ステンレス製は軽くて手入れも簡単ですが長い時間火をつけていると変形する恐れがあります。

バーベキューコンロ・グリルを見に行く ▶

春が近づいて日ごとに暖かさが加速してきています。春はキャンプに行く最適な季節です。どこかにふらりと出かけて自然の中で一泊してみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする