嫌なニオイの原因とは。梅雨の部屋干し対策に除湿機を賢く利用!

部屋干しの嫌なニオイの原因は?

部屋干しの嫌なニオイの原因は?

生活環境によっては部屋干しばかりという人もいますし、花粉のシーズンや梅雨時などだけ部屋干しをするという人もいます。

部屋干しは時間を選ばず、外の環境に左右されずに洗濯ものを干せるというメリットがありますが、外に干すときと同じように干してしまうと部屋干し特有の嫌なニオイ悩まされてしまうことがあるのがデメリットです。

綺麗に洗ったはずの洗濯から雑巾のようなニオイがするのは避けたいものです。なぜ部屋干しをすると臭ってしまうのでしょうか。
部屋干しした洗濯もののニオイの原因は「菌」です。
洗ったのになぜ菌があるのかと疑問が出てきますが、その原因は洗濯ものが臭ってしまったときの状況から分かります。

洗濯物が臭いと感じた時、次のような状況に心当たりはないでしょうか。

汗をかいて湿ったままの衣類を洗濯機の中に長時間放置してから洗濯をした・洗濯機の運転が終わってから干し忘れていて、しばらくたってから干したというような状況です。

嫌なニオイが発生する状況と対策

嫌なニオイが発生する状況と対策

一例ではありますが、この状況には共通点があります。
それは、洗濯物が濡れたままの状態で通気性の悪い洗濯機の中に長時間放置されていたということです。

適度な湿度と温度は菌にとって、とても過ごしやすく繁殖には絶好の環境です。
反対に乾燥した状態は菌にとっては生きづらい環境であるため、部屋干しの嫌なニオイ対策には「早く乾燥させる」ということが非常に重要です。

部屋干しの場合、換気をして通気性をよくすると早く乾かすことができます。
理想は洗濯物同士の間隔を十分に取って窓を開けておくことです。

こうしておくことで、通気性が良くなるため早く乾燥します。
しかし、天気の悪い日や外出時、夜間などは窓を開けっぱなしにするわけにはいきません。

その時に活躍するのが除湿機です。
また、湿度が高い状態だといくら通気性が良くても乾燥しにくくなってしまうため、湿度の高くなる梅雨時期や夏の気温が高い時期などにも除湿機を活用すると良いでしょう。

部屋の除湿目的ではなく洗濯物を乾かすという目的で除湿機を使用する場合は、リビングや寝室などよりもお風呂の脱衣所など狭い場所を閉め切って使うと効果的です。

「コンプレッサー方式」と「ハイブリッド方式」どう違う?

「コンプレッサー方式」と「ハイブリッド方式」どう違う?

除湿機を見てみると除湿機には種類があることが分かります。
その種類はコンプレッサー方式とハイブリッド方式というもので、この二つの違いは除湿をする仕組みにあります。

「コンプレッサー方式」とは

コンプレッサー方式は空気を冷却して除湿を行うものです。
空気は気温が高いほど水分を多く蓄えることができます。

そのため、空気を冷やすと空気中に蓄えることができなくなった水分は水滴となります。
コンプレッサー方式の除湿機はこのような仕組みで湿度を下げています。

空気を冷やして湿度を下げる方法であるため、気温が高い夏には存分に効果が発揮されますが、冬の寒い季節になると除湿効果が落ちてしまうのが欠点です。

「ハイブリッド方式」は

一方、ハイブリッド方式はコンプレッサー方式とデシカント方式のいいとこどりをした性能を持ち、1年通じて除湿効果を高く発揮してくれるのが特徴です。

デシカント方式除湿はデシカントという吸湿材を使って空気中の水分を吸収して除湿をするものです。
この吸湿材をヒーターで乾燥させ吸湿材の効果を保つことで室内の湿度を下げます。

ヒーターを使っているため気温の低い冬でも除湿効果は高いですが、室温が高くなってしまうのが欠点です。
ハイブリッド方式は二つの除湿方法を気温に合わせて切り替えて除湿をするため、一年を通して快適に使用することができるのが特徴です。

以上のような特徴から、梅雨時や夏だけ除湿するというのであればコンプレッサー式除湿機が良いでしょう。
ハイブリッド方式は一年を通して効率良く除湿できますが、冬の運転時の電気代が高くなるという点と、値段が高くなるという点は欠点と言えます。 使用頻度と使用時期、予算に合わせて機種を選びましょう。

コンプレッサー式の比較とおすすめポイント

コンプレッサー式の比較とおすすめポイント

それでは、コンプレッサー式除湿機のおすすめポイントを見ていきましょう。
コンプレッサー式を選ぶのであれば、コロナ CD-S6317-WやMITSUBISHI MJ-180MX-Wなどが良いでしょう。

MITSUBISHIMJ-180MX-Wは業界でもトップクラスのパワーを持つ機種で、木造の建物は19畳、コンクリート製の建物であれば39畳まで除湿できるほどのパワーを兼ね備えた除湿機です。

コンプレッサー式は冬の除湿量が落ちてしまうのが欠点ですが、その欠点をカバーする「冬モード」が搭載されているのがおすすめポイントです。

運転モードの「強」よりも強い力で除湿することができます。
部屋干しする際は湿度が高くなるため、タンクがすぐに満水になってしまうことも多いですが、この除湿機は4.7Lの大容量タンクであるため、水を捨てる回数が少ないのも便利です。

コロナCD-S6317-Wは木造の建物は7畳、コンクリート製の建物は14畳まで除湿可能な除湿機です。
部屋干しに特化した速乾モードと夜干しモードがあり、夜干しモードは除湿量は落ちるものの運転音を時間帯に合わせて抑えることができるため使用時間を選びません。

また、風の向きをワイドスイングと上吹きスイングで切り替えられるため洗濯物の量に合わせて効率よく使うことができます。
3Lの容量のタンクは連続約11時間運転でき、洗濯物を乾かしている途中でタンクが満水になってしまう事も起こりません。

ハイブリッド式の比較とおすすめポイント

ハイブリッド式の比較とおすすめポイント

ハイブリッド式除湿機のおすすめはPANASONICF-YC120HPX-NやPANASONICF-YHPX200-Sです。
PANASONICF-YC120HPX-Nは木造の建物は11畳、コンクリート製の建物は23畳まで除湿可能です。

衣類の乾き具合を調べてくれるセンサーが搭載されていてお好みに合わせて衣類乾燥のモードを選ぶことができます。

モードは衣類の乾燥を終えると自動停止するため外出時や就寝の際にも無駄に電力を使うことなく乾燥することができる カラッとセンサー や衣類乾燥を終了すると部屋を除湿する通常モードに切り替わる カラッとキープモード などがあります。

また、運転後に本体内を乾燥させる内部乾燥機能もあるため本体内も清潔に保てるのも特徴です。
この機種は幅165cmまで風邪を届けることができる送風能力があるため、広範囲に干しても洗濯物をきちんと乾かすことができます。

衣類や干し方に合わせて送風方法を選べるため、乾きにくい厚手の洗濯物がある時や中央に干した洗濯物が乾きにくいという時でも安心です。
その他に、少量の洗濯ものを素早く乾燥させる少量乾燥モードも搭載されていて、翌日着るシャツを洗い忘れていたという時にも心強い機能があります。

PANASONICF-YHPX200-Sは木造の建物は19畳コンクリート製の建物は38畳まで除湿できるハイパワーな除湿機により、洗濯物の量が多くてもしっかり乾かすことができます。
使用環境によって異なりますが、梅雨時の室温20℃の環境であれば、40分程度で洗濯ものを乾かすことができるのが特徴です。

「ナノイー」が使われている機種で、部屋干しの臭いを抑制する効果もあります。タンク容量は5Lという大容量で水捨ての手間が少なくなります。
この機種は「ツインルーバー」が採用されていて、同じ量の洗濯物を1列で詰めて干しても2列で詰めて干しても均一に乾くのが魅力と言っても過言ではありません。

二つに分かれているルーバーが洗濯物を揺らすことで、間隔をあけて干すことができない場合でも洗濯物の間に風を送ることができるというものです。

まとめ

まとめ

梅雨シーズンの嫌なニオイ対策の参考になりましたか?
嗅覚は人にとって大切な五感の中に位置するものであって敏感な部分でもあります。

自分では自分の香りに気づいていなくても周囲の人に影響を与えその人の印象を位置づける要因となってしまうこともばしばあります。

良い印象を与えたらプラスに効果するものでも一回でも嫌な印象を与えてしまうことによってマイナスに働き信頼関係をなくす可能性だって起こりうるのです。

だから常に自分の香りには気を付けていたいものですよね。
部屋干ししたときの生乾きのニオイはしっかりと乾燥をさせることによって防ぐことが可能です。

どうしても家の中は湿度が高く衣類が乾燥しづらい状況ならば絶対に除湿機をおすすめしたいです。

コンプレッサー式、ハイブリット式のメリット・デメリットを比較して部屋の環境に応じた除湿機を選びたいですね。 ぜひこの機会に除湿機をご購入してみてはいかがですか?

除湿機一覧はこちら>

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする