正しく歯磨き出来る電動歯ブラシが知りたい!電動歯ブラシの長所とおすすめ商品は?

歯の健康が気になる?歯の状態を確認して歯磨きをしてくれる電動歯ブラシについて調べてみた!

main

歯の健康に関して人々の関心が高まり、電動歯ブラシを購入する人も多くなっています。今までは電動歯ブラシは主に大人が購入しましたが、最近は子供がいる家庭でも子供用の電動歯ブラシを使っている人が増え、老若男女を問わずだれでも使う必須アイテムとして愛用されています。
また、最近の電動歯ブラシは使う人の歯の状態を確認して丁ねいに几帳面で歯磨きをしてくれ、携帯用としても作られ、旅行の必需品として認識されています。

電動歯ブラシの長所は?

正しい歯磨きに欠かせない!

正しい歯磨き

間違った歯磨きは歯の健康を損なる原因になります。幼い頃の健康が一生の健康であり、歯も子供の頃からしっかり管理すると健康な歯を保つことができます。100歳まで健康な歯でいるためには正しい歯磨きが必要です。歯医者も正しい方法で歯磨きをすることをおすすめしています。 最近販売している電動歯ブラシは優れた技術力で歯の問題解決できるよう科学で気に作られているので正しい歯磨きには必須です。 2016年に開催された第94回国際歯科研究学会では電動歯ブラシを使うと一般歯ブラシに比べてもっと効果的にプラークを除去ができるという研究結果が発表されました。

磨かれていないところを正確に教えてくれます。

正確に教えてくれる

電動歯ブラシを使うと口の中を隅々歯磨きすることができます。最近の電動歯ブラシにはリアルタイムで位置を感知してくれる技術が搭載されてスマートフォンのアプリでもBluetoothを通じて歯磨きが完了した部分とまだ磨かれていない部分を教えてくれます。今まで勘でしていた歯磨きで磨き残しが無いよう手伝ってくれます。

いつでも、どこでも使える。

いつでも、どこでも使う

電動歯ブラシは旅行で使いにくいと思う人が多いのは、製品が重く、充電を必ずしなければならないという考えだからですが、大体の電動歯ブラシはUSB旅行用ケースが付属しているのでケースを使うと簡便に使用できます。

電動歯ブラシを正しく使う方法は?

いつでも、どこでも使う

電動歯ブラシは一般歯ブラシと比べて価格が高くて、消費者は購入する前、様々な機能や価格などを比較しながら買います。しかし、せっかく高い費用を使って購入しても自分が持っている口腔健康問題に対して電動歯ブラシが持っている機能をあまり活用できない消費者も多いです。
電動歯ブラシを使うとプラークの除去から歯茎問題まで様々な問題解決につながります。

一般的な歯ブラシを使った時より手首の力を抜いて2分ぐらい短く歯みがきする。

使用する方法1

電動歯ブラシを使うと歯が摩耗したり、歯茎が傷つく可能性があると思う人も多いです。しかし、電動歯ブラシを正しく使用するとこのような問題を最小限にすることができます。 まず、電動歯ブラシと一般歯ブラシの違いから認識する必要があります。電動歯ブラシは1分当たり非常に多い数の上下、左右の運動をしているため一般歯ブラシを使用する時より手首の力を抜いて、歯磨きをしましょう。 また、電動歯ブラシは効果的に歯磨きことができるので一般的な歯磨きより2分ぐらい短いぐらいが丁度いいです。最近はタイマー機能が搭載されていて歯磨きをする時間を管理してくれます。

口内を4つに分けて丁寧に磨く。

歯医者さんがおススメする使用方法は2分の間に歯を一つずつ磨く気持ちで歯磨きをすることですが、一般的に歯磨きをすると歯を一つ一つ磨くより口の中に残っているかすをなくそうとする感じでする場合が多いです。この時は歯を上、下、右、左、4区域に分けて1つの区域で約30秒ぐらいきちんと歯磨きするようにしましょう。

歯茎を中心に歯と45度の角度で斜めに磨く

使用する方法1

電動歯ブラシは歯磨きをするときに電動歯ブラシの毛の角度を45度に保つことがおススメです。電動歯ブラシは使用する前に柄を指で軽く持ち歯ブラシは口の中に入れた状態で電源をつけなければ歯磨き粉が飛んでしまうので。 必ず口に入れた後に電源をつけてください。また、前歯の内側を磨くときには垂直に立てるときれいに磨くことができます。良く磨かないところには電源を消した状態で歯磨きをして奥歯の後ろや弱い歯の部分は電源を入れて集中的に磨くと効率的です。

歯ブラシの毛は自分の口腔問題に合わせて選ぶ。

歯ブラシの毛も性能も健康な口腔ケアに大事なことで電動歯ブラシを使用する時にも解決したい口腔問題によって色々な歯ブラシを選ぶことができます。電動歯ブラシの毛は歯の問題や歯茎の状態、年齢などを考え、最適な歯ブラシを選ぶことがいいです。 また、定期的にブラシの毛の交換も必須的です。電動歯ブラシの毛は1日2回使用基準で1ヶ月から最大3か月ごとに交換することをお勧めします。歯ブラシの毛が擦れたり、横に広がるとプラークが除去できないので効果的な口腔ケアが難しくなります。

おススメ電動歯ブラシ

PHILIPS HX9314/08

使用する方法1

磨き残しやすい箇所を徹底洗浄するディープクリーンモードが搭載されて「歯垢を落とす動き」と「歯ぐきをやさしく刺激する動き」を3分間で交互に繰り返し、磨き残しやすい箇所の歯垢を徹底的に除去します。 ブラシの土台にラバー素材を採用したことで歯の曲面に沿って柔軟に動き、歯茎のラインと歯の間、深いところまできれいに磨きます。また、歯ブラシに圧力を吸収され一般歯ブラシに比べ最大2倍まで歯茎を守ってくれます。また、ユニークな充電方式が採用されており、充電カップに歯ブラシを立てたりUSBケーブルにも連結できる携帯ケースを使うと簡単に充電できます。さらに独自に開発した音波水流で歯の隙間の歯垢まで除去ができます。毎分約31,000回の高速振動と幅広い振幅の組み合わせにより、唾液を活用した「音波水流」を口内に発生させます。これにより毛先の届きにくい歯の隙間や奥歯の歯垢までしっかり除去します。

オーラルB ジーニアス9000

使用する方法1

ポジション検知機能が搭載されており、よく磨かれていない部分を確認し、すべての部分をきちんと歯磨きするようにガイドしてくれます。また、専用のアプリと連動ができてリアルタイムで洗浄状態をチェックすることができます。3D丸型回転テクノロジーでプラークを99.8%まで除去してくれ、口腔状態に合わせて6個の洗浄モードが提供されており、使用者に合わせたケアができます。スマートフォンまで充電できるスマートUSB旅行用ケースを使えば外でも安心して使うことができますし、12時間の充電で約12日間、安定した継続使用が可能なのでいつでも使用できます。

電動歯ブラシ一覧>>

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする