新しい趣味として急浮上しているドローンが気になる!ドローンを操縦する前に必ず知っておくべき点は?

テレビの航空撮影シーンでよくみられるドローン、趣味として使っても大丈夫?

main

最近、ドローンに関心を持つ人が増加していることを実感しています。公園や開けた広い場所でドローンを操縦している人をよく見ます。また、テレビの番組を見るとドローンを使用して航空撮影したシーンがよく出たり、安くて手頃な製品が多く登場したりしながらドローンの市場はどんどん大きくなっています。

ドローンとは?

doronn

ドローンは115kg以下のマルチコプター、RC固定翼、ヘリカム、無人飛行船、熱気球のような項目に分類されています。私たちがよく見るドローンは軽くてサイズが小さいレジャー用ドローンです。 手の平に乗るほど小さいミニドローンから4Kカメラを装着し、航空撮影ができるドローンまでその種類と用途は限りなく多いです。

楽しむ方法は?

ドローンを初めて操縦する人は?

初めの方

初心者はいいドローンより、練習用ドローンを購入することがいいです。まずは基本的な操縦方法を学ぶために比較的安い1万円以下のドローンで練習してみることをお勧めします。なぜなら基本的な操縦方法も分からない状態で高いドローンを購入すると初めての飛行が最後の飛行になるかもしれません。
低価格のドローンは基本的なセンサーやその他の機能がないことも多いので、操縦方法を習うぐらいの気持ちで購入するといいです。 低価格なのにカメラ映像撮影機能が搭載されている場合も多いですが、画質が良くないので期待しないほうがいいです。また、バッテリーも最大10分以内の場合が多く、機体が軽いので弱い風でも飛行が難しくなる点も考慮してください。

ドローンの専門家になりたい人は?

初めの方

ドローンをよく操縦する専門家になりたい方は自分がドローンを購入する目的は飛行なのか、撮影なのかを把握すればどのドローンが自分にいいのかを知ることができます。また、撮影用ドローンの購入を考えている方ならアクションカメラなどの撮影装備を利用できるドローンも多いのでチェックしましょう。
専門家用ドローンはスマートフォンではなく、専用コントローラーで操作することが多いです。このコントローラーも種類が様々なので手によくなじむコントローラを中心に選択することがおススメです。さらにドローンのバッテリーは思いより短いです。そのため予備のバッテリーを購入できるかをよく調べて購入してください。

ドローンを操縦する前に必ず守らなければならないことは?

初めの方

まず、ドローンを操縦する人は知っていなければならない事項がいくつかあります。国内ではドローンを自由に飛ばす場所が制限されている点です。人の密集地域には別で承認をもらってからドローンを飛ばすことができます。また、軍事施設のような国家安保に関連した施設では航空撮影が禁止されているので先にチェックしてみましょう。

飛行禁止空域

航空機に衝突するおそれや、落下した場合に地上の人に危害を及 ぼすおそれが高い空域として、以下の空域で無人航空機を飛行させることは、 原則として禁止されています。 これらの空域で無人航空機を飛行させようとする場合には、安全面の措置を した上で、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。
●地表又は水面から 150m 以上の高さの空域
●空港周辺の空域 空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは 水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域
●人口集中地区の上空

飛行に関するルール

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルー ルを守ることが必要です。

●日中(日出から日没まで)に飛行させること
●目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること他人又は建物、車両などの物件との間に距離(30m) を保って飛行させること
●多数の人が集まる催し場所の上空で飛行させないこと
●爆発物など危険物を輸送しないこと
●無人航空機から物を投下しないこと

おススメのドローンは?

DJI Phantom 4 Pro

初めの方

ドローン世界1位ブランドに呼ばれる中国のDJI.DJIの代表的なドローンラインナップのPhantomです。その中にもPhantom 4 Proは大衆的に使用されている撮影ドローンです。Phantom 4 Proに搭載されているカメラは2000万画素で60FPSの4K映像を無理なく撮影できます。また、DJI初の機械式のシャッター機能を採用されているため、速い速度の被写体をきれいに撮ります。
Phantom 4 Proには五つの方向での障害物を感じられるセンサーが搭載されています。また、機体の両方に 3Dスキャニング技法を使って機体と障害物の間の距離を測定して機体の破損率を大きく減らしました。さらにReturn-to-Home機能がアップグレードしており、周辺環境の変化を感知して最適な経路を選択できます。信号がなくなっても障害物を下げて記録された経路に合わせって戻るようにしました。専用のアプリではライブ機能まで搭載されていて生放送までできます。

DJI Mavic Pro

初めの方

DJI Mavic Proは小さいですが、強力です。Mavic Proは本体はもちろんコントローラーまで折りたたみ式の形を採用されていでいつでも持ち運びが可能です。Mavic ProはPhantom 4 Proより6倍小さいサイズなのに飛行時間は最大27分を誇ります。4k動画に対応していてきれいな映像を撮ることができます。
また、一定の高度を維持したまま動かない停止飛行状態を「ホバリング」と言いますが、これは衛星位置の追跡のための機能です。ドローンとコントローラー間の送信範囲は7㎞で、遠い距離でもフルHDの映像ストリーミングができます。

Parrot DISCO

初めの方

普通のドローンと言えば中央にカメラがあり安定的な飛行ができるよう4個または6個ぐらいの足を持っている典型的なドローンの姿を思い出します。でもParrot DISCOは今まで見れなかった新しい姿を見せてくれます。空気力学デザインの本体と流線型翼を装着しており小型飛行機のとうに見えます。
DISCOを購入するとCockpitglassesというFPV(Fisrt Person View)ゴーグルが付属します。このゴーグルを利用すると実際に飛行機の操縦席に座ったような景色を見ることができます。また、後面の電動プロペラで最大80km/hで飛行ができ、2,700mAhバッテリーを搭載しており最大45分までの飛行を楽しむことができます。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする