先に知っておいて安心!据置ガスコンロの選び方

ガスコンロ選び方main

長年使うガスコンロどういった製品を買えば良いのか迷っている方必見!選ぶときのポイントを調べました。

電子レンジや冷蔵庫などの家電は、サイズや用途がはっきりしていればさほど迷うこともないでしょう。しかし、ガスコンロに関しては一生の内でそう何度も買い替えることがないため、いざ買い替える段になってどういった製品を買えば良いのか迷ってしまう方も多いはずです。

長年使って老朽化した据置ガスコンロを新しくしたい方から、転勤や引っ越しなどこれから新生活を始める方まで、購入の際はぜひ参考にしてください。

購入前にチェックすることは?

どんな種類のガスコンロを選ぶにしても、先に必ず確認しておかなければならないことがあります。自宅に供給されているガスの種類とガスバーナーの火力の強い位置、ガスコンロの幅の3点です。

自宅に供給されているガスの種類

自宅に供給されているガスの種類

まずは、3点の中でも特に重要なポイントであるガスの種類から見ていきましょう。ガスは「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類が存在しており、住宅には必ずどちらかが採用されています。両方のガスにセパレートで対応したガスコンロは存在せず、異なるコンロを使用すれば火災の原因となるため絶対に最初に確認しておいてください。

ほとんどのガスコンロは、都市ガス用とプロパンガス用の両方が作られています。製品の説明書を見るのが一番良いのですが、手っ取り早い見分け方としては製品の型番の末尾に「12Aもしくは13A」が付随していれば都市ガス対応、「LP」が付随していればプロパンガス対応です。

また、注意点としてほとんどの都市ガスは12Aもしくは13Aを供給していますが、稀にそれ以外のガスを供給しているガス会社もあるため、先に問い合わせる必要があります。

ガスバーナーの火力の強い位置

ガスバーナーの火力の強い位置

次に、ガスバーナーの火力の強い位置について説明しましょう。大抵は2つ口のガスコンロを購入されるケースが多いですが、このタイプは左か右のどちらかの火力が強くなっています。好きな方を選べば良いように見えて、こちらも注意すべきポイントです。

設置した時、強い火力のバーナーが来ないようにするのが基本となります。火力の強いバーナーが壁に近いと、こちらもまた火災の原因となりやすいからです。実は、都市ガス・プロパンガスの対応機種が分かれているように、火力が強い位置が左の製品と右の製品といったように、火力の位置の違い別でも製造されています。これも見分けやすい方法として、型番を見ます。型番の次にLもしくはRと表記されているため、こちらをチェックしましょう。

ガスコンロの幅

そして、最後にコンロの幅もチェックすべきです。据置ガスコンロのサイズ規格は、標準の59cmとコンパクトな56cmに分かれています。キッチンに十分なスペースがあればどちらでも良いですが、設置スペースの幅が59cm未満であれば56cmの製品しか置けません。

ガスコンロの種類によって選ぶときのポイントは?

天板・トッププレートの種類

天板・トッププレートの種類

さて、ここから実際の製品を選ぶ上でのポイントを説明していきます。選ぶ際に気になってくるのが天板・トッププレートの種類に関してです。ガスコンロの表面であるため見た目に影響する他、日々のお手入れが楽になるか面倒になるかが関わってくる重要な項目でもあります。

実は、天板の種類によってガスコンロの値段が大きく変わる部分なので、その違いをよく覚えておいてください。

一般的には、素材の違いで大きく4種類に分けられます。安くて掃除が簡単な「フッ素コート」、耐久性があり価格も安価な「ホーロー」、掃除がしやすく耐熱に優れるものの高価な「ガラストップ」、そしてほどよい耐久性と熱耐性を持ちガラストップとホーローの中間的な「ガラスコート」が主流です。

人気が高いのは耐久性と掃除が簡単なガラストップですが問題は価格で、据置ガスコンロは15,000〜20,000円ぐらいが底値であるのに対し、ガラストップは最低でも40,000円は超えてしまいます。ただ、余程のことがない限りはガスコンロを買い替える機会は少ないため、長期間使用すると割り切って、手入れがしやすく見た目の良いガラストップ天板の製品を買うと良いかもしれません。

魚焼きグリルの種類

魚焼きグリルの種類

ガスコンロを購入する上でもうひとつ気になるのは、魚焼きグリルの種類です。最近のガスコンロでは、技術の進歩によって魚焼きグリルのトレイに水を入れる必要がなくなり、無水グリルが主流となっています。

2つ口のガスコンロの最低価格帯の製品でも無水グリルは搭載されていますが、これの上位版となるのが上下から一気に焼き上げる「無水両面焼き」グリルも存在します。

購入する時は、片面を焼く無水グリルか両面を一気に焼く無水両面焼きグリルのどちらかを選ばなければなりません。片面焼きのメリットは価格が安い点、焼き網に焦げ付きにくいという点が挙げられます。逆に片面ずつ焼くため引っくり返さなければならない点、焼き上げるの時間がかかるという点がデメリットです。

両面焼きのメリットは多く、上下同時に焼くため早いという点と途中で裏返す必要がない点、ピザ・クッキーやグラタンなど魚以外の色んな料理が可能であるなど多彩です。反対に、途中で引っくり返さないため焼き網にこびりつきやすい点、多機能で優秀な分高額であるという点には注意しなければなりません。

ガスコンロの機能によって選ぶときのポイントは?

ガスコンロの機能

ここからは備わっていると便利な、オプション機能をチェックしていきましょう。安全に特化した機能として、コンロタイマー・グリルタイマーが挙げられます。時間設定をしておけば自動的に消火してくれるため、うっかり火を消し忘れた時も安心なので非常に便利です。また、お湯が沸騰したら音が鳴り自動的に火が消える、自動湯沸かし機能も大変優れています。ガス代の節約はもちろん、空炊きや火災を未然に防ぐことができて安心です。

ついていると便利な調理機能についても見ていきます。魚が好きでよく焼くご家庭であれば、オートグリル機能は外せないでしょう。干物や切り身、姿焼きなどモードをセレクトして、火の通り・焼き加減を選んで設定するだけで火加減から消火まで全て自動的に調理してくれます。簡単においしく魚料理を味わえるので、おすすめ機能です。

同じく、お米をガスコンロで炊く自動炊飯機能も見逃せません。現代は電気で炊飯を行う炊飯ジャーが一般的ですが、もともとは釜に入れて火でくべて炊いていたものです。お米本来の、ふっくらとした炊きあがりを体感したいなら外せない機能と言えます。

据置ガスコンロのおすすめ・選び方

据置ガスコンロのおすすめ・選び方

天板やグリルについてじっくり吟味して選んだら、バーナーまわりにも気を配りましょう。ここの選び方によって、日々のお掃除・お手入れが簡単か面倒になるかが分かれます。煮こぼれがコンロ内部に入りにくい構造になっているものを選ぶのがポイントです。

さらに、ゴトクまわりも一緒にチェックすべきです。煮こぼれ・吹きこぼれをキャッチする「汁受け皿」があるタイプと、撤廃した「汁受けレス」タイプの2種類存在しています。

一見、汁受けがある方が便利なように思えますが、煮こぼれが内部に入りにくいように工夫されており、ゴトクを取って簡単に掃除できる汁受けレスタイプの方が主流となっています。汁受け皿があれば大量の吹きこぼれも受け止めてくれますが、掃除の際に取り外す部品が多く手間がかかる点、内部に汁が入りやすい点などデメリットが多い点などがあまり採用されていない理由です。

まとめ

最後に、もう一度据置ガスコンロの選び方について整理していきます。まずチェックすべき点として、住宅に供給されているガスが都市ガス・プロパンガスのどちらであるか、強い火力のバーナーが壁の反対側であるか、コンロを置くスペースは十分かという3点は外せません。製品の型番の後に続くL・R、さらにその後に続く「LP」もしくは「12A・13A」を見るようにしてください。横幅サイズは、59cmか56cmのどちらかしかありません。

次に、掃除のしやすさや耐久性の観点から天板を選びます。無水グリルに関しては、両面焼きグリルを搭載している製品でも20,000円前後のものが存在するため、自炊をするのであれば両面焼きグリルがおすすめです。この他、安全・安心のためのタイマー機能や湯沸かし機能、オートグリル機能などは必要に応じて選べば良いでしょう。バーナーまわりやゴトクまわりは、清掃・お手入れのしやすさの観点で見るのを忘れないようにしてください。

ポイントとして言えることは、買い替えの機会が少ない製品である上に毎日使うという性質を鑑みて、良い製品を選ぶことをおすすめします。無理をして高級なものを買う必要はありませんが、使い勝手が悪く手入れの手間もかかる製品と10年単位で付き合っていくより、少し値は張ったとしても便利で手間いらずな製品を購入した方が、結果的にはお得になるからです。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする