ホームシアターを上手く選択して快適に映画館のような臨場感を楽しもう!

映像を楽しむツールの原点

映像を楽しむツールの原点
自宅で映像を楽しむことができるツールと言えば今もおなじみではありますがテレビが主流でした。
その後、手頃な価格で購入できるプロジェクターとスクリーンが登場したのです。

このプロジェクターとスクリーンによる映像効果は、まさに映画館で映画鑑賞しているかのような臨場感を味わうことが出来ます。 このようにして、ホームシアターは進歩を続けています。

ホームシアターの多様化

近年のホームシアターは、多様化しつつあります。
これまでの5.1チャンネルタイプのスピーカー配置をするホームシアターから、スピーカーの性能の向上と共にスピーカーの数を減らしていく傾向にあります。

前方だけにスピーカーを置くだけで従来の5.1チャンネルホームシアター並の音響効果が得られるというものです。
これは、近年の住宅事情に配慮した結果とも言え、狭小住宅が増えている現代社会において、5台もスピーカーを配置するスペースを確保できないからです。

もっとスピーカーを減らしたものも出てきており、前方に1台配置するだけでホームシアターの音響効果を体感できるというものです。
しかしながら、5.1チャンネルタイプのホームシアターが最も音響効果が優れているのは言うまでもありません。

スピーカーの数だけサラウンド効果が増幅するわけですから、当然のことながら臨場感も増します。
そして、アンプからの主力を最大限に発揮することが出来るというのも、5.1チャンネルタイプのホームシアターの強みです。

ホームシアターにおける音の重要性

そこで今度はホームシアターにおける音の重要性をご紹介していきます。
趣味は映画観賞なんて人も多いと思います。

自宅で鑑賞するより映画館に足を運んで鑑賞すると同じ映画だったとしても迫力が違うことは一目瞭然ですよね。
映画館の臨場感を出す要素として大画面という点が目に行きがちですが実は音にも重要な役割があることはご存知でしたか?

場面ごとに効果的な音をあらゆる角度からのスピーカーから出すことにより体感的によりリアルを感じやすくなるのです。
そんな体験をご自宅のテレビで実行しようと思っても普通に見ているだけではできませんよね。

それほど人は音に対して敏感に感じ取っていることがわかりますよね。

自宅で映画体験するには?

自宅で映画体験するには?
ではどうしたら自宅で映画館のような体験が出来るでしょうか。
自宅で映画鑑賞等をする際は、臨場感のあるホームシアターで鑑賞するのが理想的です。

ホームシアターが世に知られるようになった初期の頃は、音響設備から普及されました。
いわゆる5.1チャンネルという音響設備で、前方の左右と中央にスピーカーを配置し、ウーハーを配置します。
そして後方にスピーカーを2つ左右に設置することで、映画館さながらのサラウンド効果を発揮するというものです。

上で説明した通りスピーカーの数を減らしても性能向上によりある程度臨場感を楽しむことは出来るようになりました。

スピーカーの数を増やすことによって臨場感が増すという点も理由の一つになってきますが、映画がDVD化されている物に関しては5.1チャンネルで収録されている物が多いので やはり映画鑑賞の際には5.1チャンネルという音響設備がベストなのではないでしょうか。

ブルーレイを見る環境なら7.1チャンネルがおすすめ

ブルーレイを見る環境なら7.1チャンネルがおすすめ
DVDだと5.1チャンネルがおすすめと説明しましたがブルーレイになっても5.1チャンネルが一番良い音響設備なのでしょうか。
ここでおすすめしたいのが7.1チャンネルです。

7.1チャンネルは2つのスピーカーを足すことによって後ろサイドを受け持つ形になり、見ている人とスピーカーとの距離感が近くなることから5.1チャンネルと比較するとさらに臨場感を高めることが出来ます。
音の距離感から立体感、密度感が高まります。

例えていうのならば飛行機が頭上を飛んでいくようなシーンが一番わかりやすいのではないでしょうか。

サウンドもこだわりつつ肝心なプロジェクターの選び方

サウンドもこだわりつつ肝心なプロジェクターの選び方
サウンドをしっかり見極めたら今度はホームシアターに肝心なプロジェクターを選びましょう!
プロジェクターも何を買っていいかわからない大体の価格はいくらになってるの?なんて思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今度は重視別でプロジェクターを見ていきましょう。

高画質で楽しみたい! そんなあなたには4K最上級ホームシアター・フルHD上級ホームシアター用のプロジェクターがおすすめです。
4Kを楽しむ方ならもちろん4K最上級ホームシアターを選びたいですし、ブルーレイ・デジタル放送に重点を置くならばコストパフォーマンスを考えフルHD上級ホームシアターを選ぶと良いのではないでしょうか。

低予算で楽しみたい!
そんなあなたには初級ホームシアター用プロジェクターがおすすめです。
画質は上でお伝えしたものより落としますが大体予算10万円から選ぶことが出来るのでホームシアターを手軽に楽しみたい人には良いのではないでしょうか。

また価格が変に安すぎるものが出回っていますが画質が最悪なものが多く映画を楽しむことができないためおすすめできません。

しっかりと性能と価格を照らし合わせて選択するのがよさそうですね。

まとめ

まとめ
アンプ自体も進化を続けていますので、それに対応できるスピーカーを用意しておくのが理想的です。
映像面に関しては、テレビからプロジェクターとスクリーンを用いた投影方法に変わったことで、ホームシアターの質が格段に向上しました。

テレビでは表現しきれない繊細な映像の表現を、プロジェクターをスクリーンに投影することで細やかに表現することが出来ます。
フィルム映画をみているような、温かみのあるアナログ感覚を味わえるのもプロジェクターとスクリーンを用いる利点と言えるでしょう。

ホームシアターは、今後も技術の日進月歩と共に質が向上してくるでしょう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す
レビューの一覧はコチラ