home > お知らせ

「もしも」の時に備えよう!防災対策特集

防災対策特集

備えあれば憂いなし!

今年の9月1日は防災の日になります。

総合通販PREMOAでは、防災の日にあわせ防災グッズの特集をご用意いたしました。

防災の日は、災害についての認識を深めること、地震、台風、豪雨など「もしも」の時のために準備をする日。
すでに食料や飲料水の備蓄など準備を済ませ、家具などに関しては転倒防止用品で対策、家族での安否確認方法といった、災害対策をされているかと思いますが、いざその時にならなければ分からないことなどあるでしょう。

もしもの災害対策の前の注意点、いざ災害に遭遇してしまった際の対応策など、防災の日にあわせ、家族、同僚、友人、恋人などと、災害発生時の共通連絡先、共通待ち合わせ場所などを、ぜひ決めておきましょう!

防災対策特集はこちら

防災グッズはいろいろ

これだけは押さえておく防災グッズの点検チェックリストをご紹介!

1防災グッズを点検しましょう!

■これだけは絶対必要なもの

・飲料水

飲料水は、1日1人あたり3リットル×3日分が必要といわれています。ちょっと量が多いかと感じるかもしれませんができるだけ確保しておくことをお勧めいたします。
とりあえず、防災バッグには2リットルボトル1~2本を入れておき、非常備蓄品として保管場所に人数分を用意できるといいです。

・非常食

缶詰やレトルト食品、乾パン・ビスケットなどを3日分用意する。

・携帯ラジオ

正確な情報を入手し、うわさやデマに惑わされないようにする。
電池など必要なものでもよいですが、手回し駆動のものだと電池が不要なので良いです。

■枕元においておくもの

・はきもの

ガラスの破片などで歩けなくなるのを防止するため、運動靴、スリッパなどを近くにおく。

・懐中電灯

電気のライフラインが遮断された時、夜に頼りになる。

・ホイッスル

万一逃げられなくなった時に、居場所を知らせる。

・ロープ、バケツ、etc

その他スコップ、バールなど。万が一の状況に備えて常備しておくと良いです。

2非常持ち出し品

■寝室から玄関までの間においておきましょう!

・ビスケットや乾パンなどの軽い食品

・名前・緊急連絡先・血液型などを書いたメモ

・貴重品 自動車や自転車の鍵も持ち出すと便利☆

・常備薬・医薬品・救急セット

・外傷治療薬、常備薬等 熱冷却シートもあるとよい

・懐中電灯・ラジオなどの予備電池 ※事前に電池の種類を確認することが大事。

・衣類、軍手、下着、タオル、ティッシュペーパー、雤具、防寒具、携帯カイロ、マッチ、ライター

・ゴミ袋、ポリ袋(防寒にも便利 段ボールにゴミ袋をしいたら、即席ポリタンクにもなる。)

・生理用品

・新聞紙 使い道がたくさんある。

3非常備蓄品

・非常持ち出し品以外の食料品

・飲料水、缶詰、スープ、味噌汁、レトルト食品など重いもの。のど飴やチョコレートなどもあるとさらに○。塩こしょうやしょうゆなどの調味料も。

・トイレットペーパー

・ウエットティッシュ

・毛布、寝袋、まくらもあると○

・石鹸、歯磨きセット

以上、ざっと書いてあるだけでも結構な荷物になります。
ひとりの荷物に何を入れておくかなど今一度防災対策アイテムの見直しを行ってみましょう!

防災対策特集はこちら

関連するキーワード

関連記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする