辛い花粉症シーズンを乗り切るために使いたい家電をご紹介!

花粉症にお悩みではないですか?

花粉症にお悩みではないですか?

今年の花粉は昨年に比べるととても酷いと言われています。
筆者も花粉症に悩める一人でこの時期段々とスギ花粉が収束してきたかと思いきや、ヒノキ花粉も多く飛散しておりいままでヒノキ花粉の症状はなかったという人でももしかしてヒノキ花粉の影響もあるのかもと思った人もいるのではないでしょうか?

まだまだ続く花粉の辛いシーズン。
どうにかして乗り越えて行きたいですよね。
花粉症になっている人もなっていない人も予防対策が欠かせません。

しっかりと対策を行えば花粉症の被害も最小限に済むかもしれません。
ではそんな花粉に悩める人たちにお送りしたい花粉対策家電をご紹介していきます!

おすすめ①パナソニック、「MC-DF500G」

おすすめ①パナソニック、「MC-DF500G」

布団クリーナーで、布団を綺麗にすることで花粉対策をするように出来ます。
寝ている時間というのは人の生活の中でかなりの時間になりますから、ここで花粉症にかかる可能性はかなりあると考えてもいいでしょう。

この布団クリーナーは布団についた花粉をしっかりと吸い取ってくれる上に、ゴミが少なくなって綺麗になるとランプでお知らせしてくれる機能までついています。
どこまでやればいいのかと困っている人も多いかもしれませんが、これがあると安心して眠る事が出来るという点でも魅力的です。

紙パック式になっていて、サイクロン式の時のゴミ捨て時の舞い散りがないというのもこの商品のおすすめのポイントです。
ハイパワーのモーターを備えており「スムースパワーノズル」と、本体後側の先端を鋭角にしたローラー付き「スムースエッジ」形状の採用によって、往復走行時の軽い操作性を実現していて吸引力の割に軽く布団の上を走られせる事が出来ます。

薄いシーツの上でも、布団を押さえて均一に滑らかに吸い込むようになっており、6個の「スムースプレス」がふとんを軽く叩きながら吸いつきを抑えつつ、本体を動かしやすくする「スムース回転ローラー」工夫をしているなど、ふとんの特性を考えた機能も搭載しているところが凄いところ。

ハウスダスト発見センサー搭載などの事もあって、ハウスダスト発見センサーを搭載しなかった場合と比べて、ゴミの除去量が約1.5倍も向上したという。
実際に使ってみるとわかりますが、何よりこのランプが変わるということが凄い安心につながるという効果が凄いです。

綺麗になったという事が見た目で分かるので満足感を感じることが出来るというのが大きなポイントです。
花粉対策だけではなくゴミやダニなどのアレルゲンも吸引してくれるので、アレルギー対策としても期待出来ます。

おすすめ②パナソニック、スチーム吸引器「EW6400P」

おすすめ②パナソニック、スチーム吸引器「EW6400P」

花粉対策はいろいろと考えられますが、むずむずしてしまったらもうこれしかありません。
スチーム吸引器で喉や鼻を湿らしていきましょう。これでかなりの対策をすることが出来るようになるはず。
この吸引機はのどや鼻のお悩みに合わせてえらべる3つのスチームモードがあり、症状に合わせて使い分けることが出来る高性能の吸引機です。

良く耳鼻科に行く人であれば分かると思いますが、花粉症で耳鼻科に行くとまずするのがこの吸引だったりします。
それほどにこの対策は重要かつ大切な物だと言っても良いのかもしれません。
のどや鼻が乾燥してしまうと、それだけで花粉などが飛び交いやすいという状況を作ってしまう事になるので、それで花粉症の症状が出てくるという事にもなるわけです。

のどイガイガモードではのどを潤してイガイガ感を緩和してくれますし、はなムズムズモードでは鼻のむずむず感を鼻のうがいで緩和してくれます。
はなづまりモードでは鼻の奥まで届く微細なスチームを発生させて鼻水を吸入することも出来るようになっていて、鼻水を吐き出す力の弱いお子さんでも使用できるようになっています。

これがおすすめのポイントで、お子さんは花粉症になっても鼻水を外に吐き出す力がなかったり、鼻をかむコツが分からなかったりして、それを吸い込んでしまうしか方法がないようなケースもあります。
ですが、この吸引機があればそうした事に対処することが出来るというわけです。

喉にしても鼻にしても洗浄した後はすっきりとした感覚になりますから、花粉症の症状が出たときや、出そうなとき、毎日の予防として使うことが出来ます。

鼻や喉は湿らせておくことで、ウィルスや花粉などの侵入を防ぐことが出来るようになるわけですが、これが冬場などで大気が乾燥してしまうと、なかなかその機能を発揮することが出来なくなってしまいます。
そうした時にはこうした吸引機のようなものを使用して、花粉対策をしたり、予防をしたりすることには大きな効果が期待出来るはずです。

病院や耳鼻科などでもまずこれからするということを考えても吸引は花粉対策として有効に働くと考えられます。
何しろ直接的に花粉を洗い流してしまうという事ですから、これは効果が大きなものがあると考えられます。

おすすめ③iRobot、ブラーバ380j B380065

おすすめ③iRobot、ブラーバ380j B380065

ボタンを押すだけの簡単操作で、部屋中を拭き掃除してくれる「床拭きロボット」です。
このロボットの特徴は水拭きが出来ることです。これが出来ることで部屋に散らかった花粉を残らず拭き取る事が出来るようになるので、花粉対策としてはかなり期待出来ることになります。

普通のお掃除ロボットは吸引力が弱いので、花粉の取り残しが気になるところがありますが、このロボットは水拭きが可能なので取り残しが極めて少なくなるという事がメリットです。
花粉対策としてはこの上なしといってもいいかもしれません。

花粉は人が歩けば舞い散るものだと考える必要があります。
ですから、常にお掃除をすることが望ましいわけですが、普通の主導の掃除機ではなかなか毎日するということは難しいでしょう。

それだけの時間も必要になるので時間と手間の両方がかかってしまい、そのような事が出来る人はほとんどいません。
ですが自動お掃除ロボットであれば、いつでも定期的にお掃除をしてくれることが出来ます。気になるのであれば常にお掃除をしてもらうという事すら出来るわけです。

外出中でも勝手に掃除をして花粉を取ってくれるわけですから、これほどありがたいものはありません。
ウェットモードとドライモードの二つがあり、このウェットモードが水拭きにあたるというイメージです。
場所によって使い分けるのもいいでしょう、使い勝手の良さがあるというのもこのロボットの魅力の一つです。

自動ですから当然ですが、部屋の形状や家具の配置などを把握して、部屋全体をすみからすみまで清掃してくれるので埃や花粉がたまるところがなくなるという事もポイントです。

ただし、その為にはこのロボットが動けるようにモノを床に置かないようにするというような配慮も必要になりますが、そうしたことをすれば、このお掃除ロボットはいい仕事をしてくれる事でしょう。

まとめ

おすすめ③iRobot、ブラーバ380j B380065

花粉対策としておすすめの家電を三つほど紹介をしましたが、花粉対策家電は他にもいろいろとありますし、常に新しい商品も出てきているので、気になるものがあればネットで仕様をチェックしてみるといいでしょう。

花粉対策の基本は予防にあるといってもいいでしょうから、まずは予防できることが大切で、次に症状が出てきてしまったらというように考えると対策の優先順位も考えられていいかもしれません。
対策をするのとしないのとでは花粉症を持っている人に取ってはかなり違うと考えられますし、花粉症はいつなるかも分かっていない病気でもありますから、気になる方は常に先手をうって予防するという考え方でもいいかもしれません。

基本的に花粉症対策は清潔にするということが基本となりますから、花粉症対策をすればそれがそのまま部屋を綺麗にすることにつながったりします。
快適に生活をすることが出来るようになるための努力なのでこれは出来るだけするようにした方がいいでしょう。

そのほうがより生活を楽しく快適にしていくことが出来るようになります。
花粉症はなった人なら分かると思いますが、とても辛く苦しいので、この症状が出ないようにするにこしたことはありません。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す