生ごみに発生するニオイと害虫の原因と対処方法

生ごみのニオイの発生原因は?

生ごみのニオイの発生原因は?

生ごみを放置しておくと嫌なニオイが発生します。
捨てる前はそれほど臭わなかったはずなのに、しばらくすると堪え難いニオイがし始めます。

あのニオイは、どこから出てくるのでしょうか。
それは微生物の繁殖によるものです。

食べ物が腐食するとニオイがきつくなります。
それは微生物が食物を分解する際に有害な物質を生み出すと同時に悪臭を放つ物質を発生させるからです。

好気性と嫌気性に分かれる微生物

微生物に大きく分けて好気性と嫌気性の2種類があります。
好気性は酸素のあるところで繁殖する微生物で農作物に使われる堆肥などに多く繁殖しています。

嫌気性は酸素を嫌う性質を持つタイプです。
乳酸菌などの大腸にいる細菌もこの中に含まれますが、生ごみの臭いの原因は絶対的嫌気性と言われる完全に酸素がない状態で繁殖するタイプです。

特に水分を含んだ生ごみの中では活発に繁殖し増殖します。
メタンや硫黄などを発生させるものあり、悪臭を放つ原因となります。

繁殖力が強く、量が増えることで急速に腐敗を進ませるため、ニオイを発生しやすい状態です。
微生物が生ごみを分解するたびにニオイが発生するので、繁殖することでその量は多くなります。

捨て方でニオイも大きく変わってくる?

捨て方でニオイも大きく変わってくる?

生ごみの場合、捨て方によって特に繁殖しやすい環境が整っている状態です。
家庭でのごみの処理は、ニオイを抑えるためにプラスチックなどの容器に密閉して保管することが多く見られます。

そのような環境は酸素が少なく、温度が高めに維持されため嫌気性微生物に適した状態です。
このようにして増殖した微生物が原因となり、どんどんニオイがきつくなっていきます。

ニオイからわいてくる害虫たちの駆除方法

ニオイからわいてくる害虫たちの駆除方法

生ごみが腐敗するとニオイとともに発生するのが害虫です。とくに多いのがウジやコバエになるかと思います。
ウジはコバエの幼虫で、同じ種類の害虫です。これらの害虫はそのまま放置しておくとどんどん増えてしまいます。

早いうちに駆除して繁殖を防ぐ必要があります。
一番簡単な方法は、元となる生ごみを捨ててしまうことです。

でも、収集日が決まっている生活では、簡単ではありません。
そこで安全で効果があるのが酢酸を吹きかける方法です。

家庭であればお酢を使うと良いでしょう。お酢と同量の水を混ぜて、スプレーなどで生ごみに吹きかけます。
それだけで害虫を駆除することができます。ただし、お酢のニオイが残るのを覚悟しなければいけません。

また、時間はかかりますが、塩をかけることで水分を奪って駆除する方法もあります。
お酢のようにニオイが発生しないのでおすすめですが、駆除できるまでにある程度時間がかかります。

コバエには殺虫剤は効果がない?

コバエには殺虫剤は効果がない?

また、飛び回るコバエにはほとんど効果がありません。
最も効果が高いのは殺虫剤の使用ですが、通常のスプレータイプの殺虫剤では効果が期待できないことがあります。

ウジには専用の殺虫剤が必要です。スティックタイプで巻くだけのものや水と希釈してスプレーするものなどがあります。
コバエにはジェット式の殺虫剤で効果は十分です。

また、コバエを特殊なニオイでおびき出して集めて捕獲してしまうタイプもあります。
ただし、生ごみとどちらが集める効果があるかは定かではありません。

そのほか紫外線の働きでおびき出して捕獲するような捕虫器も効果が期待できます。
なにしろ放置している時間が長ければ長いほど繁殖し続けます。 見つけたらすぐに駆除するようにしましょう。

害虫たちを発生させないためには?

害虫たちを発生させないためには?

害虫が発生する原因は、生ごみなどの水分を含んだものです。
ウジなどの幼虫の栄養分となるため、好んで卵を産み付けます、繁殖能力の高い生物で、すぐに孵化して増殖します。

このような害虫を繁殖させないためには水分を十分に含んだ生ごみに接触させないことです。
つまり、気軽に捨てている生ごみが原因になると言うことです。

捨てるときにしっかりとビニールにくるむことで繁殖を防ぐことができます。
ビニールを使うことに躊躇するときには、牛乳パックがおすすめです。

紙の素材ですが開口部を折りたたんでしっかりと密閉した状態にすれば害虫が繁殖することがありません。
ニオイが発生することもないので一石二鳥です。

ただし、水分量は変わらないのでごみの重さは重いままです。

その他の方法

そのほかの方法としては、しっかりと乾燥させてから捨てることです。
害虫が好むのは水分があるごみです。

そのため、しっかりと乾燥させたごみには繁殖することはありません。
捨てる前に完全に水を切り、しばらく置いておくことで中の水分を蒸発させて乾燥した状態にします。

この方法であればごみの量も減らすことができるので捨てるのが簡単になります。
確実に乾燥するためにはかなりの時間が必要になるため、理屈はわかりますが実際にやるとなるととても大変です。

そこで使いたいのが生ごみ処理機です。生ごみを入れておくことで、水分を飛ばして乾燥させてくれます。
乾燥した後は有機肥料として使うことができるものもあります。

種類はいろいろありますが、小型で処理能力が高いものがおすすめです。
攪拌するだけのものもありますが、処理中にニオイが発生したり、処理が遅いために害虫が繁殖してしまうものもあります。

できる限り短時間で処理できる方が使いやすいでしょう。

PANASONIC MS-N53-Sおすすめ理由

生ごみから嫌なニオイを発生させないためには、乾燥させることが重要です。
それもできる限り短時間に処理できることが求められます。

3人家族が普段の生活の中で生み出す1日分の生ごみの量は、平均で約400グラムです。
PANASONIC MS-N53-Sは、それを約100分で乾燥させて7分の1までに減らしてくれます。

その秘訣は130度の温風です。
攪拌しながら高温の風を当てることで短時間で乾燥させることができます。

同時に除菌もするので処理中でもニオイが気になりません。
また、処理中のニオイを本体後方にあるプラチナパラジウム触媒で科学的に分解して脱臭します。

処理中は、まだ微生物が繁殖しやすい状態です。
処理中なのでどうしようもできませんが、PANASONIC MS-N53-Sなら、その間もしっかりと除菌と脱臭を行うことでニオイを抑えます。

ソフト乾燥モードを使って処理をすると、少し時間がかかりますが、処理後に有機肥料として利用することが可能です。
窒素、リン酸、カリウムを豊富に含んだ肥料は家庭菜園などに利用できるのでごみをさらに減らすことができます。

まとめ

まとめ

いろいろな機能が備わった生ごみ処理機ですが、とてもコンパクトにまとまっていてごみ箱と同じぐらいの大きさです。
キッチンにあっても邪魔にならないため、シンクのすぐ近くに置いてすぐに生ごみを捨てることができます。

処理している最中でも追加投入が可能なので、捨てるタイミングを選びません。
指一本で蓋を開けて、そのまま捨てるだけです。乾燥後もしっかりと除菌されているので数日保管して置いてもニオイの心配はありません。

ごみ出しのタイミングも自由に調整することができます。
100分の処理にかかる費用は、およそ20円なので毎日使っても経済的に負担になりません。

ごみ出しの回数を減らすことができし、キッチンで嫌なニオイに悩まされたり、雑菌の繁殖のリスクを低減することができます。
コンパクトで手軽に使えるのに機能が充実しているPANASONIC MS-N53-Sはオススメの生ごみ処理機です。

PANASONIC MS-N53-S 生ごみ処理機はこちら>

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする