自分にピッタリ合うコーヒーメーカーはどれ?種類について調べよう!

コーヒーメーカーの種類が多くて、悩んでいませんか?

main

自分にピッタリなコーヒーマシンを探すのはなかなか難しいです。人によって好きな味が違いますし、種類も多様で、種類によって価格、抽出した味、使いやすさも様々です。また、初心者とベテランでは好きなタイプのコーヒーマシンが違います。もとより、ベテランは自分の好きなタイプのコーヒーマシンが分かるはずですが、よく分からないコーヒー初心者の方の為に、自分にどんなコーヒーマシンがあるか調べてみましょう!

自分にはどんなコーヒーメーカーが合う?

自分に合うコーヒー探し

家庭で楽しむコーヒーにはどんな種類がある?

コーヒーほど抽出する方式によって出る味が違う食品は珍しいです。同じ人が同じコーヒー豆を利用して抽出しても全く違う味を出してくれるのもコーヒーの魅力の一つです。 最近、ホームカフェが人気ですが、家庭でコーヒーを作る方法はカフェと比べて特に違うことはありません。生豆をローストして、コーヒー豆を粉砕する過程は同様で、以降どのような方法でコーヒーを抽出するかによって方式が分かれています。多くの家庭では濾過式と加圧式が主に利用されています。

濾過式

濾過式でコーヒーを出す

一番多くの家庭で利用されている方法でドリップコーヒーと呼ばれることもあります。粉砕されたコーヒー豆を漏斗形の濾過紙に入れてお湯を注ぎ、コーヒーを抽出します。濾過式は家で簡単にコーヒーを楽しむことができる方法ですが、お湯の入れる方法によって味が変わります。

コーヒーメーカー

コーヒーメーカー

濾過式の中で代表的なものにコーヒーメーカーがあります。粉砕されたコーヒー豆をフィルターに入れてこの上に加熱したお湯を注ぐドリップ方式で抽出します。作動方法と管理が簡単で抽出時間も短いので初級者でもおいしいコーヒーを抽出することができます。また、おとなしくて、さっぱりした味が特徴でコーヒーの苦い味が苦手な方におススメです。しかし、エスプレッソの抽出ができないので、カフェラッテやカプチーノなど多様なコーヒーメニュは作ることができません。

加圧式

加圧式でコーヒーを出す

普通はエスプレッソは加圧方式で抽出されます。ボイラーの圧力とモーターを利用して高温、高圧で速く抽出できます。90~95℃の熱いお湯がポンプによって9±1気圧でコーヒーを抽出します。エスプレッソは水によく溶けにくい脂溶性成分も抽出されて、濃くて複雑な味が出ます。

半自動エスプレッソマシン

半自動エスプレッソマシン

コーヒー専門店で使うものと同じ方式です。コーヒー豆をグラインダーで挽いたあと、ポルタフィルターに入れてタンピングし、マシンにセットしてボタンを押すとコーヒーが出てきます。半自動エスプレッソマシンとは言っても、ほとんどの過程で人の手が必要です。そのため同じマシンでコーヒーを抽出しても、タンピングなどの過程によって全然気が鵜味になる可能性もありますが、グラインダーと抽出マシンが分かれているのでコーヒー豆に熱が加わることがなく、味の変化が少ないです。
掃除や使い方など少し難しいですが、習得すれば家でもバリスタレベルの美味しいコーヒーを楽しむことができます。

 

マキネッタ

マキネッタ

マキネッタはカニつしてお湯が沸いた時の水蒸気の圧力(大気圧2~3気圧)によりコーヒーが出ます。水を加熱して発生する水蒸気の圧力を利用した抽出方式のためエスプレッソと似た味ですが、水蒸気がオイル性分を持ってくるので少し濃い味がでます。

  
 

カプセルマシン

カプセルマシン

2000年代後半から家庭用のエスプレッソマシンの市場で流行した製品です。カプセルには粉砕されているコーヒー豆が入っていてカプセルをマシンに入れて、水を入れた後ボタンだけ押したらコーヒーが抽出されます。専門的な技術が無くても簡単にコーヒーの専門店レベルの美味しいコーヒーを家で楽しむことができます。
でも、カプセル一つ当たりのねだんが少し高く、マシンによって使えるカプセルが決められていて全自動、半自動マシンよりコーヒー豆を選ぶことはできません。

  

全自動マシン

全自動マシン

コーヒー豆の粉砕→タンピング→ポルタフィルターの過程が無くてもマシンにコーヒー豆と水だけ入れてボタンを押すとエスプレッソがすぐに抽出できる製品です。そのため専門的な技術が無くても安定した味のコーヒーを抽出することができます。製品によってミルクも入れることができるモノもあって暖かいフォームミルク泡を簡単に作れたり、メニューボタンを押すと多様なメニューが自動に作れたりします。
半自動と同じように好きなコーヒー豆を選択できるて、飲むときにすぐコーヒー豆を挽いて抽出するため、コーヒー豆の味と香りが優秀です。そのかわりに、全自動のため半自動に比べて故障しやすく、誤動作する可能性もあります。また、半自動マシンと比べて価格も高いです。

  

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする