エアコンが苦手な冷房弱者にならないための対策と夏を乗り切る方法

エアコンが苦手な冷房弱者とは?

エアコンが苦手な冷房弱者とは?

冷房弱者とは冷房に弱くて冷房が苦手という人のことをいいます。
冷房弱者は 冷房を使っているという環境で、冷房の寒さで体調が悪くなってしまう人のことを言います。

例えば、頭痛になったり下痢になったりというように、冷房の冷たい空気に弱い人のことを言います。
冷房に苦手意識をもつ人は冷房によって体が冷やされ、そのことで様々な不調が起こります。

頭痛や下痢の他、倦怠感や自律神経系などの不調なども起こることがあります。

しかし、冷房弱者は、寒すぎると他人の人になかなか言えないところがあって、我慢してしまうため、弱者という表現が使われているということなのです。

体感温度は人それぞれ違うことを理解しよう。

体感温度は人それぞれ違うことを理解しよう。

同じ冷房環境にいる人でも、人によって体感温度は人それぞれといわれます。
その人がそれほど辛い思いをしているということには周りは気づかれずにいるということがあり、その人にとっては困った状況になってしまっています。

暑い夏の冷房は他の人には涼しくて快適であるため、自ら言わない限りはエアコンで困っていると周りの人にも理解してもらうことができません。
このような冷房弱者は男性よりも女性に多い傾向があるといわれています。

男性は筋肉の量が女性に比べると多いということが理由の一つといわれ、基礎代謝が高くなりがちな男性は、筋肉量が少ない女性に比べると冷えに強いといわれています。
そのため、女性よりエアコンの寒さにも強いのです。

つまり、男性にとって快適な温度は、女性にとっては寒いと思ってしまう温度であるということもあり、不調につながっているといえます。

場所によって違う空気の温度

空気には温度によって重さに違いがあるといわれています。
温度が高い空気は上に、低い空気は下になるという性質があり、空気に温度差が生じます。
そのため、冷房がしっかり効いている部屋にいると足元から冷えるということになって、体が冷たくなりやすくなります。

部屋の空気の中に温度差があると、体内の温度調節機能も混乱してしまう場合があるのです。
そのことで、自律神経なども不調になり、眩暈や立ちくらみなどの様々な不調が生じることになってしまいます。

つまり、冷房弱者にとって真夏のエアコンは不調の原因になってしまうのです。
冷房弱者が安心して過ごせるようにお互いが理解して行くことはとても大切だといえます。

冷房弱者にならない為の対策とひと夏を乗り切る方法

冷房弱者にならない為の対策とひと夏を乗り切る方法

冷房弱者にとって辛い、エアコンがかなり効いた部屋ですが、会社などではエアコン設定を低くする人にエアコンの温度を上げてとはなかなか言えないのです。
どうしたら冷房弱者にならずひと夏を乗り切ることができるでしょうか。

28℃という設定温度がありますが、エアコンを28℃に設定するとエコに使えるといわれています。
しかし、実際にエアコンを28℃にしているのは約3割といわれ、なかなか全員がそれを守ってるというわけではないのです。

そのため、涼しくなっている部屋の温度設定を変えるのはそう簡単ではないかもしれませんし、変えたとしても元に戻る場合も多いといえます。

そこで温度設定を変えずに空気の上側と下側の温度差を解決する方法について考えてみると、空気の循環という点に注目できます。
2層になっている空気を循環させることで、エアコンの温度を変えずに空気の上側にある暖かい空気と下側にたまった冷たい空気の温度差を少なくしていって、空気の上側はより涼しく、下側はより暖かくすることができます。
冷房時の足元の冷たい空気を上に送ることができ、上側の空気を下のほうに送ることができるので、同じ温度設定でもより涼しくて快適に思えるようになるのです。

そのため、エアコンの設定温度を必要以上下げたりすることがないのでエアコン弱者にとってはより快適に過ごせることができるようになります。 また、無駄な電気代を使わずにすむという点もメリットです。

冷房弱者にはサーキュレーターがおすすめ

冷房弱者にはサーキュレーターがおすすめ

エアコンを使用していると暖かい風は上のほうにたまり、冷たい風は足元にたまるという現象が起こります。
冷房時冷たい風は下のほうにたまるため、空気を循環させることによって涼しさのムラをなくします。
そのことによって体感温度下げて快適に過ごすことができます。

このように、空気を循環させるのにおすすめの道具がサーキュレーターです。
サーキュレーターは空気を循環させることを目的とする装置で、直線的な風を起こすことで室内の空気を循環させることができます。

部屋の上部の空気を吸い込んで床に送り、床の空気を上側に流すという空気の流れを作ってくれます。
エアコンを利用している時、エアコンから出た冷たい風はゆっくりと下のほうに降ります。
そして足元にたまっていきます。

そのため、サーキュレーターを天井に向けて動かし、空気を循環させることで辛い冷房の不調も解決しやすくなるといえます。
そのため、サーキュレーターは冷房弱者にはおすすめです。

siroca SCS-401おすすめ理由

現在、様々なサーキュレーターが販売されています。
その中でも冷房弱者におすすめなのが、siroca (シロカ) SCS-401 ホワイトです。

このサーキュレーターは逆回転モードで、直接体に風があたらない微風で、まるで木陰にいるようなここちよさを実現してくれます。
逆回転モードという、風を吸い込んで吐き出すという形の送風形態をしている新しいタイプのDC扇風機です。

siroca (シロカ) SCS-401 ホワイトは直接風に当たらず、床にあてた風が優しくからだに届くようになっています。
同時に扇風機としても利用でき、適度な風で心地よく過ごせます。
このサーキュレーター扇風機は広く遠くが実現されており、間接微風で冷房弱siroca (シロカ) SCS-401 ホワイトは、室内温度の不均一さを解消してくれるだけでなく、他にも様々なメリットがあります。

会社でも家庭でも利用でき、部屋の空気を循環させて冷暖房効率を高くしてくれます。
例えば、siroca (シロカ) SCS-401 ホワイトは遠くまで直線的な風を送ることができるため、エアコンの風と組み合わせて利用することで、冷房効果を高めることができます。

siroca SCS-401おすすめ理由2

冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にたまります。
エアコンの風向きを水平に保ち、サーキュレーター扇風機で空気を混ぜることで、部屋全体の温度を快適な状態に調整できます。

また、家庭で使用するという場合、快適な温度を調節してくれるだけでなく、洗濯物を素早く乾かすのにも利用できます。
この製品を利用すると洗濯物が自然乾燥の約2.5倍というスピード乾燥ができるので、室内星の場合も効率的に乾かせます。
洋服などを外で乾かすのと違って、デリケートな洗濯物は外に干さず室内干しをしているという人も多くいます。

しかし、室内の場合にはなかなか乾かないという悩みもあります。このサーキュレーター扇風機を使えば室内干しの時間が短縮できます。

扇風機は広く近くに風を送りますが、サーキュレーターは狭く遠くに風を送るという役割があります。
このサーキュレーター扇風機は広く遠くが実現されている新しいタイプの送風機で、室内の空気を効率的に循環させることができるので、エアコンが苦手な冷房弱者の味方になってくれます。

siroca (シロカ) SCS-401 ホワイトはこちら>

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする