ハイパワー除湿器で湿度をコントロール&お部屋を快適に!【三菱 MJ-P180NX-W】

湿度コントロールでお部屋を快適にする三菱 MJ-P180NX-W

人が快適に暮らせる湿度って何%?

人が快適に暮らせる湿度って何%?

日本のような温暖湿潤気候には四季があり、時期によって暑くなったり寒くなったりします。
そのため空気の湿り具合も変わってきて、空気が湿りがちのときと乾燥しがちのときがあります。
湿度は季節によって変わり、室内環境の快適度にも影響を与えます。
では人にとって快適な湿度とはどれくらいなのでしょうか?
この点については室内で快適な湿度は40%~60%くらいといわれています。
湿度が40%を下まわるようになると空気は乾燥した状態になり、60%を超えると今度はじめじめとした過ごしにくさが生じます。
そのため、人が快適に暮らせる湿度には40%から60%の間だといわれているのです。

湿度が高すぎても低すぎても環境はよくない?

湿度が高すぎても低すぎても環境はよくない?

基本的には湿度が高すぎても低すぎても環境的にはよくないといわれています。
湿度が高すぎると体温調節の機能が上手くいかなくなりますし、低すぎると喉や肌によくない環境になってしまうのです。
人間の体は汗で体温を調節しており、体温が高くなると、汗が蒸発する時に発生する気化熱の原理を利用して、汗を出すことで体温を下げようとします。
しかしこの時、部屋の湿度が高すぎると体から汗が蒸発しにくくなってしまい、その結果熱がこもってしまい体温が上がります。
そうして体力がどんどん消耗されて疲れてくるという状況になります。
体内に熱がこもって体温上昇がつづけば、 水分や塩分が不足しだして体の機能に障害が出るということもあり、湿度の高い日は、例え気温が23度くらいであっても熱中症になる人が多いというのはこのような理由からなのです。
意識に障害がでてくる場合や、消化酵素の働きの低下で食欲不振になったり、体の不調が現れやすくなってしまうこともあります。
さらに、その環境が湿度の高い状況になるとカビなどが発生しやすくなるということも挙げられます。
人間の体は就寝中も体温調節を行なっており、一晩でコップ1杯分くらいの汗をかいているといわれます。
その汗は布団に吸収され、布団の上の方には3割、反対側には7割が湿気となってたまるといわれているのです。
布団の湿度が高くなるとカビが発生・繁殖しやすくなり、湿度が50%をこえると繁殖をしはじめ、60%を超えると急激に増殖します。
気管支炎や喘息、鼻炎などのアレルギーはカビが原因になっている場合もあるといわれています。
さらに、カビが原因の感染症や中毒症状などが引き起こされる場合もあり、慢性疾患の症状が現れる場合などもあるのです。
そのため、湿度が高すぎる環境によくないため、湿度を下げて快適な環境に保つことが重要です。

湿度が高すぎても低すぎても環境はよくない?
今度は逆に、湿度が低すぎるとどうなるのでしょうか。
湿度は低すぎてもあまりよくない環境で、湿度が低すぎると目や肌、のどなどの乾燥につながりますし、インフルエンザウイルスなどの感染症などにも気を付けていくことが必要となってきます。
空気が乾燥すると眼が乾燥して充血しやすくなったり、しょぼしょぼしやすくなったりしますし、肌も乾燥してカサつきやすくなってしまいます。
乾燥した肌はバリア機能が弱くなり、バリア機能が弱ったところからアレルゲンなども侵入しやすくなりますので、アレルギーが起こって皮膚が荒れたり、痒くなったりします。
また、空気の乾燥はのどにも影響を与えます。
のどは風邪の原因菌やインフルエンザなどが身体に侵入するのを防いでいますが、この部分は乾燥に弱いのです。
そのため、乾燥するとインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。
湿度は高すぎても低すぎても体にはよくないのです。

湿度をコントロールするには夏は除湿機、冬は加湿器

湿度をコントロールするには夏は除湿機、冬は加湿器

湿度は高くても低くても環境的なデメリットにつながるので、室内の湿度をコントロールすることは私たちの健康の面からもとても大切なことです。
日本の四季によって空気の状態は異なり、湿度も当然異なっているので、季節によって湿度をコントロールする必要があるのです。
夏は湿度が高くなりやすく空気も湿った状態で、冬は湿度が低くなって乾燥しやすくなります。
そのため夏は除湿を、冬は加湿を行うことが快適に過ごす上で重要なポイントになります。
そのような季節による湿度の変化は気温の変化といっしょに起こっています。
そのため、温度と湿度の両方を管理することで室内環境の快適度を高めていくということが大切なのです。
そんな時におすすめなのが三菱 MJ-P180NX-Wです。
三菱 MJ-P180NX-Wはコンプレッサー式の除湿器、住まいの湿度コントロールにおすすめの除湿器です。
この装置を活用すると、高湿度の夏にしっかりと除湿をしてくれるだけでなく、乾燥しがちな冬も冬モードでお部屋を快適な状態にすることができます。

三菱 MJ-P180NX-W おすすめの理由

三菱 MJ-P180NX-W おすすめ理由

三菱 MJ-P180NX-Wは、大容量ハイパワー除湿によって広い部屋や大量の衣類もスピーディーに乾燥させて除湿してくれるというハイパワー除湿器です。
8畳の部屋を約19分という速さで素早く快適な状態にしてくれて、安定した品質でとても使いやすく、タンクに溜まった水を見てびっくりという人も多い除湿機です。
三菱 MJ-P180NX-Wは銀イオン抗アレルフィルターやプラチナ抗菌フィルターが採用されていて、抗菌仕上げでふとんやカーペットや床面の湿気もしっかりと除湿してくれます。
この機器には下吹ルーバーも使用されており、効果的に床面を除湿してくれます。

三菱 MJ-P180NX-W おすすめ理由
また、乾燥しがちな冬場にも強く、除湿量が減りやすくなる冬場の低気温下で、低温時の除湿量をアップさせてくれます。
冬モードと低アシストを組み合わせることで、強運転時よりもパワフルな運転によって熱交換器の自動霜取りなども行い、空温1℃からでも除湿が可能になっているのです。

三菱 MJ-P180NX-W おすすめ理由
さらに、この装置には浴室の見守り機能がついていて、気になる浴室のカビの予防などもできます。
浴室のカビガード機能で浴室内の床や壁などの結露を乾燥させてくれるのです。
そのため、高温多湿時にお風呂を使った後のカビの発生も防ぎやすくなります。

三菱 MJ-P180NX-W おすすめ理由
三菱 MJ-P180NX-W おすすめ理由
三菱 MJ-P180NX-Wは設置も簡単で、市販のホースを繋げば水捨て不要で連続除湿が可能です。
夜干しモードも搭載されており、不使用時は連続排水キャップで排水穴の閉め忘れもなく安心して使えます。
こんなに水がたっぷりたまっているのには驚いたという人もいるほどで、湿度設定ができて便利に使えるという声などもあります。
また、安定した品質でとても使いやすく、他の会社の製品と比較すると静かという声などもあります。
部屋の湿度が高すぎたりすると私たちの体には様々な不調が生じてしまいます。
熱中症や体力が体力低下、体の機能に障害が出るということにもなってしまうのです。
そのため、湿度コントロールは快適な環境づくりにおいて不可欠といえます。
この装置は湿度の高い夏の時期も、乾燥しがちな冬の時期も湿度コントロール機能を発揮し、様々なシーンで私たちが快適に過ごせるようにサポートしてくれるというメリットをもっています。

MITSUBISHI 衣類乾燥除湿機 MJ-P180NX-Wはこちら >>

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする