ハンガーにかけたまま気軽に使える衣類スチーマーおすすめ

衣類スチーマー人気の秘訣とは

衣類スチーマー人気の秘訣とは

衣類スチーマーの人気の秘密は、洋服をハンガーにかけたままアイロンがけが出来るという手軽さです。

高温の蒸気が洋服に当てられるため、除菌効果や消臭効果もあります。
コートやスーツの上着などは、なかなか何度も頻繁にクリーニングに出すことが難しいのですが、衣類スチーマーなら、タバコや焼き肉の匂いが染みついてしまったものも、熱い蒸気を当てるだけで、簡単に除菌、消臭することが出来ますので、とても便利です。

また衣類スチーマー自体、それほどお高いものではなく、お手頃価格で買うことができるものですので、こうした点も人気がある理由です。

どんな種類があるの?機能面に着目しましょう

どんな種類があるの?機能面に着目しましょう

衣類スチーマーはアイロンとは違い、洋服をハンガーにかけたまま皺を伸ばすことが出来、さらに洋服にしみ込んでしまったタバコなどの匂いを取り除くことが出来る便利なアイテムです。

数千円で購入することが出来るハンディタイプのものが主流なのですが、最近ではクローゼットタイプの全自動スチーマーが発売されており、こちらの場合は10万円台と大変高価ですので、なかなか手が出せないことでしょう。

確かに高価なのですが、クリーニングに洋服を出すと思えば数年間使用すれば十分に元を取ることが出来ます。

クローゼット型のボックスにハンガーにかけた洋服を入れれば、自動的にスチームと振動が当てられるので、服の繊維にしみ込んだ匂いが取れ、さらに皺や埃、花粉などもすべて取り去ることができますので、花粉や埃などのアレルギーを持つ方にはおすすめのアイテムだといえるでしょう。

また除菌効果は、太陽光以上ですので、清潔に洋服を着ることが可能です。
専用のハンガーにズボンをセットし、ボタンを押すと、ズボンの折り目も自動的につけられますので、アイロンがけの手間も省かれるので、時短にもなります。

クローゼット型ボックスは確かに高価な家電ですが、アイロンがけの手間がなくなること、クリーニングに出す必要がないことを考えると、お高い買い物だとはいえず、お買い得だといえるかもしれません。

衣類スチーマーで最も手が出しやすいハンディタイプの物には、スチームとアイロンの両方の機能が使えるタイプのもので、多くの衣類スチーマーがこの二つの機能がついていますので、便利に使いこなせることが出来ます。

初めて使われる方はスチームとアイロン機能がついているものを選びましょう。

スーツをメインに皺伸ばしをしたいという方は、スチーム機能とプレス機能がついたものがおすすめです。
プレス機能がついていればズボンの折り目を綺麗につけることができますので、アイロンがけが苦手な方もうまく使いこなすことが出来ます、とても便利だといえます。

アイロンとの違いは?どんな違いがあるの

アイロンとの違いは?どんな違いがあるの

衣類スチーマーとアイロンとの違いは、アイロン台を使うかどうかによって違いを分けることができるでしょう。 衣類スチーマーの場合は、ハンガーに洋服をかけた状態で、高温のスチームを当てて、洋服の皺を伸ばし、さらに除菌、蒸気で匂いを取ることが可能です。

アイロンの場合は、アイロン台など平らな場所に洋服を置き、その状態で熱いアイロンの底面を当てながら皺を伸ばしていきます。

朝出かける前など、忙しい時にいちいちアイロン台とアイロンを取り出して洋服に当てるのはとても面倒な作業ですし、煩わしいのですが、衣類スチーマーであればハンガーに洋服をかけた状態で皺を伸ばすことが出来るので、とても簡単です。

衣類スチーマーとアイロンとの違いには重量があります。
平均的なアイロンの重さは1キログラムはありますが、衣類スチーマーの場合はそれよりも軽くだいたい700グラムから800グラムぐらいです。

そのためアイロンを持ち上げながらハンガーにかけた洋服の皺を伸ばすのは、かなりの力が必要になるでしょう。 スチーム機能を使用する場合はさらに重量が重くなりますので、アイロンを持ち上げたままハンガーにかかった洋服の皺を伸ばすのはかなり困難だといえます。

その点、衣類スチーマーはとても軽量でコンパクトサイズですので、小回りも効き便利なアイテムです。
衣類スチーマーにはアイロンとは違う機能があります。
それは高温のアイロンを当てると生地が傷んでしまうカシミヤやウール、ニットやファーなどの繊細な生地も衣類スチーマーなら使うことが出来るという点です。

これまでは自宅でアイロンがけを行うことが出来なかった繊細なアイテムjに関しては、クリーニングに出すという方がほとんどではないでしょうか。

しかし衣類スチーマーならお手入れをすることが可能ですので、クリーニング代を浮かせることができます。
蒸気を当てれば、フリルやプリーツなども綺麗に整えることが出来ますのでとても便利です。
衣類スチーマーはアイロンをかけた後の特有の匂いが発生することがありません。

衣類スチーマー自体、脱臭、除菌、花粉対策効果がありますし、何よりも匂いを気にせずに使用することが出来るというメリットが高いです。

選び方のポイントとは。

選び方のポイントとは。

衣類スチーマーは色々なタイプのものや機能性にすぐれたものがありますので、自分の好みに合うものを選ばれるとよいでしょう。

出かける直前など忙しい朝は電源を入れてからすぐに立ち上がることが出来る衣類スチーマーが便利です。
また連続で使用出来る時間もメーカーごとに違いがありますので、衣類スチーマーを選ぶ際はこうしたこともポイントにして選ばれるとよいでしょう。

洋服を1枚だけ衣類スチーマーで皺を伸ばすのであれば、とても時短にできる便利なアイテムなのですが、家族分の洋服の皺を伸ばしたいという方であれば、連続使用時間の長いものか、アイロン機能の方を使って、一気にアイロンがけをされた方が時間の節約にもなります。

衣類スチーマーを選ぶ際には、どのような付加機能がついているかについてもしっかりチェックされるとよいでしょう。
スチームを使うので水垢やカルキがこびりつきやすくなりますが、あらかじめ水垢防止機能やカルキの除去機能がついているものだと、お手入れ入らずで楽に使うことが出来ます。

衣類スチーマーを使用する際は、2m以上のコードがあれば、自由に動かせることが出来ますので、あらかじめコードの長さについても調べておくとよいです。

使う場所がコードから離れた場所にあるとゆとりがなく使いづらい場合もありますので注意しましょう。
またスチーム部分だけ特別な機能がついているものがあります。
広範囲の部分にスチームがほどよく噴射できるタイプのものもありますので、洋服の皺が取れやすくなりますし、除菌、匂い取りの効果もさらに高まります。

元々衣類スチーマーは小型で使い勝手の良いものなのですが、さらにサイズが小さくなったものもあります。
持ち手部分に吸水タンクがあり、タンクに水を入れた状態で、わずか1キログラムの超小型版ですので、片手で持ちながら使用することが出来ますので、とても便利です。

出張先のホテルで使うこともできますので、出張の多い方や単身世代の方にはおすすめでしょう。
水がなくなると自動的に電源が切れるタイプもありますので、空焚きを防止することが出来ますので、安全に使うことが出来ます。

このように衣類スチーマーには色々なものがあり、機能面に着目しながら選ばれるのもよいです。
安全面にも様々な機能がついていると、さらに安心して使用することが出来ます。

おすすめ衣類スチーマー

PREMOAがおすすめする衣類スチーマーを3商品ほどご紹介していきたいと思います。

ティファール アクセススチーマー DR8085J0

ティファール アクセススチーマー

スチームアイロンの一番重要なポイントとはなんといってもスチーム力。
ティファール アクセススチーマーは業界No.1の大量スチームで、あっという間にシワを伸ばします。
アクセススチーマーはパワフルスチームタイプ。
シワの原因となる繊維をスチームの力で奥まで浸透させ頑固なシワもキレイに伸ばすことができます。

また、立ち上がりに時間がかからない為朝の忙しいお出かけの前にも大活躍します。

セーター・ニットなどアイロンを直に当てづらい素材の洋服でもスチームの力で伸ばすことができるのでデリケートな洋服のケアにもばっちりです。

日立 衣類スチーマー CSI-RX1

日立 衣類スチーマー

日立オリジナル機能「クロスラインスチーム」は十字レイアウトの噴出口で中心部からかけ面全体へスチームが効率よく広がっていきます。

スチームが全体に行き渡るので複雑な操作をすることなく簡単に仕上げることができます。
日立の衣類スチーマーはハンガーに掛けたままスチームの力によってシワを伸ばすスチーマー機能とは別にアイロン機能も備わっています。

「ダイヤフォルムベース」というダイヤ型のかけ面を採用したことによって1度で広い範囲を対応することができます。
四つ角によってボタン周りなどの細かい部分もラクラクしわ取りが出来ちゃいます。

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS340

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS340

パナソニックの衣類スチーマーは「パワフルスチーム」で加齢臭・タバコ・飲食臭・汗・防虫剤などの嫌なニオイやダニ・花粉などのアレル物質を除去してくれる効果があります。

パナソニックの衣類スチーマーは2タイプに分かれておりNI-FS340はふんわり仕上げが得意なタイプ。
かけ面が少し丸みを帯びているラウンドアイロン面のため柔らかいシフォン素材やおしゃれ着などのアイロンと相性ピッタリです。
重さも約665gと軽量で男性はもちろんですが特に女性向けの仕様になっているのではないでしょうか。

まとめ

カテゴリとしてはアイロンに区分けされがちの衣類スチーマーですが、実はアイロン以上の力が備わっているということを理解していただけたのではないでしょうか?

それぞれ向き不向きがあると思いますが衣類スチーマーは手軽にサッと仕上げることができることこそ最大のメリットと言っても過言ではないのではないでしょうか?

今回ご紹介した3商品はどれもそれぞれに魅力のあるスチーマーでしたね。
いつも着ている服やよくアイロンがけをする服に合わせて衣類スチーマーのタイプを決めることをおすすめします。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする