ご飯を炊く以外にも色々ある!炊飯器の活用方法

炊飯器で更にふっくら美味しいご飯を炊く方法

炊飯器で更にふっくら美味しいご飯を炊く方法
美味しいご飯を手軽に炊けることが炊飯器の魅力です。
水もお釜に刻まれた線に沿って加えるだけですし、難しい火力調整もすべて機械がやってくれます。

そして、更に美味しくご飯を炊くことも可能です。
それはお米一合に対して、小さじ半分ほどのハチミツを加えて溶かしておくことです。
炊き方は普段と一緒でOKですが、そのことでお米本来の甘さが引き立つようになります。

炊飯器で調理するサツマイモは味が格段に上がる

炊飯器で調理するサツマイモは味が格段に上がる
炊飯器はお米を炊けるだけでなく、サツマ芋も調理できます。
その方法は、良く洗ったサツマ芋を炊飯器に入れ、丁度浸かる程度まで水を加えます。
後は普通にお米を炊く時と同じようにセットします。

炊飯器で調理しますと徐々に温度が上昇しますので、その間に甘さが増していくことが特徴です。
水分も飛びませんから、美味しいサツマ芋ができあがります。

パンの発酵にも役立つ炊飯器

パンの発酵に役立つ炊飯器
趣味で自家製パンを作られる方も多いですが、発酵には炊飯器を使うのをおすすめします。
特に気温が低い時は、炊飯器の保温機能が役立ちます。

捏ね終った生地をお釜に入れて保温しますと、ふっくら発酵します。
その際はお釜の内側にバターなどを塗っておくと良いでしょう。
また、十数分間保温した後に電源を切り、その後は余熱で発酵させるなど、季節や機種により調節することも得策です。

炊飯器ならケーキも焼ける

炊飯器ならケーキも焼ける
スポンジケーキは適切に温度を設定して焼き上げませんと、中央がへこんだり、上手く焼けない時があります。
しかし炊飯器を使えば、機械が適切に加熱してくれますので簡単に焼けます。

スポンジ生地は通常通り作り、お釜の内側にバターやサラダオイルを塗って生地を流し入れます。
後はお米を炊く時と同様でセットして完了。

機種ごと炊飯器の備わっている機能に、ケーキを焼く専用コースが備わっているタイプもあります。

炊飯器で肉や野菜も一緒に調理

炊飯器で肉や野菜も一緒に調理
忙しい時は食事の支度など、調理に時間が取れない場合もありますが、そんな時はご飯を炊くのと同時に、おかずも一緒に炊飯器で調理しましょう。

お米とお水を加え、食べやすい大きさに切った鶏肉やジャガ芋やニンジンなどを入れ、普段通り炊飯します。
炊き上がればメインディッシュと付け合わせの温野菜も同時にできあがりますから、炊飯器一つで簡単に食事の支度が整います。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す