電子レンジの細かい機能知ってた?夏に発売される日立の「ヘルシーシェフ」で料理の腕を上げちゃおう!

皆さん料理を毎日していますか?

皆さん料理を毎日していますか?
家族のために作ったり、自分のために自炊したりと料理をする人は比較的習慣的に料理を行っているのではないでしょうか?
今日の献立は何にしよう?と日々頭を悩ませることもあるでしょう。

しかし、レンジで加熱すれば簡単に調理できる料理のレパートリーも段々と増えてきています。
もはや料理をするにあたってレンジがあって当たり前になってきているのではないでしょうか?

今や温めるだけの簡易なレンジだけでなく色々な料理の幅が広がる多機能なレンジも続々と発売されてきています。
今回はそんな多機能であるオーブンレンジについて調べてみました。

電子レンジの加熱方式って違うの?

電子レンジの加熱方式って違うの?
このように価格の差が生じてしまうのは主に加熱方式によると言われています。

加熱の性能が良ければ良い程金額は高くなっていきます。
では一体加熱方式は変わっていくのでしょうか?

<マイクロ波>

電子レンジでいうところの基本的な加熱方式と言われています。 マイクロ波という短い波長が食材の水分に反応し振動を与え、その与えた振動の摩擦熱によって内部から食品を温めることが出来るのです。 電子レンジの出力はW(ワット)数によって変わってきます。 この数値が大きければ大きいほど温める速度が速くなってくるのでしっかりワット数を確かめとくと後で困ることはないでしょう。

<オーブン>

最近だとマイクロ波によるあたため機能だけの電子レンジではなくオーブン機能がついた電子レンジが主流になり始めています。 オーブンによっても加熱方式が分かれておりヒーターの熱をファンを使って全体へと送りレンジ内部を高温にすることによって食材を加熱することが出来る機種を「強制循環式」といい上位の機種に名乗りを上げ、レンジ内上下にあるヒーターから輻射熱で食材を加熱することが出来る機種を「上下ヒーター式」といい低価格帯のレンジに多くみられます。

<グリル>

ヒーターの熱を利用して直接食材を焼くことが出来ます。 上でご紹介したオーブンはレンジ内全体の温度を引き上げて加熱させますがグリルは焼き目を付けたい食材に適した加熱方法といえます。 オーブン付きの電子レンジには必ずグリル機能が搭載されているようです。

<スチーム・加熱水蒸気>

水蒸気(スチーム)を100℃以上に熱した加熱水蒸気によって食品を加熱することができ、第3の熱源と言われています。 水分を保ちながら加熱することによってうま味を逃さずその分余分な脂や塩分落とすことができヘルシーに仕上げることが出来ちゃいます。

もっと機能を細分化!

もっと機能を細分化!
加熱方式でも使い勝手が変わってきたり差が見えてきました。
加熱方式の性能が良かったり機能が多く付いていたりすると金額も大きく変わってきてしまいます。

しかしこの加熱方式だけ金額が変わってくるのではなくもっと細かい電子レンジの機能により金額が変わってきます。

<センサー機能>

特に細かな機能面にて価格を左右していると言われているのがセンサー機能と言われています。 温め加減を調節すると言われているのがこのセンサーでこのセンサーの制度によって電子レンジの価格が変わってきます。

・赤外線センサー
食材の表面の温度を赤外線センサーで感知しながら温め加熱具合を調整する高機能なセンサーです。

・重量センサー
ターンテーブルに置いた総重量により加熱する時間を調整しますが食材と食器の重さで判断する為思い器を使用すると過剰に加熱してしまうので注意が必要です。

・蒸気センサー
あたためセンサーと呼ばれている機能も同じことを指し、食材から出る蒸気を感知し加熱を調整する為、ラップなどで食器を塞いでしまうと蒸気を感知せず過剰に加熱してしまうので注意が必要です。

・温度センサー
レンジ内部の温度を感知して温度を調整。オーブンやグリル機能時に動くセンサーとなっています。

<ターンテーブル/フラットテーブル>

一昔前の電子レンジはターンテーブルが主流で今もターンテーブルの電子レンジも出回っていますが、ターンテーブルのものとなると今は低単価な電子レンジに多くみられます。 今の主流はフラットテーブルのものになっており加熱のムラが防げたり大きいお皿が乗せられたり、お手入がラクだったりとメリットがたくさんある為こちらが主流となってきたのかもしれませんね。

<オート調理メニュー>

オート調理メニューとは色々な調理をボタン一つで温度や時間を設定してくれる機能のことです。 このオートメニューが多ければ多いほど電子レンジの価格が高くなってきます。 電子レンジ一つで料理を楽ししたい人にはあったら役立ちそうな機能ですよね。

今までより簡単に料理が作れる?

今までより簡単に料理が作れる?
高機能な電子レンジを購入するとなると少々価格は高くなりますが、料理のレパートリーが広がったり、オート調理メニューの種類が多くなりより使い勝手が良くなります。

しかしもっと簡単に調理が出来るようになれば良いと思いませんか?
今回日立から発売される「ヘルシーシェフ」なら簡単調理が実現しちゃうかもしれません。

日立 「ヘルシーシェフ」

日立 「ヘルシーシェフ」
この「ヘルシーシェフ」今までの電子レンジと一体何が違うというのでしょうか? 「ヘルシーシェフ」はレンジ・オーブン・グリル・スチーム・加熱水蒸気の5つの加熱方式を網羅した最上位クラスの電子レンジです。
そして、オートコントロールの「Wスキャン調理」では93種類ものメニューを搭載し焼いたり、揚げたりと6種類の調理方法で美味しく調理してくれます。

また、食材の重さを計り火加減をコントロールする「Wスキャン解凍・あたため」機能を前回に引き続き採用。
オーブン機能も「ダブル光速ヒーター」による300℃の最高温度の熱風式を採用し、2弾調理でたくさんの食材を美味しく焼くことが可能に!

そして、今回の注目したい点が「おかずセット」という3品同時のオート調理が出来る機能を採用し主菜1品・副菜2品のおかずをなんと最大4人分まで一度に調理することが出来る機能。

オートメニューの主菜・副菜の種類は各7種類から選べ、組合わせを変えると147パターンもの「おかずセット」を作り出すことが出来ます。それとプラスして「女子栄養大学 栄養クリニック」監修400キロカロリー以下の「ヘルシーおかずセット」が7パターンから選ぶことができます。

まとめ

まとめ
一人暮らしだと低単価な単機能電子レンジで良いのではないかと思いがちですが一人暮らしだからこそオートコントロールによる調理方法を利用して簡単に料理を作れるので手は出しづらいとは思いますが高単価な電子レンジを私はおすすめしたいと思います。

またご家族をお持ちの方は日頃から料理のレパートリーに悩まされているでしょう。
しかし様々な調理方法が可能な電子レンジなら今まで以上に料理の幅が広がりますよね。
そのため加熱方法フル装備の高単価、高機能電子レンジをおすすめします。

電子レンジの様々な機能を挙げてきましたが今回ご紹介した「ヘルシーシェフ」は様々な良い特徴を併せ持った電子レンジと言えそうですよね。
特に今回のモデルのおすすめの機能「おかずセット」は一人暮らしの方もご家族がある方も1度に料理ができ時間の短縮や利便性がとてもありそうですよね。

高機能電子レンジは誰にでもメリットあること間違いなし!ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

関連する記事が只今作成中です。最新の情報へお進み下さい。PREMOA-MAGAZINE TOPへ

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す