ムアツふとんの特徴と上質な睡眠のためのおすすめポイント

ムアツふとんの特徴

ムアツふとんの特徴

ムアツ布団の購入や製品の特徴などがわかる!人は人生の3分の1の時間を寝て過ごすと言われています。多くの時間を費やすのだから、心も体もリフレッシュできて、長く使える丈夫な布団としてもムアツふとんはオススメです。それでは、ムアツ布団についてご紹介いたします。

普段仕事などで忙しい時間を過ごしている人にとって、ぐっすりと眠って疲れをとることはとても大切です。そして上質な睡眠のためには優れた寝具を手に入れることが重要なポイントだと言われています。

ムアツふとんは質の良い睡眠を作り出すことで人気の高い寝具です。特徴的なデコボコ構造になっており、その上に横たわった時に体が沈み込まず、自然で疲れにくい寝姿勢を保つことができるのが特徴です。

これは布団の構造が面ではなくて点で支えることによる効果で、テレビコマーシャルでも目にする機会が多いことからムアツふとんの名前は広く人々に知られています。

ムアツ布団は昭和西川が四十年以上前から長く製造を続けるロングセラーの大人気寝具です。

卵型のマットレスが点で体を支える構造になっており、布団とマットレスパッドタイプがあります。

主に床面に敷いて使用する布団タイプとベッドに敷いて使用するマットレスパッドとに分かれていて、機能性や材質の硬さなどによってさらに数種類に分かれており、サイズはどのタイプもシングル、セミダブル、ダブルの中から選ぶことができます。

布団タイプはマットレスを敷かずに畳や床面などに直に置いて使用するためのもので、厚みや硬さの異なる様々なタイプが揃っています。

ベッドで使用するマットレスパッドタイプにも硬さなどの異なる様々な種類がありますが、布団タイプと比較すると種類が少なくなります。ベッドタイプは持ち運びが簡単な軽量タイプのものが多いのも特徴です。

ムアツ布団は点で支えてバランス良く体圧を分散するのが最大の特徴です。

特殊な卵型のマットレスは数十キロの重みにも耐えられ圧力が体の一点にかかるのを予防するため、体への負担を減らすことができます。体圧がバランスよく分散されることにより理想的な寝姿勢を保ちやすくなるため、翌朝は体が軽く楽になるというものです。

腰痛も持つ人にとって柔らかすぎたり硬すぎたりするマットレスは腰に負担がかかります。

腰痛と一言で言ってもその症状は人それぞれですが、マットレスの硬さは寝心地の良し悪しだけでなく筋肉の緊張度合にも大きな影響を与えます。そのためちょうど良い硬さで寝返りも打ちやすいものが求められます。

ムアツ布団の特徴である卵型のデコボコがソフトに体を受け止めてくれるため、横になった時に体が優しく包まれているような感じがするという意見をよく耳にします。

横になった時にマットレスに体が深く沈みすぎてしまうと腰などに体重がかかってしまうため、腰痛を持つ人にとっては症状の悪化につながりやすくなります。腰痛のある人がちょうどよい硬さで体圧を分散してくれるムアツ布団を選ぶなら、程よい反発力を持つタイプを選ぶのがおすすめです。

これまでのウレタン素材のマットレスは、寝具として使用すると通気性が悪いのが難点でした。

ムアツ布団は二層構造になっているため通気性が良いのも特徴の一つです。

これは下層部分に無膜ウレタンを使用しているために通気性がよく、寝具として使用しても湿気や熱などがこもりにくくなっているためです。

表面がフラットなマ

ットレスに横になった時よりも空気が通りやすい状態を保ちやすく、下層のウレタン部分から熱気を逃してくれる構造なので夏でも熱気がこもりにくくてさわやかな寝心地を得られます。

同じ腰痛でも、たとえば妊娠中の女性が大きなおなかを支えるために感じるようになる腰痛もあります。

妊婦も体型や体質などが変化することでなかなか心地よく眠ることができない場合、ムアツ布団はとてもおすすめです。大きなおなかの負担を軽減するために横向きで眠るときにも、ムアツ布団なら腰痛に悩まされることなく心地よく眠ることができます。

同じタイプの布団の中に、西川エアーという製品があります。これはアスリート向けに作られたコンディショニングマットレスを始め、やや硬めにできている印象があります。

この製品はアスリートが筋肉の疲労を和らげ質の良い睡眠を確保するために、ちょうど良い硬さの寝心地が得られ、横になると体を優しく押し上げてくれるような使い心地なのが特徴です。ただ硬いだけでなくちょうど良い硬さと柔らかさの両方を兼ね備えているため、自分に合ったものを選べば心地よくぐっすりと深い睡眠が得られます。

ムアツ布団もエアーもどちらも体を点で支えるタイプのマットレスなのですが、エアーの方が寝心地がしっかりとした印象を受けやすく、ムアツ布団の方はしっかりとした寝心地というよりもどちらかといえば優しい寝心地を追求している印象があります。

整圧敷き布団というのは西川が開発した健康敷き布団の元祖であるムアツふとんから、より体のへ負担を少なくより蒸れにくいように改良が加えられたものです。布団の品質も価格面でも、同じ西川の健康敷き布団の中ではプレミアムクラスの存在になっています。

そして整圧敷き布団の特徴を受け継ぎつつ、アスリートや若者向けの使用へと改良を加えたのがエアーです。エアーは特にその構造の特徴からスポーツ選手や若者、特に男性を対象としたイメージが強く、エアーは年配の人や女性、普段運動にはあまり縁のない人には向かないとも言われています。

布団に何を求めるかによって多くの種類の中から自分に合ったものを選べるようになっています。

吸水速乾性 固さ 手入れと耐久性

吸水速乾性に優れている。

人は夜寝ている間にコップ一杯分もの汗をかくとよく言われます。本当なら一日使用した布団は天日に干してカラリとさせてから使えば気持ちよく眠れるのかもしれませんが、忙しい現代人にはなかなか難しいものです。ムアツ布団は吸水速乾性が高く、湿気がこもりにくいのが特徴です。そのため一晩眠っても布団に湿気がこもりにくく頻繁に日に干さなくてもさらりとした状態を保ちやすいのがメリットです。

固さが丁度よく寝心地が良い。

質の高い睡眠のためにはふかふかの柔らかすぎる布団よりも硬めの布団の方が良いという意見は少なくありません。

けれども、その硬さが問題で、体に自然で楽な寝姿勢キープしやすいことが敷き布団にとっては何よりも大切です。

西川の健康布団の元祖であるムアツ布団は自然で楽な寝姿勢を保ちやすいのが特徴です。横向きに眠った時に体を点で支えるために体圧を分散しやすい構造なので、寝返りを打つときにも体に負担をかけることなく楽に動けます。

横向きに眠っても仰向けの時にもどんな姿勢でも快適な状態をキープしやすいので、翌朝の体の軽さが違います。この程よい硬さこそ、快眠のための秘密です。

お手入れのしやすさや耐久性など。

ムアツ布団は点で支える構造なので、突起部分に亀裂が入りやすく、使用しているうちに徐々にマットレスが劣化していくのは残念ながら避けられません。

長く使用しているうちにこの突起部分が徐々に平らになってしまえば、体を点で支えることができなくなり理想的な体圧の分散が実現しにくくなってしまいます。ただし、初期のころの製品に比べればその耐久性は高まっており、特にエアーはムアツ布団をより高品質の素材で耐久性も高くなっています。

そして耐久性とともに注目したいのがメンテナンスの簡単さです。

ムアツ布団は元々とても通気性が良いため、木綿の布団のように頻繁に天日干しをしなくても快適な寝心地を保つことができます。

さすがに床面に敷きっぱなしでは湿気がこもる可能性がありますが、使用しないときには壁面に立てかけておく程度の簡単なお手入れでも大丈夫なところはうれしいポイントです。

人って人生の3分の1は睡眠に費やすんだよね。
快適に寝て疲れを癒すためにも寝具は長く使えるものを選びたいですね。
昭和西川ムアツふとん
点で支える「ムアツふとん」- 送料無料の総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする