暖房器具おすすめはオイルヒーター?電気?エアコン?

暖房器具おすすめ

暖房器具おすすめはオイルヒーター?電気?エアコン?

暖房器具のおすすめをお探しの方に、昨今人気のマルチダイナミックヒーターについてや、オイルヒーターと電気ストーブの違いについてご紹介いたします。また気になる価格の相場などもチェックしてみましょう!

ヒーターの特徴

デロンギのヒーターの特徴は何より風がないこと。お部屋の全体が暖かいことを状態をそれで作り上げるということに尽きます。

ゼロ風暖房」というキャッチフレーズの特徴はまず一つ目として部屋全体が暖かいということです。デロンギヒーターについている放射板から熱を発し、床から壁を伝って手城まで広がり、さらに人に暖かさを包み込みます。

その後止められた壁や天井などから2時的な輻射熱を発することによって、部屋中がとても暖かくて快適な空気に包まれるのです。それから二つ目の特徴としては、肌や喉が乾燥しにくいということが言えるでしょう。

ゼロ風暖房という名がある通り音符を出さないので部屋の中の湿度がほとんど奪われることなく乾燥を防ぐことができるのでそのため、暖房で乾燥がひどくなって風邪をひいてしまったりするような人や加湿器を併用していたような人もこれで乾燥知らずで暖かい部屋を作り出すことができます。

それから三つ目の特徴としては空気がとても綺麗になるということです。

輻射熱と自然の空気の流れで温めるので温風を出すタイプの器具とは違い、埃や部屋の汚れなど微細な粒子が巻き上がらないのでとてもクリーンな室内を保つことができます。ですので乾燥に弱い人や喘息などの人にもお勧めと言えるでしょう。

快適暖房

またマルチダイナミックヒーターならばデロンギはコンベクターヒーターを中心として発売していますが、最上位が「マルチダイナミックヒーター」になります。その一つ目の特徴は快適な温度をキープしてくれるという点。

マルチダイナミックヒーターは気温の変化を察知しながら様々な32通りの組み合わせで1秒ごとに快適な温度を保つように設定されています。そのため設定した温度よりも0.1°以上の差が出ないようになり急激な温度変化なども生じないし、それでいながら電気代はしっかり抑えられるのです。

またデロンギのマルチダイナミックヒーターの特徴の二つ目は、従来の商品よりも倍の速度で温めてくれるという点です。

外の気温が午後事だとしたら室温を20°まで引き上げようとするのに必要な時間はたったの25分でオッケー。

従来のヒーターより2倍の速度で、効率的で心地よい空間をすぐに作り出すことができ、寒さによる不快感などが独力少なくて済むのです。

また三つ目の特徴としては、とても静かであるということです。

呼吸音より静かということになっており耳障りな音などが全く無く寝室や勉強部屋などにも最適です。音楽、映画鑑賞の時などもヒーターの音が気になることはないということはとてもありがたいことですね。

さらに四つ目の特徴はスマートフォンで操作ができるようになっているという点です。ヒーターから離れていても少し温度を上げたいと思った時にスマートフォンでリモコン代わりにすることができます。離れていても素早く温度設定はタイマ設定がすることができるのです。

まずオイルヒーターの特徴から説明していきます。

オイルヒーターパネルヒーターは少し特殊な温め方をする暖房器具に相当し、機器自体を高温にすることによって機器からの放熱を利用し空気の対流起こし、時間をかけて空間全体温めるという方法を使っています。

機器の熱で空間全体をゆっくりと温めていくというイメージを持てば良いでしょう。

そのメリットは強い温風を出さないため、空気が乾燥しにくいということと、空気を入れ替えたりする必要がない、また埃が立ちにくくハウスダストなども生じないのでアレルギーの人に最適という事が言えます。

しかしながらデメリットとしては暖かくなるまでに少し時間がかかってしまうことと、消費電力などが高くなり電気代がかかってしまうという点です。断熱性の低い家にはあまり向かないと言えるでしょう。

オイルヒーターは機器の中にあるオイルを電気で温めることで循環させ放熱行っていきます。電気を切ったとしてはよ熱があるのでいつまでも温かい時間が保たれるということが特徴です。

一方電気ストーブの方は発熱を利用したヒーターのことです。

スイッチを入れると赤くなるヒーターが赤外線ヒーターであり電気ストーブといえばこの遠赤外線ヒーターのことを意味します。

他のヒーターとは異なって部屋全体が温まらず、ピンポイントで温める点が特徴。夏で言う扇風機に相当する買うと言えるかもしれません。

遠赤外線ヒーターのメリットは温まるスピードが早いということと、価格が安いという点です。確かにスイッチを入れればすぐに水赤外線が発熱を始めますし、それに本体価格などもかなり安い値段なので手に入ることが言えます。

デメリットは暖まる範囲がとても狭い点で、その周辺近くでしか温まりませんし、また少しやけどなどの危険が伴うということです。誤ってお子様などが赤く熱されている部分に触れると火傷などをしてしまいます。

また遠赤外線ヒーターは高さの持つとなる発熱体の違いによって種類が違い、熱効率性や遠赤外線の放出量や暖かさなどが変わってきますので一概には言えませんものの、このような特徴を備えていると言ってよいでしょう。

エアコンはエアコンディショナー空調設備の一つであり、室内の空気の温度や湿度を調整するものです。

その特徴は冷房による蒸気圧縮冷凍サイクルの蒸気圧縮冷凍機によって熱を変えたり、また家庭用のルームエアコンディショナーなどがあります。

エアコンは空間全体の温風の循環で暖める暖房器具であり、リビングのような広い空間全体を暖める場合に向いていますが、すぐに暖まるということはないということが言えるでしょう。

つまり得意なことは空間全体温められるということであり、苦手なことはスイッチを入れてすぐに温めるということです。その点でオイル日オイルヒーターとやや近いと言えるかもしれません。

両者の電気代を比較してみると空間全体を長い時間温めようとしている場合エアコンは1時間あたり2.8円から39.9円ほどかかるということが言えます。

一方でオイルヒーターは12.7円ほどですエアコンはその風量などでも電気代が変わってくるので、場合によっては40円近くかかってしまう場合がありますが、かなりその出力を抑えておけばオイルヒーターより安くできるということが言えるでしょう。

エアコンの価格相場はその取り付ける部屋の広さで変わってきます。

8畳用で考えると人気メーカーはパナソニックやダイキンシャープなどになります。値段はパナソニックの安いものが大体73350円ぐらいで、ダイキンは198200円です。

安いものであればコロナなどが54800円で販売されています。

またエアコンには工事の取り付け料金が別途かかってきます。だいたいその取り付け費用の相場は8000円から12000円ほどを見ておくと良いでしょう。

最近は機能などによって価格に幅がかなり出てきています。

一番シンプルなものでよければ大体8畳用で5工事費込みで7、8万円で購入できるということが言えます。

ただし人の動きを感知する機能などがついたものであれば、ゆうに20万円を超える商品も増えてきます。

そのような商品が欲しい場合などは一度家電量販店へ行きその店員の人に相談してみてからインターネットで買うと良いでしょう。

デロンギ暖房器具
人気のマルチダイナミックヒーターからオイルヒータなど多種取り揃えています。最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA
エアコン通販購入
エアコン設置・取付けまで同時申し込み可能。総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする