DIY初心者必見!知ってる?電動ドリルドライバーの種類と使い方!

皆さんはDIYやっていますか?

DIY、つまり「DoItYourSelf」、自分で工具を持って、何かを作る事ですが、
このDIY、はじめるとなると色々な工具がほしくなってきます。

その中でもやっぱり「電動ドリル・電動ドライバー」は、はずせないメイン工具ですね。

でも電動ドリル?ドライバー?インパクト?と初心者にはそれぞれの違いが難しいですね。

見た目は同じようにみえますが、これら全て用途が違ってきます。

今回は電動ドリルドライバーの違いを紹介します。

電動ドライバーの種類

電動ドライバーの種類は大きく分けると

電動ドリル
電動ドライバー

ドリルドライバー
ドリルドライバー

インパクトドライバー
インパクトドライバー

の3つです。

電動ドリル

電動ドリル

電動ドリルは硬いものを精密に穴あけ

電動ドリルは「木材」、「金属」などに穴をあける電動工具です。

ドリルドライバーでも穴あけはできますが、この電動ドリル場合は、回転数・回転スピードが速くより正確に穴を開けることができます。

また、インパクトドライバーでも、ドリルの部分を穴あけ用のビットに差し替えることで穴あけは可能ですが、
負荷がかかってくると回転力に更に力を加えてしまい、精密な穴を開けることが素人目では比較的難しくなってきます。

以上を踏まえ、硬い素地に「小さな穴」を「正確に」あける作業が必要な場合、電気ドリルが向いています。

電動ドリルはネジ締めには不向き

電気ドリルには、ドリルドライバーにはある、ある一定の力を超えるとトルク制御してくれる機能が有りません。
この機能が無い場合、ネジの頭を潰してしまったり、一定以上ネジを回してしまう可能性があり、締め付ける事に関しては電動ドリルは向いていません。

ドリルドライバー

ドリルドライバー

ドリルドライバーは細かなネジ締めに最適

ドリルドライバーは、インパクトドライバーと違い強い力を加えません。

また、ある一定の力を超えるとトルク制御してくれる機能があり、力加減を制御出来るため、丁寧で細かなビス、ネジ締め作業に向いています。
またビットを付け替えることでドリル(穴あけ)もできるドライバーです。

硬いものでなければ、勿論穴あけにも利用出来るので、組立家具やカラーボックス等、DIYの初心者にとっては1番扱いやすいドライバーではないでしょうか

インパクトドライバー

インパクトドライバー

インパクトドライバーは硬いものでもしっかりネジ締め

インパクトドライバーは、その名の通り「電動ドリル」にインパクトを与える(回転力に更に力を加える)事ができるドライバーです。

そのため、他のドライバーと比較すると、強力にネジ締めすることが可能です。

硬い金属や木性素材においても、また長いネジ、ビスであってもしっかりと通すことができ、大型家具を組み立てる作業や内装作業に向いています。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す