DIY=Do it yourserlf!DIYで必要なものとは?楽しいDIY生活を送る基礎知識

DIYって何ですか?

DIYって何ですか?
家庭での簡単なDIYから自分の車の修理や改造、様々な工作物を作る際に一つ一つ手で扱うドライバーやレンチなどの工具を使っていてはとてもじゃないけれども思い描くものを作ったりするのに現実的ではない手間がかかります。

そんな時には電動工具を使えば作業時間を短縮できますし、手作業のみで物を作るよりも正確に完成させる事も容易にできます。

DIY=Do it yourserlf

DIY=Do it yourserlf
書店に平積みされている書籍や、インターネットのコンテンツ等で散見されるDIYという3つの文字。
見る度にDIYってとく聞くけどなに?なんて思ってしまいませんか。

DIYとはDo it yourserlfという英語を略したものです。
直訳すると「自分でやろう」になります。

では、自分で何をするものなのでしょうか。

DIY=Do it yourserlf=日曜大工

DIY=Do it yourserlf=日曜大工
DIYってとく聞くけどなに?という方にとっては、まずその点から謎めいた事に思えるでしょう。
DIYを日本風に言い換えると、日曜大工にになります。

日曜大工なんてやった事はないという方も、学校の技術の時間で椅子や小物入れといった物を作った経験はあるでしょう。
実はそれも、DIYになります。

DIYってとく聞くけどなに?という問いの答えは、専門家や職人に任せる事なく自分の手で物を作ったり修理したりする事、というのが一般的な回答になります。

しかし、DIYってとく聞くけどなに?という問いを持つ好奇心旺盛な方には、言葉の説明だけでは満足できない物があるでしょう。

そこで、疑問に思っている方に知ってほしい事として、DIYはとにかく楽しく面白い趣味だ、という観点で定着した呼び方だと言えます。

DIYの醍醐味

DIYの醍醐味
単なる日曜大工が、どうして面白い趣味になるのか。
DIYってとく聞くけどなに?と疑問に思っている段階では、わからないかもしれません。

実際にやってみると、他の趣味にはない物作りの喜びというメリットがあるものです。
まず、DIYは意外に高品質な仕上がりになるという事です。

日曜大工なんてどうせガラクタしかできないだろうと思うなかれ、DIY初心者向けのインテリアキットを購入して作ってみれば、その完成度の高さに驚くでしょう。

それでいて価格が安いとあれば、一度DIYに手を出すと既製品の購入には興味が向かなくなってくるほどです。
また、最近ではDIYが趣味ですという方達が増えてきた事で、教則本も増えてきています。

更に、DIYで使う材料はホームセンターで安価に簡単に購入できるというように、材料の確保も簡単です。
技術や知識はしっかり身に付けていける上に、その知識と技術を活かす為の材料や道具も豊富にある。

日本は今や、初歩的なDIYから、プロ顔負けの本格的なDIYまで実現できる良好な環境になっています。
良質な材料と、良い腕をもって作られた小物や家具は、他人から見ても良いものです。

事実、eコマースで販売して利益を上げている方もいるように、日本のインテリアにおいて1つのジャンルとなりつつあります。
家具の販売は購入してくれた方との交流の機会になり、使って喜んでもらえる事で充実感も高まります。

これらのように、DIYは単純な自己満足の世界にはとどまりません。
誰から見ても良いもの、当人の意志次第では副業にまで発達するという可能性が広がっています。

DIYを始めるなら今でしょ

ここまで読んできて、DIYってとく聞くけどなに?という疑問からDIYって面白そう!という興味に変わったのなら、今が始め時です。

[初心者]DIYキットの選び方

必要な物を揃えて、初めてのDIYに挑戦してみましょう。
DIY初心者の方が始めようとするのならばDIYキットの購入がおすすすめです。

そこで問題になるのが、初めて買うならどんな商品がおすすめ?という事になります。
最初は、テーブルや椅子等の単純な物から始めると良いでしょう。

ツールセットを購入して一通りの道具あれば満足のできる仕上りりになるでしょう。
ツールセット選ぶ際、高度な道具が目に付くかもしれません。

たとえば、DIYで電動ドライバーは必要?と悩む場合もあるでしょう。
電動ドライバーは便利ではありますが使い所は意外に限られますから、DIYキットの方にお金を回して、作りたい物を作る方が楽しいDIYになるものです。

DIYを本格的に楽しむようになってから、DIYで電動ドライバーは必要?と再び思い始めた時に買い足しても問題はありません。

[上級者]おすすめ電動ドライバー

電動ドライバーに関して、初めて買うならどんな商品がおすすめ?と思い始めたら、充電式を手に取ってみましょう。 コードが無いので作業場で作業をしやすくなります。

人力とはパワーと効率が違いますから、これまでできなかった作業を実現できますし、これまで手のかかっていた作業が短時間で済むようになるでしょう。

ホームセンターやインターネットのショッピングサイトを見れば、様々な種類の電動ドライバーがありますし、もちろん電動ドライバーの種類が豊富にあるのには用途に合わせた使い方をするのが最も効率的であるし、間違った使い方をして思わぬけがなどをしない為にも重要です。

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違い
電動ドライバーの種類として主な物は、ドリルドライバーとインパクトドライバーですが、この二つには大きな違いがあります。

・ドリルドライバーは右回転や左回転などの指定の方向に、トリガーを引くとただひたすら回り続けるもので用途としては主に穴をあける際や木材に対して木ネジを打ち込む際に使用します。

・インパクトドライバーは、指定の方向へトリガーを引くとガチガチとドリル内部でハンマーを叩く様な動作をするもの用途としては車の部品の取り付けや取り外しの様に強い力をかけて締め付けや取り外しを行う必要がある部品に対してボルトやナットを取り付け、取り外しに使用します。

また、自分が行おうとしている作業に合わせて電動ドライバーの種類の選び方にも、必要とするトルクが違ったり回転速度が速いものが必要になったりもしてきます。

特にインパクトドライバーに関しては、太いネジを締め付ける際にはそれだけ大きなトルクを必要とする為、それだけ大型で力の強い電動ドライバーの種類を選ぶ必要がありますし、長いネジを締めるのにはできるだけ回転速度が速い電動ドライバーの種類を選んだ方が効率的です。

また、電動ドライバーの種類の中にはドリルドライバーとインパクトドライバーの両方の機能を持っていて、スイッチを切り替える事で動作を変えられる物もあります。

非常に便利な品物なだけにお値段はそれなりに高額になりますが、あれもこれもといくつものも電動ドライバーの種類を集めるよりはかえって安上がりになる場合もあります。

電動ドライバーの種類は豊富にありますが、基本的にはペン型の様な小型な物ではないものでドリルドライバーとインパクトドライバーの二種類を持っていれば様々な作業には使えますし、思わぬところで役に立つ場合もありますので持っていても損は無いです。

充電池式電動ドライバーのデメリット

充電池式電動ドライバーのデメリット
使い勝手の良い充電池式電動ドライバーですが、もちろんデメリットも存在します。
一つは、充電池を動力源としているため、AC電源コード式電動ドライバーに比べパワーがやや劣ることです。

普通のネジ止めであれば問題ありませんが、錆びついたネジを回す場合や、充電が切れてきた時にはトルク不足に陥ることがあります。

充電容量が切れる恐れがあることから長時間の使用には向いていませんし、一度使用した後は充電のためにある程度のインターバルが必要となります。

また、充電池を搭載しているため、重量が若干重いという欠点もあります。
充電池式メリットを十分に生かすには、充電池の容量が大きいタイプを選択します。

充電池の容量が大きければ、そのぶん連続して長い時間の使用が可能になりますから、充電池式電動ドライバーの欠点を補うことができます。

充電池VSAC電源コード

充電池VSAC電源コード
電動ドライバーには、充電池式とAC電源コード式の2種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、目的や用途に応じて使い分けることが大切です。

リチウム・ニッケル水素

まず充電式タイプのメリットとして電源コードが無いため取り回しに融通がきくことです。

また、AC電源コード式の電動ドライバーを使用する場合、複数の部屋で作業をする時は、移動のたびにコードの挿抜が必要となりますし、屋外では電動ドライバーのコード長では足りない場合もあり、延長コードが必要となることもあります。

ACコードの煩わしさに振り回されることなく、自由に移動してどんな場所でもすぐに使用することが可能です。
充電池の種類は、リチウム電池やニッケル水素など様々です。

リチウム電池は、継ぎ足し充電によるメモリー効果がほとんど無いため、ニッケル水素など他の充電池のように放電させる必要がありません。

過度な充電や完全な放電は、電池の劣化を早めることに繋がりますから、リチウム電池タイプの電動ドライバーは定期的な充電が必要とされます。

AC電源コード式

AC電源コード式メリットは、充電池式電動ドライバーに比べパワーがあるため、固い素材にネジ止めする時や、錆びついて回しづらくなっているネジでも問題なく回せることです。

充電池式と違い動力源は無限ですから、充電は必要ありませんし、長時間連続で使用できることもAC電源コード式メリットです。
充電池を搭載していないぶん、軽量で使いやすいという特徴もあります。

デメリットは、AC電源を使用できない場所では使えないことです。
このため、頻繁に場所を移動するケースには向いていませんが、移動せずに常に同じ場所で作業する場合は、AC電源コード式電動ドライバーが向いています。

まとめ

まとめ
経験を積んで道具も充実してくれば、その先に待っているのは理想の設計で思い通りのインテリアを作るという、新しい世界です。
DIYのメリットは、物作りの喜びというメリットを身近にできる事にあります。

誰もが最初はDIYってとく聞くけどなに?という疑問から始まり、自分なりのDIYの楽しみや面白味を見つけ出していくものです。

DIYコミュニティーも豊富にありますから、初心者から上級者まで交流の世界は広がっています。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする