省エネ家電選びのポイント-冷蔵庫編

省エネ冷蔵庫

省エネ家電選びのポイント-冷蔵庫編ーおすすめ商品は?

冷蔵庫などを新しく買い換える時色々な基準があってどれにしたらいいか、迷ってしまうかもしれません。

そのような時に注目すべきが冷蔵庫の省エネラベルです。「省エネラベル」に注目することによって障害で風も見つけやすくなりますし、電気代の節約にもつながります。

ここでは省エネラベルについての説明と省エネという観点から、どのように冷蔵庫を選べば良いかということについてご説明していきます。

省エネラベルで何がわかる?

省エネラベル

省エネラベルとは2008年の日本工業規格によって省エネ法が変わり誕生した、省エネルギーラベリング制度に基づいた表示のことです。

省エネラベルでは、住宅設備家電製品などを中心に国の基準をしっかり達成しているかどうかということが、一目でわかるように表示されています前の落栗の省エネ標準を満たしているような製品には、緑色の「e」のマークやで満たしていない製品にはオレンジ色のマークを表示しなければいけないのです。

カタログや製品本体や包装など見やすい所に表示されるので省エネ性能があるかないか、という点の比較がしやすくなっています。

省エネラベルを付ける種類は、21製品もあります。

家庭などで使われているようなものから、馴染みのない完成品などにも含まれています。その省エネマークをより詳しく表示したものが、統一省エネラベルです。

こちらは日常的に使う大型家電が多くなっている六つの製品に表示されています。エアコンや冷蔵庫、それから蛍光灯器具などです。

省エネラベル

この省エネマークによって省エネ基準達成率家エネルギー消費効率、目標年度などがわかります。

省エネ基準達成率とは国が定めた省エネ基準をどの程度達成しているかをパーセントで表示しているので省エネ性にどれだけ優れたということをを、数字でわかるのです。

数字で一見してわかるので、比較しやすいですし、表面上のプライスだけで比較せずこちらもよく注意するようにしましょう。これからエネルギー消費効率で年間消費電力量などが、分かります。

目標年度は省エネ基準を達成するべき目標の時期をさせていて、製品や区分ごとに設定されているものです。

星の数で何が違う?

省エネ星の数

さらに省エネラベルを詳しくしたものが、統一省エネラベルと言われます。

こちらはすでに述べた省エネラベルのみならず多段階評価制度や、年間電気使用料金の目安なども表示されています。

この多段階評価制度が星の数で表示されていて、省エネ性能を一目でわかるようになっています。星が多ければ多いほど、省エネ性能が高い製品であるどういう意味です。

その下の部分にはいくつ以上あればその基準を達成しているかどうか、ということまで表示されているので一目ですぐにわかるはずです。

またその下に、年間電気使用料金の目安が書かれているのでこれを比較すれば、その電気料金がどれくらいかかるかが分かります。

一見値段が高いような商品でもこの星が多く、年間使用電気料金が低いならは結果的に長期的にみると節約できるということもあり得るので、よくそちらの基準も参考にするとよいでしょう。

省エネ効果が高い家電は一体なにか。

省エネ効果

この省エネ効果が一番高いのは冷蔵庫といえます。

24時間活動し続けており、かなり電気代に影響が大きいからです。また冷蔵庫の寿命は製品は性能の使い方でも違いますけれども多くのメーカーは10年から15年かです。

この15年で省エネ技術は、著しく進化していきます。断熱性や効率の良い機会の改良によってco2排出量は50%以上10年の間で削減されています。

co2排出量が削減されるということは、単に環境に優しいというだけではなく電気代も安くなっているということを見逃してはいけないでしょう。400Lサイズでは年間8500円削減できると、資源エネルギー庁が試算しています

。光熱費の差だけでも10年ちょっとで新製品の購入費がかかってしまうという現実が、あるのです。

壊れていないのに捨てるのはもったいないと考えがちですが実は寿命を超えて働かせ続けている方が、効率が著しく悪化しておりエネルギーを無駄にしているという面があり、電化製品はそういうものなのだと割り切って寿命がきたら最新の省エネ性に品に買い換えた方が長い目で見るとそれほど安く済ませているということが言えるのです。

省エネ冷蔵庫

冷蔵庫はライフサイクル全体の中で使用している時の8割以上のco2が、排出されていますが使い方を工夫すれば10年から15年という寿命を過ぎて働かせてしまった場合に、そのエネルギーが必要以上に増加してしまいます。

単なる光熱費などと言った、ランニングコストの部分だけではなく製造や廃棄にかかるエネルギーなども、含めて考えないといけないのです。

製品が生まれてから寿命は迎えて廃棄されるまでに、かかるトータルエネルギーコストがライフサイクルコストと言いますがノートパソコンなどの場合ですと、製造時のエネルギーがほとんどで使用時のエネルギー消費はほとんどないので、買い換える頻度が高いとそれだけエネルギーコストが増えてしまうということを、意味します。

冷蔵庫はサイズが大きいものほど省エネ性能が高くなっているので小さいものを、買ったほうがいいという考え方も間違いです。

テレビやエアコンなどの場合はサイズに応じて、消費電力が大きくなりますが冷蔵庫は他のか前とは違ってサイズの大小は電気代の削減に、ほとんど関係ないのです。

クーラーボックスと同じようなもので食品を、入れる箱が大きくなっているが小さくなっているかというだけの違いだからです。

ポイントとしては効率よく冷やすコンプレッサーと冷やした空気を、外に逃がさない断熱材の性能が高いかどうかという点になります。

大きなサイズの冷蔵庫は、そこに資金が投入されるので初期費用はもちろん高くなりますが省エネ性能も、それに従って高くなるのです。

逆に小さい冷蔵庫の場合はメーカーも、そのコンプレッサーと断熱材にコストをかけないようにするので、省エネ性能は落ちる傾向にあります。

省エネ冷蔵庫選び方をしっかり理解しよう。

省エネ冷蔵庫

以上の点から考えて省エネ冷蔵庫の選び方ガイドとしては、まずポイントと1としては24時間365日働き続けるのでその消費電力量が家電の中でも最大であることを抑え、その省エネ性能の高いものを選ぶということが、非常に大切なポイントになります。

そして選び方のポイントとしては統一省エネラベルをしっかり読みその星の数が多いものを選ぶと良いということです。

もちろん省エネラベルの「e」の文字がグリーンになっているものを、選ぶようにしましょう。それから年間電気代も書いてありますので、それもよく読みその年間電気代が安いものを選ぶようにすることによって、その大きな電気代の節約につながるのです。

それからもう一つのポイントはしんきゅうさんというサイトに行き、消費電力量とco2排出量を調べてみることです。

これは誰でも無料で利用できる省エネ製品買換ナビゲーションであり環境省が行っている製品によってco2がどれくらい排出しているかということが、判断できるサイトです。

おすすめの商品としては600リットル近いものであれば、三菱電機の「mrmx57E」がかなり省エネ性能が高いと言えるでしょう。

もちろん「切れちゃう瞬間冷凍」や、「氷点下ストッカー」それから「真ん中にある野菜室」など使いやすさも抜群です。

MITSUBISHI スマート大容量冷蔵庫 MXシリーズ
最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする