冷蔵庫を買う時のおすすめポイントを詳しくご紹介!

冷蔵庫選びのおすすめポイント

冷蔵庫の購入で知っておきたいおすすめポイント

量販店の冷蔵庫売り場に足を運ぶと種類がたくさんあって、どれを購入したらいいのかわからなくなるものです。大きさ以外はどれも同じなんじゃ、と思う方もいると思います。

そこで今回は冷蔵庫を購入する際の注意事項と、ポイント、おすすめ冷蔵庫についてご紹介して行きたいと思います。

購入時の容量や大きさを選ぶポイント

購入時の容量や大きさを選ぶポイントについてご説明します。

まずはじめに、一般的な冷蔵庫の購入時のポイントをお伝えします。冷蔵庫はご家族の人数によって容量を選ぶ必要があります。

【ご家族の人数分の容量(70リットル×家族の人数)+常備品容量(100リットル)+予備スペース(70リットル)】

こちらが基本的な必要な容量の計算方法となります。もし冷蔵庫にあてるご自宅のスペースがもう少し余裕があるのであれば、上記の算出容量に+30リットルから50リットルあれば十分でしょう。

冷蔵庫の説明には単純な本体寸法とは別に、「据付必要寸法」と「放熱必要寸法」さらにドアを開けた時の「奥行き寸法」が表記されているのでしっかり確認しておきましょう。

一般的には冷蔵庫の周囲に左右は1cmから10cm、上部は5cmから10cmの放熱するためのスペースが必要です。

搬入経路

搬入経路のポイントについてご説明します。設置場所までの経路が直線である場合は、本体の横幅または奥行きの幅に+6cmの通路幅が必要となります。最少経路の事前確認をしておきましょう。

単純にドアの幅ではなく、開いた時にドアノブの分も考慮して計測するようにしておけば安心です。また、ご自宅のドアの幅だけではなく、マンションであれば搬入経路、エントランスのドアの幅や奥行き、階段やエレベーターの幅や奥行きなど、事前に通過する可能性のある箇所は計測しておきましょう。

事項ではおすすめ冷蔵庫を紹介していきます。

VEGETA GRシリーズ

製品の特徴についてご説明します。食品をいつでも新鮮な状態でフレッシュさを保ったまま保存してくれます。また、野菜の栄養素などの残存率もアップしています。

冷凍モード、冷却モード、解凍モードにいつでも切り替えることができ、お肉やお刺身などの風味や旨みを逃すことがありませんので常に新鮮なまま食卓に並べることができます。また節電にも特化しており、24時間稼働のセンサーにより自動で省エネしてくれます。さらに鮮度を保ってくれる「新鮮ツインシステム」を搭載しています。

上段には、うるおい冷蔵室、選べる切り替えチルド、もっと潤う摘みたて野菜室の3つに分かれており、水分を含んだ冷気でみずみずしく冷やしてくれます。乾燥に弱い生ものの保存に適した低音で高湿度の冷却器となっています。

下段は、オートパワフル冷凍室、製氷室に分かれています。大風量のパワフルな冷気を発生させてくれるので、一気に冷凍させることができるので旨みや栄養が流出することはありません。

また、こちらの製氷機は製氷専用冷気を搭載しているのでニオイうつりする心配がありません。

なんといっても特におすすめなイチオシポイントは「摘みたて野菜室」です。うるおいを残したまま冷やしてくれるので、野菜の糖度や栄養素を流すことなく保存できるのです。繰り返し送り込まれるうるおい冷気が野菜の乾燥を防ぎ、新鮮さを残すことができます。さらに、野菜の劣化の原因となるエチレンガスを分解してくれるので変色を防ぐことがことができます。

どんな人におすすめなの?
VEGETAGRシリーズは大容量な冷蔵庫なので、自炊が多く家族が多い方におすすめの商品です。週末に食材をまとめ買いしても新鮮なまま保存することができ、作り置きした料理も美味しさを保ったまま保存してくれます。

三菱 MXシリーズ

製品の特徴についてご説明します。野菜室が真ん中にあり、重たい野菜もかがむことなく楽々取り出すことができます。野菜室の上段は段違いの形状となっており見やすく整理しやすい構造となっています。

下段は大きな野菜が余裕で入るほどのスペースがあります。真空断熱材に囲まれた野菜室はうるおいをそのままキープし、無駄な冷気を抑制して湿度を保つことができるのです。

お肉やお魚など冷凍保存する必要がある生ものは-7℃で冷凍するので、冷凍なのに解凍せずにそのまま調理すらことができるので時間短縮することができます。また、見た目はかなりスマートですが驚きの500リットル以上保存できる大容量を誇っています。

断熱性能はそのままで、薄型化に成功し省エネにも特化しています。

MXシリーズの「朝どれ野菜室」には、業界初の赤・黄・緑の三色LEDを搭載しており、光の力を使って保存しているだけで糖度やビタミンなどのやつ栄養素を増やすことができます。こちらの三色LEDには、緑化促進の効果もあるので冷蔵庫に入れているだけで、いつもの野菜が色鮮やかになります。

どんな人におすすめ?
三菱MXシリーズは何と言っても、調理がいつもより時間短縮して行えることがポイントです。忙しい朝にも遅く帰ってきた夜にも解凍する時間を待つことなくすぐに食卓に料理を並べることができますので、忙しい共働きの夫婦に特におすすめです。

日立 HWシリーズ

製品の特徴についてご説明します。新冷却システムを搭載し、冷却器とファンを冷蔵室専用と冷凍室専用および野菜室専用に二つに分かれています。

こうすることで湿度低下を抑え、新鮮さをそのままにして食品にうるおいを与えることができます。

さらに、低音冷蔵というモード搭載で冷蔵室専用の大風量ファンで冷蔵室の温度を約2℃に保つことができ、菌の繁殖を抑えることができるほか、温かいものでもすぐ冷蔵庫に入れることができます。

「トリプルパワー脱臭」機能により、気になるニオイうつりを抑えることができるので安心です。鮮度スリープ野菜室では、みずみずしさを7日間キープすることができるので野菜の栄養素を損なうことなく眠らせるように保存できますので、まとめ買いにも大変便利です。

新鮮冷凍室では大型アルミトレイを用いて素早く凍らすことができ、深さ約5cmの浅くて広い構造となっているので一目で食品の見分けがつき取り出しも楽々です。さらに素早い冷凍で食品の細胞を壊すことなく冷凍できるので鮮度もそのままです。

また、専用のセンサーが搭載されているので食品の温度を検知し自動で冷凍室内の温度を設定してくれるのです。

HWシリーズは日本製の「真空チルド」を採用しています。お肉や魚などの生ものを約0.8気圧の真空で密閉保存することができます。それによって、低酸素で酸化を抑えることができたり、ラップなしでも乾燥を防ぐことができます。約−1℃で凍らすことなく生ものの鮮度を守り、見た目も鮮やかなまま風味や食感も守ります。7日後でも加熱調理しても美味しさを保つことができるのです。

どんな人におすすめ?
こちらの商品も家族が多い人向け、健康志向の人におすすめです。まとめ買いしたいけど、新鮮さもキープさせたい人にはうってつけです。

まとめ

お読みいただいて、いかがでしたでしょうか。冷蔵庫とひとくくりに見てみても、たくさんの種類や豊富な機能を搭載しているのです。

ご自身の生活環境や調理方法によってじっくり選んで購入することをおすすめします。また、ご自宅の出入り口の構造や幅をしっかり測ってから購入する必要があります。

ご家族の人数や、まとめ買いの有無に合わせた冷蔵庫の幅や奥行きを把握しておくことがスムーズに購入するポイントになります。

本日紹介の冷蔵庫

VEGETA GRシリーズ
大容量な冷蔵庫VEGETA GRシリーズ
三菱 MXシリーズ
時短料理は主婦の強い味方 三菱 MXシリーズ
日立 HWシリーズ
健康志向の方に 日立 HWシリーズ

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする