加湿器のいいところまとめ!部屋の湿度を変化させるメリット色々

加湿器は乾燥した空気に湿気を与える

加湿器は乾燥した空気に湿気を与える
寒くなると静電気が発生します。
それは空気が乾燥しているためです。
空気が乾燥すると肌の水分が失われ、風邪などの感染もしやすくなります。

加湿器のいいところは、湿度の低い部屋の湿度を上げることができます。
風邪のウイルスは一定の湿度があると力が弱まります。加湿器は、風邪などの予防をするためにも必要な家電製品の一つといえるでしょう。

加湿器は希望の湿度を保つことができる

加湿器は希望の湿度を保つ
加湿器はいくつかのタイプにわかれます。

安いタイプだと、とにかくどんどん水分を空気中に送ります。
加湿は良いですが、過湿状態にしてしまうことがあります。

加湿器の中には、所定の湿度をキープできるタイプがあります。
健康にいいのは60パーセントから70パーセント程度とされていますが、その辺りの湿度がキープされるので、体の健康も守られやすくなります。

加湿器は加湿のタイプが機種で異なる

加湿のタイプ
加湿器は家電量販店に行くと買うことができますが、加湿のタイプが複数あります。

一般的な加湿器は、水を加熱してその水蒸気を空気中に送るタイプです。
その他、水に細かい振動を与え、それによってできた細かい水の粒子を出すもの、さらに水を空気で飛ばすタイプがあります。

複数の性能を組み合わせたハイブリッド式などもあり、電気代などを節約できます。

加湿器は部屋の広さなどで選ぶ必要がある

加湿器は部屋の広さなどで選ぶ
加湿器を購入するとき、使う部屋に合ったものを選びます。

寝室など狭い部屋で使うとき、リビングなど広い部屋で使うときで加湿器は異なるものを使わないといけません。
それぞれの機械は、湿度の成分を放出する力が異なります。

広い部屋の場合はよりパワーが必要になります。
逆に狭い部屋に強いものを使うと、加湿されすぎてしまうことがあるので注意しましょう。

加湿器には空気清浄機能が付いたものがある

空気清浄機能
花粉であったり、ハウスダスト、その他空気中の物質に気を遣う時代になっています。
加湿器の中には、空気清浄機の機能が付いたものがあります。浮遊物などは水分が付くことによって取り込みやすくなることがあります。

ですから、加湿器と組み合わせることで、より空気がきれいになる場合があります。
それ以外にもマイナスイオンが出る機能が付いているものもあります。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す