こたつコスパ最強説を立証!まだまだ節電できるこたつの活用術

こたつってどれくらい節電できる

実際こたつってどれくらい節電できるの?

様々な暖房器具の中で一番電気代が安いのがこたつ。

それは知っているけど具体的にどこまで安いのか、徹底検証してみました。

さらに節電できる方法も併せてご紹介致します。

こたつの1時間当たりの電気代

一般的なこたつの消費電力は600wほどで、東京の電気の単価の基本的なプラン(1kw/hあたり25.91円)で計算すると、こたつにかかる電気代は1時間あたり15.54円です。

しかし最近のこたつには、サーモスタット機能というこたつの中の温度を自動的に感知して温度が一定温度以上になるとオン・オフを繰り返す機能がついており、実際はもっと安く済んでいます。

この機能で従来のこたつの電気代が約4割減します。

その為、こたつ内の温度を下げないよう保温を徹底すればその分節電に繋がり、うまく使えば1時間あたり約1~4円ほどと言う激安価格になります。

お部屋やこたつ布団などの環境に左右されますのであくまで目安ですが、とにかくこたつはうまく使えばとっても安いということが分かります。

各暖房器具の電気代を徹底比較

各暖房器具の電気代

こたつ 2円~5.1円

(消費電力を弱運転時80Wh、強運転時200Whとして計算)

エアコン 3.4円~38.4円

(消費電力を135Wh~1485Whとして計算)

セラミックファンヒーター 13.7円~30.3円

(消費電力を弱風時530Wh強風時1170Whとして計算)

オイルヒーター 12.9円/18.1円/31円

(消費電力を500Wh/700Wh/1200Wh切り替え式(8畳向け)として計算)

電気ストーブ 25.6円

(消費電力を990Whとして計算)

カーボンヒーター 11.6円/23.3円

(消費電力を450Wh/900Wh切り替え式として計算)

パネルヒーター 15.5円/25.9円

(消費電力を600Wh/1000Wh切り替え式として計算)

ホットカーペット(2畳用) 5.8円~8円

(消費電力を225Wh~311Whとして計算)

※1kWhあたりの電力量単価を25.91円として計算

どの暖房器具もあくまで目安ですが、比較するとやはりこたつが一番コスパが良いようです。

最近はエアコンも省エネが進みだいぶ電気代が安く済むようになりましたが、部屋が冷えている最初は電気代が高くなり、温まってくると安く済むので、少しふり幅のある目安数字となっています。

ホットカーペットも最初温まるまでにかなり電力を消費するようです。

さらに節電!こたつ活用術

こたつ活用術

さらに賢くこたつを活用する方法をまとめました。

・しっかりしたこたつ掛け布団を使用する(保温)

・掛け布団だけでなくラグや断熱材を床に敷く

・こたつ内に湯たんぽを置く

・温度設定を弱にする

こたつを節電して使うには、とにかく保温が一番重要で、密閉性を高くすることでサーモスタット機能もよく働いてくれます。

こたつの熱は床から逃げるので、床に断熱材を敷くのも効果的です。

断熱材で1シーズンに約1000円の節約になります。

こたつを置いてもおしゃれなお部屋に!

こたつを置いてもおしゃれなお部屋に

デザイン性を損ないそうなこたつですが、今時はおしゃれなこたつもたくさん出ています。

通常こたつはテーブルの裏に暖房部分がポッコリ出ていますが、最近はフラットタイプもあるので、年中使用することが出来ます。

こたつ フラットタイプ

こたつを冬らしいインテリアとして楽しむ

こたつを冬らしいインテリアとして楽しむのもアリですね。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す