洗面所・トイレが寒い!速暖セラミックファンヒーターで快適に!

セラミックファンヒーター

速暖セラミックファンヒーターは小さな空間をすぐ温めるのに最適な暖房器具

セラミックファンヒーターはあると便利な冬の暖房製品です。通販やホームセンターなどでも多くの製品が売っているため、購入する際に悩む方も多い。購入前にセラミックヒーターの選び方や優れている理由をチェックしておきましょう!

速暖性で選ぶと良い理由

暖房器具には様々なものがあり、機能性も製品によって違います。

リビングや寝室などを暖めるのであれば、エアコンや石油ファンヒーターを利用すればいいですが暖まるまでそれなりの時間がかかります。

それは機器自体が暖まってから作動するため、結果時間がかかるためです。しかしトイレや洗面所といった場所で使う場合には、その場にいる時間もそれほど長くないためすぐに暖めてくれることが必要です。

そのため広くなく長時間いる場所でない場合は、速暖性で選ぶことが大切になります。

トイレなどは夜中に行くこともあり、とても冷え切っている場所でもあります。その際に速暖性に優れた機器であれば、すぐに快適になり便利です。

急激な温度変化はヒートショック現象を引き起こす原因にもなり、冬場の寒いトイレや洗面所には速暖性のある暖房器具はとても重要なものになります。

サイズについて

暖房器具はサイズが大きければそれだけ暖める範囲も広くなりますが、その反面設置する場所も大きな範囲が必要になるため狭い場所には不向きです。

トイレや洗面所は大きさも限られているため、大きすぎるものは設置できません。

そのため小型なものがいいですが、その中でも薄型であれば狭い場所でも十分に使えるものになります。

特にトイレなどはスペースも大きくあるわけではないので、設置してもストレスにならないサイズのものがオススメです。

奥行きがある機器の場合、出っ張るため体に近い位置で作動することになります。そうなってしまうと温度設定や強弱の調整ができないと、快適になるどころか逆に熱すぎて使い勝手が悪くなることもあります。

そのようなことを避けるためにも、小型で薄いものを選び設置場所もよく考えることが大切です。

あるとよい機能について

暖房器具には様々な機能がついており、便利に使えるものもたくさんあります。トイレや洗面所という限られた場所で使う場合には、しっかりと押さえるべきポイントを把握して選べるようにしておくことが大事です。

人感センサー

トイレや洗面所に暖房器具を設置しても、それを忘れていることもあり作動させないまま出てしまうこともあります。そのような場合には宝の持ち腐れとなってしまうので、人感センサーがついている製品だととても便利です。

人感センサーがついていれば人の動きを感じて、自動でスイッチを入れてくれます。そのためトイレに入る場合は扉を開けて反応してくれれば、その分だけスイッチを押す時間を節約でき早く暖めることが可能です。そうすることでできるだけ快適に利用することができるので、あると便利な機能です。

また消し忘れ対策にもなり、人の動きがなくしばらくすると自動で運転停止してくれます。これにより消し忘れによる危険、連続運転による余計な電力の消費を抑えてくれます。

転倒防止

また、転倒防止もとても重要なことであり、狭い場所や見づらい場所で使う場合などとても役立つ機能です。

洗面所で顔を洗っているときに転倒させてしまった場合、すぐに戻そうとしても洗い終わらないと戻すにも戻せません。

そのためヒーターが高温になっている場合、床が焼けてしまう危険がありとても危険です。

しかし転倒時電源オフにする機能があれば、倒した時やぶつかって強い衝撃を与えたときなど消してくれるので安心して使うことができます。これらの機能以外にも、吹き出し口の角度調整や温度調整などが行えるととても快適に利用することが可能です。

セラミックファンヒーターが良い理由と石油ファンヒーターがダメな理由

トイレや洗面所に利用する暖房器具は、セラミックファンヒーターのほうがいいです。

これはセラミックファンヒーターは速暖性に優れ、比較的空気を汚さないからになります。

長時間利用しない場所に使うからこそすぐに暖まることが必要で、セラミックファンヒーターであればすぐに温風が出ますが石油ファンヒーターでは数分かかります。

そのため石油ファンヒーターを使うと暖まるまでに用が済んでしまうこともあり、利用する場所としても不向きです。また狭いため換気扇が回っていても、空気が汚れやすいものは利用するには向きません。

その他にも大きさの問題がありセラミックファンヒーターは薄いものもありますが、石油ファンヒーターはある程度の厚みがあります。これにより設置できる場所が限られてくるということもあり、セラミックファンヒーターのほうが人をピンポイントで暖めるという点では使いやすいです。

しかしリビングなどで使うには石油ファンヒーターのほうが全体を暖められるので、利用場所によって使い分けることが必要です。

冬場は暖かい場所と冷えている場所の温度差が大きく、ヒートショック現象の危険性が高まる時期になります。トイレや洗面所に脱衣所などはそういったことが起こりやすい場所でもあるので、暖房器具を設置して対策することが大事です。

速暖性に優れている 薄型を選べば置く場所に困らない 人感センサーや転倒防止機能があるとよい 比較的空気を汚さない

寒い日の夜のトイレって目が覚めるよね。
セラミックファンヒーターがあれば快適な空間になりますね。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする