電子レンジの選び方とは?自分の使いやすいタイプを選ぼう!

レンジはワット数で力を選ぶ必要がある

レンジはワット数で力を選ぶ必要がある
加熱調理をするとき、温度が重要になることがあります。
何度で何分調理するなどと決めることがあります。

レンジの場合はワット数で表示されることが多くなります。
500ワットや600ワットなどです。料理本などでもレンジで加熱をするときにはワット数と時間が示されることがあります。
ワット数の種類が多いと、いろいろなパターンに対応しやすくなります。

レンジは回転するタイプとしないタイプがある

レンジは回転するタイプとしないタイプがある
レンジは、食品にマイクロ波を当て、水分が振動することによって加熱をします。
以前であったり安いタイプは回転するタイプが多いです。

マイクロ波の当たり方が偏らないように回転させています。
一方レンジの種類によっては回転盤がないものもあります。

マイクロ波が庫内を反射するので、回転させずとも均等に加熱できます。
より広く使うことができます。

レンジの焼く調理は不可能から可能にさせた

レンジの焼く調理は不可能から可能にさせた
レンジは食材を温めることはできますが、オーブンやグリルは別途機能が付いていないとできませんでした。
レンジ機能しかついていないものだと焼き魚などは作れませんでした。

今はレンジで焼き魚を作るための陶器の鍋などが売られています。
陶器自体が高温になり、そこから焦げなどをつけられるようになっていて、焼く調理も可能になりました。

今のレンジは自動的に加熱時間を決めてくれる

今のレンジは自動的に加熱時間を決めてくれる
レンジには2つのダイヤルなどが付いていることがあります。
一つはワットの調整、もう一つは時間の設定です。

しかし時間などがはっきりわからないことがあります。
レンジによっては、食品を庫内に入れスタートを押すだけのタイプがあります。

自動的に温まり具合を見て、停止してくれます。
時間を設定することなく、好みの温度に加熱することができます。

レンジは家族でサイズを選ぶとよい

レンジは家族でサイズを選ぶとよい
レンジにはサイズがあります。
15リットルぐらいだとかなりコンパクトです。

家族が多くなるにつれて料理の数なども多くなるので、容量が大きなレンジを選んだ方が良い場合があります。
目安としては、4人家族なら25リットルぐらい、もっと多い場合には30リットルぐらいを選ぶこともあります。
大きい場合は一度に温めることができるので、時間も短縮できます。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す