【後悔しない】電子レンジの選び方

【後悔しない】電子レンジの選び方

種類の豊富な電子レンジは何を選んで良いか迷ってしまうものですが、ポイントを絞ると決めやすくなります。

【後悔しない】電子レンジの選び方

電子レンジの種類

単機能レンジ

食品を温める機能だけのレンジで、マイクロ波という波長の短い電波を使用して食品を内部から温めます。

温めるだけの基本機能のみのものであるため、多機能タイプと比較すると家庭向けの製品は安価なものばかりです。

調理をせず温めの機能があれば良いというのであれば、単機能で十分です。

注意点としては温めムラが出やすいため、気になるのであればターンテーブルタイプやセンサー付きのものをおすすめします。

センサー付きであれば、大きなものを温めるときに引っ掛かることもありません。

オーブンレンジ

温め機能の他に、オーブンやグリルなどの調理もできるタイプです。

熱風をファンで循環させて油を使わずに揚げ物ができる機種や、過熱水蒸気を利用して調理するスチームオーブンなど高機能な製品もあります。

これらの高機能タイプと比較すると安い価格帯で購入できますが、焼き加減や加熱のムラが出やすいです。

オーブンでトーストを焼くなどの簡単な調理をしたいのであればオーブンレンジで良いですが、凝った料理をする場合は高機能タイプがおすすめです。

スチームオーブンレンジ

オーブンレンジの機能に蒸気を出す機能が加わったもので、蒸し料理もできるものです。

蒸し料理だけではなく肉まんなどの蒸し料理を温めるときも、ふっくらとした仕上がりなるのが特徴です。

スチームの方法は2種類で、「角皿スチーム」と「タンク式スチーム」あります。

角皿スチームはオーブンの鉄板に水を張って水蒸気を発生させるタイプで、タンク式スチームはタンクに入れた水を蒸気にして庫内にスチームを出すタイプです。

意外に大事なポイント

庫内容量

一人暮らしで温めるだけの場合や、簡単なオーブン料理程度であれば20L以下で良いでしょう。

2人暮らしは20Lから25L、3~4人暮らしは25~30Lがおすすめです。また、人数に関わらず本格的なオーブン料理をするには25~30Lが向いています。

作る料理や家族の人数など、暮らしに合わせた容量選びが大切です。家族の人数が4人であっても別々に料理を温めるような使い方をするのであれば、容量は小さめでも問題はありません。

ターンテーブル

テーブルあり

マイクロ波が出てくるところが一ヶ所であるため、テーブルに食品をのせて回すことで均一過熱できます。

しかし、大きいものを入れると庫内で引っ掛かって上手く回らずに上手く温まらずにムラが出てしまいやすいです。

フラットタイプ

庫内が平らで、温めはセンサーで管理することで均一に過熱します。テーブルがないので掃除がしやすく、四角いお皿やお弁当箱も入れやすいです。

センサーがついているため、温度を自由に調整できるためアイスクリームの解凍もできます。

調理機能

ノンフライ調理

ノンフライ調理は油を使わずに、熱風を対流させて食材を焼き上げて揚げ物ができる機能です。

油を使わないで揚げ物ができる理由は油の中のように庫内を高温にすることができるからです。ただ高温で加熱するだけではなく、庫内に対流を起こすことで均一な温度に保つことでノンフライ調理は可能になります。

油のような高温の環境を庫内に作り出すことによって、油の中にいれて調理しているのと同じ状態を作れるため油なしで揚げ物ができるのです。

ウォーターオーブン

過熱水蒸気を利用した機能で、ヒーター利用した加熱方法より油分や塩分をカットできる効果があります。

過熱水蒸気とは、水蒸気を更に加熱して100℃以上まで熱した気体です。これを利用するとヒータの加熱よりも温度上昇が早いため、より多くの油分をカットできます。

塩分も水蒸気が食材につくと塩分濃度が低い表面の水に移動する浸透圧によってカットできます。

油分や塩分はカットしますが、水蒸気で乾燥を防げるため美味しさは損なわずに調理できるのが特徴です。

グリル機能

オーブン機能と同じで庫内のヒーターで調理するのは同じですが、庫内の温度設定ができるのに対しグリル機能は最高温で加熱する調理方法です。

オーブンは温度を保つことで食品の内部までじっくり火を通し焼くため、スポンジケーキやパン作りに向いています。

グリル機能は、最高温で加熱するため温度調整はできません。じっくり焼く料理には不向きですが、表面を短時間で焼くため焼き魚やピザなどの料理を作るときに活躍します。

その他意外と忘れがちなポイント

お手入れのしやすさ

レンジの庫内は調理中に油が飛ぶこともありますし、食品が爆発して飛び散ることもあるためお手入れのしやすさは重要です。

ターンテーブルありの場合、テーブルを外して掃除しなければならないためフラットタイプだと掃除がしやすいです。

ただし、フラットタイプでもヒーターが出ていると凹凸がある分拭きにくくなるためテーブルだけではなく庫内全体を見ると良いでしょう。

庫内の形状だけでなく、汚れが落ちやすくなる機能がついているものもあります。

寸法

オーブンレンジであってもスチームオーブンレンジあっても、本体のサイズだけではなく放熱スペースの確保が必要なため注意しなければなりません。

放熱スペースが足りていないと、熱によって壁が焦げたり変形したりします。

燃えやすい物や火気の近くにも設置できないため、放熱スペースをしっかりと考慮して置ける寸法を選ぶ必要があります。

スペースの確保が難しい場合、背面と壁とのスペースなしで設置可能な機種もあるのでチェックすることをおすすめします。

失敗のクチコミ

スイッチを押した後、加熱している間や冷却中の音がうるさかった

マニュアル通りに調理したのに上手くいかなかった

加熱ムラが多く、温めが上手くできない/解凍機能を使ってもちょうど良い解凍にならない

単機能レンジだったためトーストを焼けなかった

お手入れが面倒で温め機能以外使わなくなった

色が派手でインテリアに合わない

スチーム用の水が残ったときに捨てにくい

機能が少なくて料理をしにくい

家族全員分のグラタンをまとめて焼きたいのに小さすぎて入らない

などのレンジ選びで失敗したというクチコミがありました。

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする