サーキュレーターとエアコンの相性抜群!サーキュレーターの効果的な利用方法

サーキュレーターは空気を撹拌してくれる道具

サーキュレーターは空気を撹拌してくれる道具
サーキュレーターというのは空気を撹拌することが目的の道具であり、直進性の強い風を発生することができるのが特徴です。

扇風機と違うことは直接風に当たることを目的としているのではなく、空気の撹拌がメインとなっていますから扇風機よりも強い風が発生して部屋中の空気を撹拌しやすいようになっています。

そのため、使い方次第では扇風機と違って一年中便利に使うことができるのです。

サーキュレーターと扇風機の違う具体的な点

サーキュレーターと扇風機の違う具体的な点
サーキュレーターと扇風機の役割の違いとしては、空気を撹拌することが目的かどうかというものがありますが、機能的な違いとしては直進性の強い風がでるということであったり、デザインの種類が豊富にある、首振り機能がついていないことが一般的であったり音が大きいといったものがあります。

ある程度の風量が無ければサーキュレーターとしての役割を果たせないため、音量に関しては静音のものと比較をするとうるさくなってしまうのが欠点です。

サーキュレーターは扇風機よりも出力が強く風邪も直進に運んでくれるため遠くまで風を届かせることが出来部屋の空気循環が効率的に行われ扇風機は直接体に風を当てるようなイメージなので風も弱く放射型に広がるような風を作り出します。

サーキュレーターは置き方が大事

サーキュレーターは置き方が大事
サーキュレーターを効率的に使う場合には、置き方が重要となってきます。

一般的な置き方としては、夏場は部屋の下の方において床にたまった冷たい空気を、部屋の上部に向けて送ると部屋が全体的に冷え快適になります。

冬場はその逆で暖かい空気は部屋の上部に溜まりやすいものですから、それを部屋の下に送り込むようにおくと部屋全体があたたまることになります。

置き方は色々試してみるのが良い

サーキュレーターは基本的な置き方というのはありますが、必ずしもそれがベストというわけではなく人それぞれ好みがあるので、好みに合わせて場所を変えてみることも大切です。

夏場の場合には、部屋全体を冷やそうとするのではなく居住空間に近い部屋の下部だけ冷えればいいというのであれば、部屋の下部だけ冷たい空気が流れる環境を作るのも良いですし、冬場には部屋の下部の冷たい空気を部屋の上部に追いやって全体を温めるという方法もあるので好みで試してみるのもわるいものではありません。

意外と知らないサーキュレーターはエアコンと相性抜群!

意外と知らないサーキュレーターはエアコンと相性抜群!
サーキュレーターを上手く使うポイントは置き方が重要と説明しましたが特にエアコンと組み合わせて使用することで効率的に部屋を快適にすることが出来ちゃうのです。

暑い時期になってくるとエアコンの使用頻度が上がってきますよね。
しかし上で説明した通り温度差によって空気のかたまりが一部にたまりやすくなってしまいます。
その状況でエアコンを使用することにより部屋の中で温度差がはっきりと分かれてしまい部屋の場所によって体感温度が変わって快適な温度を保つことが出来ないのです。

そこでサーキュレーターを使用し空気の循環をしてあげることで冷たい空気と暖かい空気が上手く混ざりあって部屋の温度を均一にすることが出来るのです。

また扇風機でも同じような効果は得られますが、サーキュレーターと比べてパワーが弱いため効果が低いでしょう。

そのためエアコンとサーキュレーターの組み合わせは相性抜群なのです!

夏だけじゃない!サーキュレーターの使い道

一見サーキュレーターの使い道は夏場だと思いがちですが冬の部屋にもとても活用するべき要素が詰まっています。

夏の場合、エアコンなどで冷やした部屋の温度差をなくすためサーキュレーターで風を送ることで循環させ快適な温度を作り出すことが出来ましたね。

冬の場合、温めた部屋をサーキュレーターを使用することで効率的に部屋を均一に温めることが出来るのです。

エアコンの暖房機能を使うと暖かい空気が送り出されますが暖かい空気がそのまま上の方にたまりやすくなるためエアコンの暖房を使ってもなかなか暖まったと実感するのは少し時間がかかるのではないでしょうか。

しかしサーキュレーターを使って冷房の時同様に風を送りだし循環させることによって素早く部屋を快適な温度に温めてくれることが出来るのです。

夏も冬もエアコンで過ごしたい方にはサーキュレーターのダブル使いにより最も効率的に快適な部屋の温度を作り出すことが出来るのです。

サーキュレーターの種類は豊富

サーキュレーターは基本的に首振り機能がなかったり、静音面で扇風機に劣っていたりするものですが、最近は省エネなどが注目され様々な商品が登場してきたことによって首振り機能がついたものであったり、静音に配慮されているもの、また安価で購入できるものなどが登場してきましたから興味を持ったときにはじっくり商品を探して選んでみるのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す