シャープのエアコンが選ばれる理由とは?プラズマクラスターNEXTだけじゃないシャープのエアコンの魅力!

シャープのエアコンの評判って?プラズマクラスターなどの機能性

気になるシャープのエアコンの評判とは

気になるSHARP(シャープ)のエアコンの評判とは

エアコンは、一般的に平均寿命が13.6年と言われている事から1度設置すると故障するまで取外しを行うケースは少なく、エアコン内部にはカビなどが発生してしまい嫌なニオイやアレル物質などを含む風を部屋中に撒き散らしながら使用するケースも少なくありません。
しかし、シャープのエアコンは、フィルター自動掃除機能で内部を清潔に維持するだけで無く、プラズマクラスターパトロールでエアコン内部と室内の空気を清潔に保つ事から他のエアコンに比べて室内の爽快感が高いとする評価を受けているエアコンです。
また、シャープのエアコンは、室内の湿度を自分で選択する事もできる事から、空気の乾燥する冬季にも肌を乾燥させる事が無く、美肌効果が得られるとして主婦層からも高評価を得ています。
さらに、シャープ独自の技術であるプラズマクラスターイオンが、ニオイの原因菌を除菌する効果を発揮する事から部屋干しをしても嫌なニオイが洗濯物につきにくいと好評なエアコンとなっています。
トータルでかなり高い評価を得ているシャープのエアコンですが、従来のフィルターの25%の非常に細かいホコリブロックフィルターを使用しているのでエアコン内部が汚れにくいだけでなく、フィルター自動掃除機能や脱着式のルーバーやダストボックスで掃除もしやすいという点も評価されています。

シャープのエアコンの種類

シャープのエアコンには、現在2018年度モデルのHシリーズ2017年度モデルのGシリーズが展開されており、両シリーズにXとHに加えDとSの4種類があります。

プラズマクラスターネクスト

最上位モデルのH-XシリーズとG-Xシリーズは、小型モデルの6畳用~大型モデルの26畳用までの9機種が展開され、H-XシリーズとG-Xシリーズは気流制御機能や暖房機能及びエコ運転機能の面では機能的に大きな違いがありませんが、H-XシリーズだけにプラズマクラスターNEXTが搭載されています。
2018年度モデルのH-Hシリーズと2017年度モデルのG-Hシリーズは、プラズマクラスターNEXT以外に足もと温度コントロールやスピード暖房などの暖房機能及び風クリーンシステムの搭載がありませんが、2018年度モデルのH-HシリーズはH-Xシリーズと同様にルーバーが脱着式で水洗いが可能になった点とデュアルロングパネル気流制御になった点がG-Hシリーズとの大きな違いです。
H-DシリーズとG-Dシリーズは、プラズマクラスター25000や部屋干しなどのシャープのエアコンの特徴的な機能を搭載した基本的な機種であり、H-SシリーズとG-Sシリーズはプラズマクラスター7000とCOCORO AIRとしてスマートフォン便利機能を搭載した廉価版モデルとして小型モデルの6畳用~14畳用モデルまでの4機種の展開となっています。

シャープのエアコンの特徴

シャープのエアコンの特徴

シャープのエアコンの特徴は、冷房時と暖房時開閉方向が正反対の大きなルーバーを搭載した独特の形状に加え、エアコン内部と室内を除菌する効果を有するプラズマクラスター機能です。
プラズマクラスターNEXTは、2017年度モデルのG-XシリーズとG-Hシリーズ及びG-Dシリーズに加え、2018年度モデルのH-HシリーズとH-Dシリーズの5機種に搭載されているプラズマクラスター25000の2倍の機能を発揮するとされ、1立方cmあたり50,000個のイオンを放出する能力を有しています。
その為、タバコの付着臭の消臭効果や静電気の除電効果を従来よりも高めただけで無く、ニオイ原因菌の除菌にもより有効に働く事が実証されています。
プラズマクラスターイオンで満たされた部屋は、室内の空気が軽く感じられるだけで無く実際に空気から受けるストレス度合いも少ないとされ、プラズマクラスターNEXTはプラズマクラスター50,000よりも効果を感じやすくなっている特徴があります。
プラズマクラスターイオンは、室内を菌やウイルスの作用を抑制する効果に加え、ダニの糞や死骸も抑制する効果がある事からプラズマクラスターイオンの数が多いほど有益な効果が高くなります。
特に2018年度モデルのXシリーズは、2017年度モデルに比べてエアコン内部の風路構造上のロスの緩和だけで無くイオン発生部分に風路が集中する様に改良している事に加えルーバーが大型化された事により、室内にイオンが均一に拡散される様になっています。
また、プラズマクラスターパトロール機能と冷暖房機能が新しく分離した事でオフシーズンにもプラズマクラスターパトロール機能を使用が可能となっています。
最上位モデルのH-Xシリーズは、エアコンの人工知能が購入者の生活パターンやエアコンの使い方などを学習し、人工知能が自身がクラウドから入手した気象情報や地域性などの有益な情報と組み合わせて最適な運転方法を音声で知らせる生活アシスト発話機能が搭載され、消費電力や作動音の抑制に有効的に働きます。

シャープのエアコンの購入の決め手とは?

購入の決め手

シャープエアコンの購入決め手は、清潔な空気を供給し続けるプラズマクラスター機能とパワフルな快適冷房及び快適な睡眠をアシストする優しさ冷房機能であり、多機能にもかかわらず高いコストパフォーマンスです。
エアコンは、一昔前の機種に比べて省エネ性能が格段に向上しているだけで無く、室内を浮遊する菌やウイルスの除去機能やエアコン内部の自動掃除機能など付加価値が高められた機種が各メーカーから毎年の様に開発されており、同じ適用面積の廉価版モデルと最上位モデルで10万円程度の価格差があるエアコンもあります。
その為、購入に際しては、適用面積だけで無く自分達がどこまでの機能が必要かを明確化すると共に予算を見定めておいた方が堅実です。

購入の決め手

エアコンは、一般的に家族の利用時間の多いリビングに、省エネ性能が高くてプラズマクラスター機能やフィルター自動掃除機能などを搭載している付加価値が高い高額の上位モデルを購入する事が多いです。対照的に、寝室や子供部屋など面積の狭い部屋に設置する場合には必要最低限の機能を搭載している廉価版モデルを購入します。
しかし、地球温暖化の影響で熱帯夜が何十日も続く都市部では、就寝後設定時間でエアコンが停止する機能だけで無く、室内の温度や湿度を人工知能が検知して冷房機能や扇風機機能などを自動的に作動させ、快適な睡眠をアシストする高機能モデルを寝室に購入する人も増加しています。
エアコンは、適用面積が冷房よりも暖房の方が狭い特徴があるので注意する必要があり、北向きと南向きの部屋では冷暖房の効率が大きく異なるので南向きの部屋に設置する場合には1クラス上の機種を選択する方が無難です。

購入の決め手

エアコンの省エネ性能は、室内機の形状や冷房能力などによって分類された区分毎に省エネ性能の目標基準値が策定されており、省エネ基準達成率によって星の数で省エネ性能を評価する多段階評価で明確化されています。
省エネ性能は、省エネ基準達成率100%未満を星1つで表記すると共に100%~107%未満を星2つで表記し、以後7%毎に星が増え121%以上で星5つの最高評価となる評価方法です。
省エネ性能は、星による評価方法の他にAPFと呼ばれる通年エネルギー消費効率もあります。
通年エネルギー消費効率APFは、日本工業規格が定める環境下で1kwで得られる冷房効果及び暖房効果を数値化したものであり、1年間で必要とされる冷暖房能力の総和を期間消費電力量で割る事で得られ、通年エネルギー消費効率APFの数値が大きいほど省エネ性能が高いエアコンです。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする