健康面でも期待大!スチームオーブンレンジの魅力

オーブンレンジの魅力

スチームオーブンレンジの魅力

外食続きで自炊しない方でも、スチームオーブンレンジが家に合ったらちょっと使ってみようかな?って思いませんか?単機能のレンジで温めるだけではなく、食材に合わせたあたためかただってできちゃう便利な機能が、他にもたくさんある多機能なスチームオーブンレンジ。最近では、スチーム機能をフォーカスして安く購入もできるようになり、キッチン周りの調理家電の中でも花形のアイテムについてご紹介いたします。

人気のメーカー商品、スチームオーブンレンジの魅力に迫る

オーブンレンジ

電子レンジでは加熱すると時間の設定や食材の密閉の具合によって、過熱できても水分が蒸発してしまったり、逆に十分な過熱が出来ず生暖かい仕上がりになったり、思い通りの結果にならないデメリットがあります。

反面従来型のオーブンは余熱の為の予備稼動を行うことが前提になっており作業調整に難があると言う問題を抱えていました。 これらの従来型の調理器具の欠点を克服し、手間も省いて調理そのものの代行も行ってくれるエポックメイキングを実現したのが、スチームオーブンレンジです。

オーブンレンジmain

スチームオーブンレンジとは、加熱水蒸気オーブンの別名も持ち、庫内に水蒸気を発生させた過熱で自動調理を行う器具のことを指しています。

従来のレンジ機能とオーブン機能を組みあわせた、複合的な調理過熱工程を実現した仕様を備えており、庫内は100度を超える高温環境を維持することが可能です。 通常のレンジやオーブンによる場合に比べて高温で調理できるのが特徴になっています。

スチームオーブンレンジは発売開始されて以降、高い人気を得ていますがその理由は、調理方法を問わない点にあるのは確かです。 スチームオーブンレンジ一台あれば煮る・焼く・揚げる・蒸すと言った調理手段をカバーできるので、料理のレパートリーが飛躍的に広げることが適います。

商品によっては調理台が上下二段のデフォルト仕様になっているものもあり、それぞれの段で異なる調理工程を駆使することが誰でも簡単に実行できる機能を備えているものもある訳です。

料理では調理工程の違いを意識することが、多様なレシピの為には大切なので一台で調理を集約できるスチームオーブンレンジは、多忙な過程にこそ推奨できる最先端家電の一つと評価出来るでしょう。

スチームオーブン、電子レンジ、オーブンレンジの違い

スチームオーブン、電子レンジ、オーブンレンジの違い

ここで従来から家庭でもお馴染みの、電子レンジやオーブンレンジとスチームオーブンレンジと違いについて考察してみましょう。 従来使用されてきた歴史を持つ電子レンジは、マイクロ波と言う電磁波の一種を食材に照射することで食材内部の水分に振動を生じさせ、その摩擦熱によって加熱するメカニズムを採用していました。

食材内部の水分に摩擦熱を起こすことから、短時間で比較的分量のある食材も加熱することができますが、一方で加熱時間の設定を誤ると水分が蒸発しすぎて干からびてしまったり、反対に十分加熱できないなどの欠点を抱えてるのは確かです。

電子レンジ登場以前から利用されてきたオーブンレンジは、ヒーターの熱で食材に加熱するというもので、機序は単純で西洋では古くから製パンや煮込み料理に利用されてきました。

ただオーブンレンジは家庭で使用するには加熱に手間どったり、十分な熱量を確保するには相応の機能も必要となり、必ずしも一般的な調理意具とは言えないのも事実と言えます。

これらの従来型の調理器具に対して、スチームオーブンレンジはヒーターの熱で加熱するオーブン機能をベースに、高温の水蒸気を食材にあてる機能を有する点に特徴を持っています。

蒸気は高い熱量を持ち、食材の水分を維持しながら加工を出来るようになっているので、従来のオーブンでは困難だった「蒸す」料理にも対応することが可能になっているのです。 おまけにスチームによって、食品を再加熱する温めなおし機能も標準装備されています。

今までは電子レンジで加熱しても、満足な加熱仕上がりを期待することは困難でしたが、スチームオーブンレンジで再加熱すれば食材のふっくら感やジューシーさはそのままに、頃合良く加熱された調理したての風合いも味わうことが可能になっています。

さらに水分を使用するので、高温の蒸気で調理することになり、従来の電子レンジに比較しても短時間で調理を終えることも出来るという訳です。

スチームオーブン、電子レンジ、オーブンレンジの違い

ところでスチームオーブンレンジには、「レンジ」の名前が付いているので電子レンジの機能も併せ持つかのような印象を与えますが、必ずしもそうではありません。

スチームオーブンレンジのなかには電子レンジの機能を持つものと、持っていないものがあり、スチームオーブンレンジ機能に特化した商品ほど電子レンジの機能を実装しない傾向があります。 もちろん電子レンジの機能を具備している場合には、蒸気を使わなければ電子レンジとして活用することが出来るのです。

ただスチームオーブンレンジには、オーブンレンジの為のヒーター機能に合わせて水蒸気を発する機能も実装されています。 そのため従来の電子レンジに比べると、サイズが大きめになっている訳です。従って同じ庫内の用量を有する電子レンジに対して、一回り大きいサイズになっています。

また単純な電子レンジには無い複雑な機能をスチームオーブンレンジには装備されているので、価格もやや高め。一般的には電子レンジの1.5倍から2倍ほどの価格設定になるのが通常です。 購入にあたってはサイズと価格、この二点に着目して商品を定めることが大切と言えます。

スチームオーブンレンジの効果

スチームオーブンレンジの効果

スチームオーブンレンジが高い人気を集めるのは、調理方法の多様さばかりでなく、健康面でも嬉しい機能を有しているからにほかなりません。 それではどのような健康面でのメリットを期待できるのか、スチームオーブンレンジの過熱工程に着目して考えてみましょう。

スチームオーブンレンジでは100度を超える高温の水蒸気を出すものもありますが、加熱水蒸気に食材がさらされるとその表面には水蒸気から変化した水分が付着することになります。 水分は気体から液体に変化する過程で周囲に熱を放出します。

これは凝結熱と呼ばれるものですが、加熱水蒸気の持つ熱量は大きく、食材表面で気体から液体に変化する際に、膨大な熱量が食材に伝わり温度が急上昇を見せます。

食材の温度が急上昇すれば、食材に含まれる油脂分も表面に溶け出すことになります。 高温に変化した食材はちじむことになる一方で、油脂分は高温状態では粘度が下がるので、油脂分が食材表面に押し出される形のなる訳です。

食材表面に浮き出た油脂は自然落下しますが、水蒸気が変化した水分がさらに油脂を洗い流します。 その結果高い脱油効果を発揮するので、中性脂肪などが気になるメタボリックシンドロームなどのケアにも、スチームオーブンレンジは役立ちます。 そこでスチームオーブンレンジは支持を集めているのです。

スチームオーブンレンジの調理方法

スチームオーブンレンジの効果

水蒸気の力を利用するスチームオーブンレンジですが、その機能を体感できるお手軽レシピを御紹介しましょう。 ここでは給水タンクを実装したスチームオーブンレンジを前提の蒸しパンのレシピとなっています

材料は薄力粉100gに牛乳100cc・ベーキングパウダー小さじ1、砂糖大さじ3杯と塩がひとつまみにサラダ油大さじ1杯です。 牛乳や薄力粉にベーキングパウダーなどの生地のベースになる材料は、ボールに入れてよく混ぜ合わせておきます。 別のボールに牛乳や砂糖などの材料をまぜておき、塩やサラダ油なども含めてよく溶かしておきます。

その後生地と液体をあわせて、良くかき混ぜておきましょう。カップケーキ用の型紙に完成したケーキ生地を流し込んで、スチームオーブンレンジで約25分加熱すれば完成です。 スチームオーブンレンジは水蒸気を使用しますが、サラダ油を生地にまぜることで、仕上がりがしっとりした質感となり、おいしく召し上がれます。

スチームオーブンレンジのご購入はこちら▶

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする