食器洗い機を買おうか迷ってる時に読む記事

食器洗い機を買おうか迷った時に

全国消費実態調査によると、食器洗い機の普及率は30%弱だそうです。

ですが、あったらいーな~と思う方は沢山いると思います。
ですが実際、場所を取りそうとか、ちゃんとキレイになるのか、とか本当に手間かからない。。とか。
結局は手洗いが1番でしょ。とか。そんなにお金をかけるほどでもな~とか。

そんな購入を迷う貴方に、食洗機を実際のところ買ったほうが得なのかどうか、調べてまとめてみました。

まずは食器洗い機を買った人の感想

食洗機は形がすこし変わっている食器には向きません。

私は断然!食洗機派です、慣れると本当に楽です。

手で洗った方が早いです、それにきれいだと思う。

デメリットは食器を買うとき、対応してるか確認の必要があること。

最初は洗い終わった時の匂い残りがすこし気になったかな。

ニオイが残るのを防ぐ為にも、汚れがヒドい時は予め水でサッと汚れを落とします。

食べ終わったら皿を入れておくだけで朝綺麗なので、めっっちゃ助かります。

今では食器洗いは私の担当になりました。家事担当が一つ増えた事になりますが負担は全く感じません。

洗う手間を考えないでいいので、大皿一個でのまとめ盛りをしなくなった


家事の負担軽減には皆さん断然役立っている様ですが、やっぱり人によって様々な感想です。

食器のデザインに凝る人にはあまりオススメではない様子。

また、完璧にキレイ!になったとしても、手洗いの仕上がりと多少は違う様子。
そこの感覚になれる事ができる人にはオススメだと思います。

そこで食洗機のメリット、デメリットをまとめてみました。

食洗機のメリット

  • まとめ洗いができる。
  • 手間がかからない。
  • 高温殺菌で確実に除菌できる。手洗いは少なからず菌が残る。
  • 水道代が節約できる。電気代は多少かかるけど、水道代と比較したら断然お得。
  • 手荒れが改善できる。寒い時期の水仕事が一つ減る。
  • 樹脂のまな板、コンロ上の部分、換気扇や、魚焼き器、オーブンのパーツ等丸洗いできる。
  • 漂白剤を少し垂らして利用すると、茶渋等もキレイに落ちる。
  • 子供の玩具なんかもものによってはキレイにできる。
  • 食後にのんびりできる。家事が減る。
  • 布巾の滅菌や買い替えを気にしなくていい。高温乾燥してくれる。

食洗機のデメリット

  • 油を一切使っていない食器等は汚れ落ちが悪い時がある。
  • ごはん粒、ほうれん草等がくっついたままカパカパになる時がある。
  • こびりつきや卵料理の場合は下洗いが必要になる。
  • アルミ製品や、塗り物の器や箸などは入れられない。
  • 据え置きタイプの場合、場所が結構取られる。
  • 引っ越す場合、分岐水栓の付け直しでまた費用がかかる。
  • 時間が結構かかる。
  • キレイに並べないと食器が入りきらない場合がある。
  • 洗った後、ガラスに白い跡が残る場合がある。
  • フィルターをこまめに掃除したりするなどのお手入れが必要になる。

食器洗い機の種類と値段

食洗機には大きく分けて「ビルトインタイプ」と「据え置きタイプ」があります。

ビルトインタイプ


キッチンの棚の中に設置したりするタイプで、工事が必要。
新居なんかにはあったりしますが、新しく設置する場合、結構な費用がかかります。

安い業者の場合は工事費用のみで7万円~位でしょうか。

組み込みを想定された新居のキッチンとかの場合は良いのですが、
新しく設置する際はそもそも設置できるか、細かい条件を見ていく必要があり、
電源の確保だったり排水、給水の整備等行っていくと、更に値段が跳ね上がる場合も有ります。

据え置きタイプ


こちらは、組み込まず、キッチンの片隅とかに置くタイプ。

据え置きタイプは工事費もいりません。

要るのは、給水ホースをつなぐために、必要な分岐水栓。大体4,000円くらいです。


これで、水を使えて、後は、排水ホースをつないでシンクに入れとくだけ。


価格も結構安価なものが目立ちます。

とはいえ、場所を取るので、いい感じの場所があればオススメです。

食器洗い機の価格

据え置きタイプの場合、現在の相場は大体2万~6万程。高くて何十万。

2人暮らしくらいなら2万で済みそうですが、やはり大家族で洗い物が多い場合、6万くらいはかかりそう。

ビルトインタイプの場合はそれプラス、工事費「18万円~22万円」が相場の様です。

食器洗い機を買うべきか

前述の通り、やはり便利にちゃんと使えるかどうかは人それぞれ、

食器洗い機を買ってはみたものの、使っていない人もいるそうなので、ちゃんと食洗機を使う習慣を付けられるかどうかもポイントになります。

・家事の負担軽減をどれだけ望んでいるか。
・食器のデザインには凝らないタイプか。
・手洗いとの習慣や仕上がり違和感を持たないか。

この3項目をクリアできれば、かなりオススメの商品だと思います。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す