出産の準備に家電?赤ちゃんにも家電が必要なんです!

ママになる前の準備に用意しておきたい家電と選び方のコツ

可愛い赤ちゃんの写真。

「出産準備になぜ家電が必要なの?」と思う方もいらっしゃいますよね。
しかし意外と育児に必要な家電がかなりあります。 哺乳びんの消毒器や搾乳器などの授乳関連用品、お湯を沸かすとき使う電気ポット、 赤ちゃんの月齢が経って離乳食を食べるときになると色々な材料を混ぜたり砕いたりしてくれるブレンダーが役に立ちます。
まず、これから新米ママになる人必見!出産前に準備しておきたい家電リストを紹介します。


加湿器

加湿器の写真。

赤ちゃんがいる家は適切な湿度の保つのがとても重要です。
室内が乾燥しすぎると肌や呼吸器の疾患、風邪などのウイルスに晒されますし、 逆に湿度が高すぎるとカビや細菌の繁殖で赤ちゃんが健康に育っていく環境に悪影響を及ぼします。

◎ 選びのコツ
加湿器は加熱の方法によって「超音波式」、「加熱式」、「気化式」があります。
「超音波式」はミストの量が多くて管理がしやすいです。しかし水の中の細菌が空気に広がる恐れがあります。 「加熱式」は水を沸かして純粋な水蒸気だけ出します。 超音波式加湿器の短所が解決できますが内部に異物が入り掃除が大変です。
「気化式」は超音波式と加熱式の短所を補った製品です。 不織布を滴状にした水に風を当てて蒸発気化させ、加湿するという方式で、電気代が安いというのも気化式加湿器の特徴です。 ただ、動作音が大きくなりがちであり、使用中は部屋の温度が下がるということにも注意が必要です。

※ 注意事項
加湿器は細菌の繁殖に注意しなければならないので管理がとても重要です。
水をよく定期的に入れ替え、1日一度はタンクを空にするのが理想です。 掃除で殺菌、消毒を徹して密閉されたスペースでの私用も避けたほうがいいです。 加湿器をよく使うなら2台を購入し交互に使うのもいいです。
また、水蒸気がでるとこは火傷の恐れがあるため加湿器は子供の手の届かないところに置きましょう。

加湿器を見に行く ▶

空気清浄機

遊んでる赤ちゃんの写真。

黄砂、花粉などで換気できないとき空気清浄機の役割は本当に重要です。 また赤ちゃんは大人に比べ熱損失が4倍もあるため保温が不可欠で随時喚起することもできません。
しかし換気をしないと室内に汚染物質やウイルス濃度が高くなってしまいます。 空気清浄機は全て同じに見えるかもしれませんがどんな方法で空気を清浄するかによって3つの種類に分けられます。
「フィルター集塵タイプ」は一番よく使われている種類で空気の中のホコリ、不純物の清浄など性能はいいですがフィルターの交換費用などの維持費が比較的高いです。
「静電気集塵方式」は集塵媒体として金属プレートなどを使い、空気中のゴミなどがフィルターを通過する時に静電気を発生させ、ホコリなどを集塵するものです。このタイプは匂いの消す効果が高いですがホコリを収集する機能はフィルター集塵タイプにくらべ劣ります。また他にも「マイナスイオン発生方式」があります。

◎ 選びのコツ
部屋の大きさや目的に合わせて選ぶ必要があります。適応畳数が狭い製品は空気清浄機能が低いです。
空気清浄機は室内の空気を吸い込んでフィルターで清浄しきれいな空気をまた室内に吹き出します。そのためフィルターはホコリを除去する機能とともに匂いや有害ガスを除去する機能も持っていなければなりません。
また作動時の静音性にも注意が必要です。普段使う時は最大55dB以下、おやすみモードの時は30dB以下の製品がいいです。赤ちゃんのための購入なら静音性は最も重要です。
最近は加湿と除湿機能を備えた空気清浄機がたくさんでているので両方の機能が必要であれば一台で解決できるよう購入の時参考すればよいのではないでしょうか。

※ 注意事項
空気清浄機はテレビ、冷蔵庫などの一般家電とは違い細やかな管理が必要です。 そのためメーカーの保証システムを確認するとよいでしょう。
フィルターを交換する製品か確認してフィルターの購入と交代容易さなどをちゃんと調べましょう。

空気清浄機を見に行く ▶

衣類乾燥機

赤ちゃんの服の写真。

赤ちゃんには衛生管理を特に注意しなければなりませんので赤ちゃんの服は常に清潔である方がいいですよね。
しかし洗ってもちゃんと乾かないこともありますし乾くまでに服が足りなくなるかもしれませんので最近のママ間では衣類乾燥機が流行っています。
リビングやベランダに長い時間洗濯物を干さなくてもいいのでスペースを有効活用できます。また日差しが足りない冬や梅雨の時もさらさらした服を着ることができます。

◎ 選びのコツ
電気式はコンセントさえあればどこでも使えますが、乾燥時間がガス式よりかかってしまいます。
一方、ガス式の衣類乾燥機はガス配管を連結しなければなりませんので置き場に制約があって、 設置費用もかかりますが電気式にくらべ乾燥がはるかに速いため選ばれる要因となったりします。
意外と電気代の差はほぼないのでどちらがいいかはあなたのチョイス次第になりそうですね。

衣類乾燥機を見に行く ▶

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする