最新トレンドのノートパソコンで負担を1/2に軽減する2in1タブレットPCがイケてる!

タブレットPC

ノートパソコンもタブレットもいいとこどり!2in1タブレットを調べてみた!

ノートパソコンもいいけど、タブレットも捨てがたい。でも2台持ちは面倒。そんな方におすすめの2in1タブレットPCをご紹介いたします。

ノートかタブレット悩んだら?

ノートパソコンとタブレットで悩んでいるなら二つの製品の長所を合わせた2in1タブレットPCが正解でしょう。普通のタブレットは片手に持って歩くことができて、何よりも軽いです。しかし、ノートパソコンで使用できるUSBやHDMIなどの拡張装置がないので性能はノートパソコンより低くなります。また、ノートパソコンは基本的に重いので携帯するには負担になった経験もあるのでしょう。
それで作られたのが2in1タブレットPCです。ディスプレイの本体部分を回転したり、キーボードを分離されて用途と環境に合わせてタブレットとして使用したりすることができる製品です。ノートパソコンのメリットを最大限活用しながら同時にタブレットのように手軽に携帯できるので携帯性を重視している方にも魅力的です。

2in1タブレットPCの選び方のKEY POINTは?>

2in1タブレットKeyPoint

2in1タブレットPCを買おうと考えているなら注目するべきポイントがあります。それは持ち歩ける重さなのか、必要なアクセサリーは揃っているか、欲しい拡張装置が搭載されているのかなどです。

2in1タブレットPCの重さは?>

平均重量
PC(13インチ)約1.3~1.8Kg
2in1PC1Kg前後
タブレット600g前後

2in1タブレットPCの最もいい点は軽さです。タブレットほど軽くないですが、ノートパソコンよりは軽いです。本体とキーボードの重さを合わせても1㎏前後のモデルが多く、厚さもノートパソコンより薄いので鞄に入れて持ち歩くにもいいです。
ほとんどの製造社はキーボードが必要ない時に本体から分離できる形で販売しているので、1㎏未満のタブレットのみでも携帯できます。しかし、分離ができるモノはモニターが360度回転できる回転型に比べて性能は足りているかどうかを考えることをおすすめします。

必要なアクセサリーは揃っているか>

アクセサリーの揃え

使用用途に合わせて形を変え売れる便利性も2in1タブレットPCの長所です。キーボードを回転し、立てると別のケースがなくても据え置きすることができます。その時ディスプレイをタッチスクリーンとして使用できます。例えばASUSのt304uaシリーズの場合には製品の後面にスタンドがついており、別途のアクセサリーが必要ないように制作しました。

活用度が上がる拡張装置は?>

拡張装置

2in1タブレットPCの強みはノートパソコンと同じぐらいの拡張装置を使用できることです。厚さは薄いですが、製品によって本体または、キーボード部分にUSBやHDMI、SDメモリーカード読み取り機などの様々な接続端子を搭載しています。
色々なポータブル機器とつないで使うことができます。その中で情報認識、処理、保存のためのUSBの活用度が一番高いです。スマートフォンのバックアップやファイルダウンロードなどのために接続することも多いので普通のタブレットPCよりメリットがあります。

スペックは?>

最近2in1タブレットPCのスペックがもっと向上しています。賢くなったCPUのおかげで色々なプログラムを使用できるし、多くの作業量をこなします。また、グラフィックの解像度が高くなって作業の他にもゲーム、映画鑑賞など余暇用としても高いクオリティを実感できます。

バッテリーは足りならないのか?>

ポータブルの機器の最新トレンドはバッテリー容量です。2in1タブレットPCも充電無しでもより長い間使用できるようにバッテリー容量が増えています。また、急速充電できる機能や、モバイルバッテリーにも充電できる機能などが追加されてポータブルとしての役割を損なわないようになっています。

汎用性が高くいつでも使える>

キーボード

キーボードが分離できる形はキーボードを分離してタブレットで使用する時もっと軽くなります。回転型はキーボードが360度回転できますが、脱着ができないので本体とキーボードを持ち歩かなければならず、多くの製造社はキーボードを分離できる形で発売しています。
しかし、回転型の変身は限りなく大きいです。一般的に使用すればノートパソコン、キーボードを90度回転して据え置きすればスタンド、キーボードを360度回転すればタブレットに変身します。最近の製造社は回転製品がノートパソコンを超えて様々なディスプレイの機器で使用できる点を強調しています。

おススメの2in1タブレットPC

ASUS T304UA-7200 Trans Book>

asus transbook

Trans Bookは軽くてしっかりしたマグネシウム合金ボディを使って約830gの軽さを実現しました。また、厚さはわずか8.85mmで、表面は傷つかないマグネシウム合金特有の高級感と質感を楽しめることができます。また、裏面のスタンドを利用して最大170度まで寝かせられるので自由に角度を調節でき、ペンで入力する時にもプレゼンテーションするときにも状況に合わせて適当な角度に使用できます。 脱着キーボードカバーはフルサイズのキーボードを搭載しており、1.4mmの深いキー入力できれいなタイピング感も確保し、長文を入力する時にも誤脱字しにくくなっています。また、指紋センサーが搭載され,
Window10にログインがしやすく、1.024段階の筆圧を感じられるASUSPENを含めているので普段書く通りに書いてもきれいな入力ができます。前面には約192万画素のカメラ、後面には自動焦点を対応してフルHD動画の撮影ができるやく768万画素のカメラを搭載しており、いつでも美しい風景を記録することができます。

Lenovo ZA160034JP YOGA BOOK>

asus transbook

LENOVOのYOGABOOKシリーズは2in1を超えて3in1を誇る機器です。最近、軽いパソコンがたくさん発売されていますが、YOGABOOKは690gで特にキーボードが内蔵している形では最も軽いパソコンです。また、タブレットの画面とキーボードを合わせて厚さわずか9.6mmという薄さです。キーボードは従来の物理キーではなくタッチ操作で入力するハロキーボードを搭載されて、インテルのモバイル用プロセッサatomを使用しているため1cm以下のノートパソコンが可能になりました。ハロキーボードの第一印象は感嘆を呼び起こしてくれます。薄くてきれいな黒いパネルの上、鮮明なLEDが明るく光っていてキーボードの間に塵が入ることもありませんし、コーヒーを注いても吹いたらまたきれいなキーボードに戻ります。また、YOGABOOKの核心機能はペンの入力です。YOGABOOKはWacom社が開発した「feel IT technologies」を採用して、デジタイザーペンとリアルペン二つの機能を提供しています。リアルペンは2,048段階の筆圧感知と傾き認識などの高級機能の使用ができ、内蔵されたwindows inkingソフトウェアで筆記などができます。また、リアルペンは別についているインクボールペンと替えることができて替えた後にはノートをキーボードに付けて筆記をすると紙に書いた内容がそのままにYOGABOOKに入力ができて便利です。

PANASONIC CF-20A0385VJ TOUGHBOOK>

asus transbook

PANASONICのTOUGH BOOKは名前の通りに丈夫そうな外観が圧倒的です。TOUGH BOOKは別のケースやパウチを一緒に持っていなくても大丈夫ですので、緊急の作業現場のどんな状況でも安心で使うことができます。実際にアメリカの軍用基準のテストをクリアしてMIL-STD-810G等級の高い耐久性を認められ、IP65の防振防水等級をもらっているので雪や雨が降る環境でも使用できます。TOUGH BOOKの外観は重そうなイメージですが、1.76kgに過ぎず、携帯しやすいように手元まで搭載されているので持って歩くにはそんなに重い重さではありません。 TOUGH BOOKは一般的なノートパソコンよりモニターの明るさは約2倍高いため見やすくて明るい昼の外でも楽に見れます。
また、外での使用に適したノートパソコンなので、バッテリー容量が多く、TOUGH BOOKは約8時間使用できるし、キーボードに挿入できるバッテリー追加機能が搭載されており、通常の約2倍使用できます。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする