単身赴任の最適家電選びと揃える費用の相場をチェック!

転勤家電

単身赴任で家具家電を引っ越しと同時に揃える必要がある場合、あなたはどうされますか?
期限付きでの赴任となれば、赴任期間終了後に、揃えた家具や家電をどうするか問題が生じます。
今回は単身赴任者に向けて、家具家電を揃えるポイントをまとめました。

単身赴任と家電まとめ

単身赴任で家電を揃える費用の相場

家電を揃える費用

前もって通達されていればいいのですが、急な転勤というケースもあります。
家族のこと子供の学校問題など考慮し単身赴任を決断する場合、家具や家電を揃えるのにあたふたしてしまいがち。
まず家電を揃える際に家電量販店や通販で買い揃えるというのが一般的です。
生活家電といわれる必需品として、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、テレビなど新生活時期に揃える家電を同じラインナップが挙げられます。

単身赴任をするということは2重生活になるわけですから、いずれ戻ってくることを考えると必要最低限の家電を揃えるという意見が多い。

気になる相場は6万円程度。
これは家電だけで見た相場なので、ここにベッドだったり、机や衣類ケースなど、必要になる家具などもプラスされてきます。
購入すれば10万円程度の予算が必要ですね。

最低限必要な家電

最低限必要な家電

では単身赴任の際に一般的に必要と言われている6つの家電を見てみましょう。

・冷蔵庫
・電子レンジ
・ドライヤー
・洗濯機
・冷暖房機
・炊飯器
・掃除機

冷蔵庫
食材だけでなく飲料水やお酒など入れておくのに必需品と言われています。単身赴任で選ぶポイントは一人くらしで使う容量と大きさです。
4人家族用の大きな冷蔵庫は必要性を感じませんが、例えば冷蔵庫しか使わない。冷凍庫は不要となればホテルなどにある小型の冷蔵庫などが費用も安く抑えられ、場所も取らず便利です。

電子レンジ
自炊しない方で、コンビニ弁当やスーパーなどで食事を揃える方には必需品になりますね。
一切炊事をせず、食事はすべて外食で済ませるのであればあまり使う機会はなくなるのかなと思います。
安価な物を探すのであれば、あたためることだけに特化した単機能レンジがおすすめです。

ドライヤー
坊主頭で髪の毛を乾かす必要がない方の場合無縁のアイテムですが、髪を乾かさずに寝てしまうと、臭いや薄毛の原因にもありますし、キューティクルが失われ髪にいいことがありません。やっぱり必需品ですね。

洗濯機
頻繁に選択されるのであれば必要ですが、ある程度溜め込んでから選択するような場合、コインランドリーでも事足りてしまうことも。
必ずしも必要かどうかは本人次第ですが、転勤先の住居付近にコインランドリーがあるか調査し、購入するか検討してもよいでしょう。

冷暖房機
備え付けがなかった場合は購入が必要になるケースもあります。転勤先の住居に対して会社が配慮していてくれれば、冷暖房完備の場所を用意してくれることでしょう。
万が一ついていない場合は用意しなくてはなりませんね。

炊飯器
どうしてもお米は炊きたい。炊事はあまりしないけれどご飯だけは炊いておきたいというニーズは多い。米さえあればオカズは買って済ませるなど節約にもなります。
外食オンリーなら購入の必要はなくなりますけどね。

掃除機
こちら単身赴任を経験された方の奥様から不要という意見が多い。どうせ掃除なんてしないでしょ?と思われているようです。
おすすめは場所も取らないスティッククリーナーやハンディークリーナーが良さげです。

必要かどうかはアナタ次第の便利家電

必要かどうかはアナタ次第

ビジネスマンの戦闘服であるスーツやシャツの身だしなみにあると便利なものといえば、アイロン、アイロン台ですね。
パンツに関しては、アイロンが苦手という方でよく利用されるのはズボンプレッサー。これもあると便利です。

あとは電気ケトルでしょうか。インスタントコーヒーやカップラーメンなど作る際にガスコンロで湯沸かしするよりも短時間で湯が沸かせるので重宝します。
また電気ケトルで調理するといった荒業もたくさんあるため非常に便利。

単身赴任で必要な家電の揃え方

必要な家電の揃え方

ネットで探される場合、以下のようなキーワードで検索するとセット品が見つけやすくなります。

「一人暮らし 家電 セット」
「シングル向け家電セット」
「新生活 家電セット」

また、単身赴任が短期の場合、家電を買い揃えるとなとなると、赴任完了後にその家電をどうするかという問題がでること。
購入するほど長期滞在でない場合や、長期の場合でも悩みを解決する方法があります。

それは、「買わずにレンタル」するという手段です。
家電セットでいうと冷蔵庫に洗濯機、電子レンジに掃除機など5点、6点をお得に購入できるセットが有りますが、相場は安いもので5~6万円、高いものは10万円以上したりと、それなりの費用がかかりますが、これらすべてをレンタルしてしまえるサービスがあります。

家電レンタルの特徴

家電レンタル

一番の特徴は費用が安く済むということ。1年未満のレンタルであれば費用面でメリットは十分感じられますが、長期となると長く使ううえで、費用もそうですが、デザインや容量など比較する必要があります。

またレンタルは送料無料で届けてくれますし、返却も無料で行ってくれます。そうなれば、引っ越しの際も、生活に必要な衣類や貴重品など身の回りのものだけ用意して行えます。

また家電だけでなく、家具のレンタルもあります。

引越しと家具家電を同時に!

引っ越しサービスのクロネコヤマトには、「クロネコおまかせレンタル」というものがあります。

新品レンタルもありますし、中古のレンタルもあります。生活必需品はほぼ揃います。

また、自然故障時は、無償で代替品と交換してくれてますし、引っ越しと同時に運んでくれるのは非常に助かりますね。

「買い揃える手間」「使用後の廃棄の手間」がなくなるので、レンタルという選択肢も是非検討してみてください。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す