温水洗浄便座の買い替え前に必見!種類やメーカー別特徴などをまとめてみました。

温水洗浄便座の買い替え前に必見!種類やメーカー別特徴などをまとめてみました。

温水洗浄便座はトイレを快適に使うことができ、トイレの悩みなどにも対応してよりよい生活を送るという点でもなくてはならないという人も多くいます。

高齢者の方にもウオッシュレット型トイレを使うメリットは大きく、楽な姿勢で使えて手軽に洗浄機能も利用できますので便利です。

そこで、温水洗浄便座についておすすめのものや貯湯式と瞬間式の違いなどをこれからご紹介してみたいと思います。

温水洗浄便座の買い替え前に必見!種類やメーカー別特徴などをまとめてみました。

最安おすすめ商品

温水洗浄便座を利用してみたいけれども導入には費用が気になるという人におすすめなのがパナソニックのビューティ・トワレ CH931Sです。

この温水洗浄便座は、便座の横に操作部があり、使いやすいパナソニックの温水洗浄便座で、基本機能はしっかりありますがとにかくリーズナブルなものを使いたいという場合に人気があります。

機能面では、洗い方を選ぶことが可能な洗浄機能が全グレード共通機能として搭載されています。例えば、おしり(スパイラル)洗浄は、旋回する洗浄水でワイドな洗い流しができ、流速がCH76シリーズと比較して170%高くなっています。

ビデ洗浄はやさしいソフトシャワーで洗います。パワーパルス洗浄は快適な洗い心地という特徴があります。

この温水洗浄便座は、とにかく安く温水洗浄便座を使いたいという人から選ばれており、安心の一流メーカーパナソニックの製品なのにお求めやすい価格になっているというのがおすすめポイントです。

さらに、おしり洗浄やビデ、水勢の調整や温度設定などの基本機能もしっかりと備えられており、できるだけ安く質の高い温水洗浄便座を使いたいという人にとてもおすすめです。

PANASONIC CH931S ビューティ・トワレ [貯湯式温水洗浄便座]
お手入れらくらく「スムースフォルム」で段差や継ぎ目、凹凸が少なく、汚れをサッとふき取れます。

貯湯式と瞬間式の違い

温水洗浄便座は、貯湯式と瞬間式という2つのタイプがあり、どちらを選んだらよいのかよくわからないという人も多いと言えます。

基本的には貯湯式はタンク内に貯めた水をヒーターであらかじめ温めてためておくという方式の温水洗浄便座です。

この方式は、一度にたっぷりの温水を用いて洗浄をすることができるという点や温水洗浄便座本体の価格が瞬間式のものと比較すると安めになっているというメリットがあります。

しかし、温水を常に用意するための電力が必要であり、内蔵タンクにためるため、トイレ本体の厚身があるという特徴があります。

それに対して、瞬間式のタイプはその都度水を温めて使用する方式の温水洗浄便座です。

そのため、貯湯式と異なり、水を温めて保温する必要がないので内蔵タンクがありません。

そのため、すっきりとした省スペースでトイレを広々と使いやすいというメリットがあります。

しかし、あらかじめお湯を貯めるわけではないため、お湯の量は限られます。

また、温水を保温するための電力が必要ありませんが、瞬間的に冷たい水を温める時に大きな消費電力が必要といわれていてブレーカーが上がりやすいかもしれません。

さらに、トイレの価格が貯湯式と比較すると高めと言われています。

メーカーによる違い

温水洗浄便座を販売しているメーカーにはパナソニックや東芝、リクシルやTOTOがあります。

それぞれのメーカーごとに個性があり、例えば、パナソニックは泡コートで便器内に泡を噴出して、様々な汚れの付着を防ぎやすくれます。また、ワンタッチ着脱機能やナノイーX除菌・除菌効果などでより快適に使える工夫がなされています。

東芝は座るとすぐにオート脱臭がスタートしたり、赤外線センサーで着座を検知すると言った機能などで、より快適に使用できる工夫がなされています。

リクシルはリプラズマクラスター除菌によって便器内部の除菌や消臭効果を得ることができ、トイレ全体のリフレッシュ効果が得られます。

TOTOはきれい除菌水で、におい対策も便器の洗浄効果も得られるようになっており、クリーン樹脂の採用によって汚れが弾かれるというメリットもあります。

寿命や故障の症状

温水洗浄便座温の寿命は一般的には7年から10年といわれますが、使用方法を守って正しく使用し、メンテナンスを適切に行うことで10年以上使えているという人も多くいます。

お湯が出なくなった、操作部を操作しても動かなくなったということもあります。

そのような症状が出た場合には、説明書に目を通して電池交換など、一般的なメンテナンスで対処できないかどうかを確かめてみましょう。

また、水漏れの症状が有ったり、温水が出ないという症状が見られたりする時にはメーカーなどに問い合わせて修理を依頼が可能かどうかを確認してみましょう。

賃貸住宅などに住んでいる人が未経験で取付けたといったケースなどもありますが、そうしたケースでは部品の取り付けミスなどが原因となって、水漏れが生じてしまったり、お湯が出なかったりすることもあるようです。

こうした場合には寿命が短くなってしまったり、故障の症状が見られることがありますので、正しく取付けが行われるようにすることが大切です。

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする