もはや生活必需品と化したイヤホンの進化とオススメアイテム

スピーカーからヘッドホンへ

時代はスピーカーからヘッドホン、イヤホンへ

当然ながら、アンプとスピーカーを接続して、スピーカーから出力される音楽を聴いて楽しむ「スピーカーで聞く」方法と、 アンプにヘッドホンを接続して、「ヘッドホンから出力」される音楽を聴く方法と、音楽を楽しむには二つのスタイルがあります。

従来のオーディオシステムは、アンプにスピーカーを接続して音を出力する方法が主流でした。

それは、アンプにヘッドホンを繋いで音楽を聴くよりも音質が良いとされていたからです。
音楽の臨場感を味わいたい場合は、アンプとスピーカーを用いて、部屋にホームシアター形式のサラウンドシステムを構築する方が良いとされてきました。

しかしながらノイズキャンセリングやハイレゾ等の機能が増え、現在のヘッドホンもスピーカーにも勝るとも劣らない音質を出せるようになりました。

また当然ながらヘッドホンはコンパクトで音漏れなどの心配がありませんので、深夜でも音楽を楽しむことが出来るという利点があります。

これらのオーディオシステムのスタイルも時代と共に変化しつつあります。

ヘッドホン、イヤホンが進化した理由

携帯プレイヤーやPCの普及

最近では最初から標準仕様のイヤホンが付属する「音楽プレーヤーやスマートフォン」も値段も比較的安くなり、ますます需要が増えてきたヘッドホン、イヤホン。

勿論外部スピーカーを搭載している機器であれば、そのスピーカー部分から音楽を流して楽しめますが、音楽プレーヤーの場合はそもそもスピーカーがありません。

また、デスクトップPCも基本的には外付けのスピーカーを接続しなければ、CDや動画サイトの音声を流す事が出来ず、イヤホンが自ずと必需品になります。

更にスマートフォンやタブレットには本体内部のスピーカーが搭載されていますが、あくまで簡易的な物になります。
音量を上げると音割れが発生したり、高音質のデータが上手く表現されない等、本体内部のスピーカーには不満が残るのも事実です。

一方でイヤホンであれば、ダイレクトな形で音楽を楽しむ事が出来ます。

テレビやゲーム機の普及

テレビやスマートフォンやゲーム機などにはイヤホンを接続する事が出来るジャックが搭載されています。
そのジャック部分にイヤホンを接続すれば、音声が本体スピーカーから切り替わり、外部に音が漏れないようになります。

音楽鑑賞として

音楽鑑賞を趣味に持つ男性は世間にとても多いです。
またクラシック音楽やオーケストラを鑑賞だけが音楽鑑賞と呼ばれるわけではありません。
アニメソングや声優さんのCDを鑑賞する事、あるいはゲームミュージックやエレクトロニカやヒップホップやボーカロイド曲を日常的に楽しむ事も立派な音楽鑑賞と言えます。

日常的に音楽を楽しむ男性の多くが、ヘッドホンにお小遣いを投資しています。

ヘッドホンは品質と製品価格が非常にリンクするアイテムです。
スマートフォン等に付いてきた付属品のイヤホンでも音楽は楽しめますが、より快適なスタイルで楽しみたいなら疲れにくいヘッドホンの方がおすすめです。

時代はワイヤレス化へ

スピーカーへのワイヤレス接続

アンプとスピーカーを接続する従来の方法は、一般的なオーディオシステムとして広く認知されていますが、近年ではアンプからスピーカーへワイヤレスで接続するという方法が浸透してきています。

ワイヤレスにすることで、1台のアンプからスピーカーが設置してある各部屋へ音の情報を発信し、スピーカーが受信した音の情報を出力しますので、アンプ1台で家全体で音楽を聴くことが出来るのです。
そして、これは省スペースにも繋がります。

近年の住宅事情は、建物が飽和状態にあるので広さを確保することは難しく、狭小住宅に住む人が増えています。
ですから、省スペース化は重要なことなのです。

そして、このワイヤレスシステムがヘッドホンにも適用され、一般化するようになりました。
ワイヤレス

ワイヤレスのいいところ

有線のイヤホンの利点はジャックがある製品ならいつでもどこでも気軽に使える点です。
また値段もリーズナブルであり、評判の良い大手企業の製品も3000円台から買う事ができ、安価ながらも高品質なリスニング環境が得られます。

ただ、以前は高級品だったワイヤレスタイプのイヤホンですが、技術革新と企業努力のおかげで、今では一般ユーザーでも手の届く価格帯になり始めています。
ワイヤレスの規格もムラっけがある赤外線通信ではなく、Bluetoothという新規格のイヤホンが主流になりました。

Bluetoothは多くのPCとスマートフォンで最初から搭載された無線規格です。

ワイヤレスタイプのイヤホンとほんの少しの作業でリンクさせる事が出来ます。

ワイヤレスの長所はなんといっても、コードに縛れない点です。

有線イヤホンをPCに指して作業を行っていると、ほんの少し、立ち上がって別の机まで書類を取りに行くためだけにイヤホンを外したり、音楽アプリをストップしたりと、手間が非常にかかります。
一方でワイヤレスタイプだとそもそもコードが無いため、机を颯爽と離れられます。

Bluetoothは電波干渉や障害物に強い新規格であり、音楽再生中の機器から離れても平気です。

ヘッドホンも当然ワイヤレス化へ

かつてワイヤレス系のものは音質が悪く、また電波が途切れやすかったため、いわゆる実用性はあまり高くありませんでした。
しかし、今主流のワイヤレス系ヘッドホンでは無線の規格としてBluetoothが採用されています。

Bluetoothは高品質で低電力、そして障害物に強い無線規格であり、実用性は抜群です。
また以前のワイヤレスモデルだと大きなレシーバー等を設置したり、携帯する必要がありましたが、Bluetoothモデルのヘッドホンあれば、音楽を再生する機器さえBluetoothの規格に合致していれば、それだけオーケーです。

現在メインストリームになっているiPhoneやiPadも、一般的なノートPC等には標準仕様としてBluetoothが搭載されており、ペアリングをするだけでコードレス環境で高品質なヘッドホンが使えます。

従来のヘッドホンなら有線接続でしたが、ワイヤレスにすることで、電波が届く範囲でしたら距離を気にする必要がなくなりました。

さらに進化したヘッドホンになりますと、サラウンド機能が搭載されたものがあります。

もはや、アンプとスピーカーによる大掛かりなオーディオシステムに頼らずとも、ヘッドホン一つで本格的なサラウンド効果を味わうことが出来る時代になったのです。

この高性能ヘッドホンは人気が高く、その人気の要因は、ヘッドホン一つでサラウンド効果を味わえるのでコストパフォーマンスが良い点と、省スペースになるという点です。

このようなオーディオシステムの変遷を見ていると、これからの時代は、ワイヤレスヘッドホンで音楽を楽しむスタイルが主流となるでしょう。

オススメのワイヤレスヘッドホン

SONY MDR-1000X ノイズキャンセリング ハイレゾ

ハイレゾ
ノイズキャンセリングもハイレゾにも対応する最強のヘッドホンです。

ハイレゾとはテレビで言う4Kみたいなもので、超簡単に言うと「高音質!」
スピーカーにも劣らない臨場感を体験出来ます。

また、装着している状況似合わせてノイズをキャンセルする優れもの、
ヘッドホンの傾きやメガネ髪型までの検出してノイズを最適化。

少し高めですが、ワイヤレスで高音質のものをお探しなら是非オススメです。

Audio-Technica ATH-CKS990BT SOLID BASS

重低音重視

重低音重視のイヤホンタイプ。

装着感が気にならない、ウェアラブルタイプのイヤホンで、ボタン操作も直感的で簡単です。

オススメの変わり種ワイヤレスイヤホン

超ミニイヤホン

付けててもバレない!?
超ミニ型イヤホン。

Bluetooth対応で、ボタン長押し→iphoneでbluetoohtオン→接続の感じで簡単に音楽を聞くことが出来ます。
超ミニ型イヤホン1
超ミニ型イヤホン2
超ミニ型イヤホン3

付けていることに気づかれない。。。ことは有りませんが、手軽にワイヤレスでスッキリと付けたい時はオススメ。
価格も1,000円台のものから20,000円位のものまで有ります。

骨伝導のメガネ型ワイヤレスイヤホン

骨伝導のメガネ型
こちらメガネ型の骨伝導イヤホン。

メガネなんだけど、骨伝導で音楽が聞ける優れもの。「Vue」という商品で2万程しますが、欲しい。

オススメのワイヤレスヘッドホン

入門者におすすめ

入門者用におすすめの価格帯ですが、一万円から二万円のレンジがベターです。

高すぎず安すぎず、ヘッドホンの品質とコストパフォーマンスのバランスが取れています。

オーケストラやクラシックにおすすめ

オーケストラやクラシック音楽をメインに鑑賞するなら重低音が響き渡る低音モデルがおすすめです。
楽器の音色、コンサートホール全体のダイナミックな空間が表現されます。
イヤホンでは聞こえなかった音色がヘッドホンでは体感する事が出来ますし、外部の音が耳栓のようにガードされるため、クラシックの美音に集中する事が出来ます。

POPソングにおすすめ

またカジュアルなアニメソングやエレクトロニカやボーカロイド曲を楽しむ方は高音の表現に優れたヘッドホンがおすすめです。
電子音を中心とした話題の歌や曲は高音表現の得意なモデルの方が鑑賞していて疲れにくいです。
特に女性の歌声は音域が高めです。
重低音のヘッドホンで鑑賞すると、迫力が必要以上に表現されてしまい、艶美な音源が正しく味わえません。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す