Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」がついに発売!

シンプルで魔法のようなワイヤレス、「AirPods」

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」

Appleから先日iPhone7が発売され、買い替えた方も多いのではないでしょうか。
AirPodsは、9月のAppleのスペシャルイベントで、iPhone7シリーズ、Apple Watch Series 2とともに発表された、ワイヤレスのイヤホンです。
iPhoneユーザーにはおなじみのiPhoneに付属している「EarPods」の線をなくしたようなデザイン。
ワイヤレスイヤホンの可能性を広げる最新機能が詰め込まれたAirPodsは、Apple W1チップを搭載、光学センサー、モーション加速度センサー、音声加速度センサー、ビームフォーミングマイクロフォンと連携することで、「今聴いている」「今話している」ことを認識してくれるというハイテクぶり。
人の手による操作のシンプルさとテクノロジーを重視した最新のイヤホンなのです。

ワンタップで全てのApple機器と接続!

ワンタップで全てのApple機器と接続!

ものぐさな人間は、デバイスとワイヤレスイヤホンとの接続さえ面倒に感じるものです。
こちらのAirPodsは操作のシンプルさにこだわっており、ワイヤレスイヤホンを機器と接続する手間から解放してくれるんです。
キャリングケース兼充電ボックスを開けるとiPhoneとの接続が始まり、iPhoneの画面に出てきた「接続」ボタンを一度押すだけ。
通常一般的なBluetoothイヤホンは、iPhoneの「設定」を開いて「Bluetooth」をタップしてボタンを押してという手順を踏みますが、こちらは一瞬で終わるんです。
一度ペアリングを済ませれば、2回目以降はケースの蓋をあけるだけで接続してくれます。
つまり、取り出すだけでお手持ちの全てのApple製機器と使えるようになるんです。

タップすればSiriが起動!

タップすればSiriが起動!

どちらかのAirPodをダブルタップするとSiriを起動されるので、そのまま話しかけることができます。
なんとポケットやバッグからiPhoneを取り出す必要がないんです。
喋ると音声加速度センサーがそれを認識し、2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係して周りの雑音を取り除き、声だけにフォーカスを当ててくれるんです。

片耳だけでも聴ける

片耳だけでも聴ける

光学センサーとモーション加速度センサーが新開発されたW1チップと連係して、オーディオのコントロールとマイクロフォンの接続を自動で行います。
このおかげで、AirPodsは両耳でも片耳だけでも使用が可能です。
誰かとイヤホンを半分こ、なんてこともできるんですね。
耳につけるとすぐさま音声が再生されるのもこういったセンサーが働いているためです。

バッテリー長持ち

バッテリー長持ち

AirPodsは1回の充電で5時間再生でき、15分の充電で3時間のバッテリー駆動時間を確保できます。
24時間以上聴き続けられるよう、複数回充電できる充電ケースが付属しているので、いざという時も安心です。
バッテリー残量が知りたい時はAirPodsをiPhoneに近づけて確認できますし、Siriに「AirPodsのバッテリー残量はどのくらい?」と聞くことも可能です。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す