不便なコードから解放!自分に合うブルートゥースヘッドホンは?

ヘッドホン重いし不便だと思ったら間違い!

main

いい音質の音楽が好きな方々は主にイヤホンよりヘッドホンを好ん選びます。携帯するにはイヤホンが最も便利ですが、遮音性や音質ではヘッドホンが圧倒的で良いからです。 ヘッドホンは現代人にとってモバイルライフをより快適にするありがたい音響機器ですが、コードがある製品を使う場合には勝手にもつれたり、他人の持ち物に引っかかったりする問題が発生する可能性があります。

ブルートゥースヘッドホンの登場

ブルートゥースヘッドホン

有線ヘッドホンの不便さを解消するために新しく登場したブルートゥースヘッドホンは線がないので両手を自由に使うことができ、楽な着用感が人々の間で人気です。また、有線ヘッドフォンに劣らない音質を再現する上、一回充電すると長い時間使うことができるので満足度も非常に高いです。ブルートゥースヘッドホンが初めに出たときにはかなり高い価格で発売されましたが、最近は良心的な価格で様々な製品が発売されていて多くの人々が使用しています。

自分にピッタリ合うブルートゥースヘッドフォンを探そう!

着用感を重視する人は?

着用感

ヘッドホンを選ぶのにあって着用感を大事に考えるなら、ヘッドホンの種類は大きく二つに分かれます。イヤホンが耳の上を重ねた形とヘッドバンドの両端にあるイヤホンが耳の全体を覆う形で分けることができます。イヤホンが耳の上を重ねた形のヘッドホンはユニット部分が耳より小さく、持ち運びが楽でいつでも使うことができます。でも、長時間使用すると、耳が押されているため着用感が落ちるし、低音域代の音が弱いと感じるかもしれません。耳の全体を覆う形のヘッドホンはフルサイズヘッドホンと呼ばれ、大きくて携帯するには不便ですが、ほとんどの製品が高性能、高価格で外部の音を遮断してくれるので音楽に没頭することができます。また、長時間使うときにも楽で着用感が優れています。
イヤホンを包むイヤパッドの素材も着用感を左右する大事なものです。一般的なスポンジを使うと耳のあたりに異物感があるので、違和感があるかもしれないですが、皮、メモリーフォームなどの素材を使用すると比較的、楽に着用ができます。イヤホンだけではなくヘッドバンドの内側も頭にふれる、硬いフレーム素材を使っているか、柔らかいシリコーンなどの素材を使われているか確認するのがいいです。

遮音性を重視する人は?

遮音性

遮音性の高いヘッドホンは外部の音をシャットアウトして、音楽自体に集中するようにしてくれます。遮音性がいいヘッドホンを選ぶなう耳の全体を覆う形がおススメです。 また、ほかにもノイズキャンセリングの機能がついた製品を使うと遮音性を 高めることができてお勧めです。

携帯性を重視する人は?

携帯性

重さのせいでヘッドホンを購入するのを迷っている方々も多いです。スマートフォンを買うとき付属しているイヤホンの重さに比べるとヘッドホンの重さはかなり重いです。例えば耳の全体を覆う形のヘッドホンは平均約200~300gの重さを持っています。それに比べてスマートフォンの重さはiPhoneだと150g~200gぐらいなのでヘッドホンの重さが軽いとは言えません。
でも、ヘッドホン市場でも携帯性を重視する消費者のニーズに応えるために超軽量ヘッドホンが多く販売されており、100g以下のヘッドホンまで登場しています。素材によって差はありますが超軽量のヘッドホンはヘッドバンド部分を薄く作る方法で重さを減らすので着用感がかなり劣る短所があります。そのためヘッドホンの重さよりかさを減らして携帯性を高めることも方法です。また、折ることができるので構造のヘッドホンは折りたたんで鞄やポーチに入れることも楽にできるのでおススメです。

特定ジャンルが好きな方は?

特定ジャンル

自分の好きな音楽ジャンルをよく知っていると選ぶのが楽ですが、よく分からない方は選ぶのが難しいでしょう。その場合、最近自分が聞いている音楽のリストを考えて見て、好きなジャンルが把握できたらよく聞いている音楽と相性が合うヘッドホンを選べます。まず、ベースが音楽全体に出るダンス、ロック、ヒップホップなどのジャンルは低音に強いヘッドホンがおススメです。低音を最大化するベースブースターと言う機能が追加されたヘッドホンもたくさん販売されています。代表的なブランドはSONY,BOSS,House of Marleyなどが低音に特化されています。
逆にポップス、クラシックなどをよく聞いている方は低音から高音まで全体的なバランスがいいヘッドホンを選ぶのがいいです。しかし、バランスがいいヘッドホンでも体感するサウンドが少しずつ違います。これは人によって好みがそれぞれなので直接試聴してから決めるのがいいです。試聴のとき低音や高音が多めに出る音楽で確認することをおススメします。

持続時間を重視する人は?

持続時間

ブルートゥースヘッドホンは線がないので非常に便利で、両手が自由になる点が大きな魅力です。でも、有線ヘッドホンに慣れ親しんでいる方にとっては毎回充電しなければならないのは不便だと思いがちです。そのためバッテリーの持続時間は必ずにチェックしなければなりません。
一般的にブルートゥースヘッドホンのバッテリーの容量は200~550mAhで、現在発売されているブルートゥースヘッドホンは40時間ぐらい聴くことができるので楽です。単純にバッテリーの容量が大きくても音楽の再生時間が長くなることはありません。ブルートゥースバージョンによって電力消費量が違うので全般的な仕様を調べてから選んでください。

おススメブルートゥースヘッドホンは?

ソニーWH-H900N

ソニーWH-H900Nはシンプルなデザインでどのようなスタイルにも合い、5色展開で個性を出すことができます。軽くて、使用しない時は折りたたんでおけて、柔らかいイヤパッドが使われているので完璧な着用感です。 また、原音のままのサウンドを伝え、ノイズキャンセリング機能を掲載して周辺の騒音を完璧に遮断することができます。 さらに、ヘッドホンをタッチして電話を受けることができ、曲の操作やグーグルアシスタントやSiriを使用することができ、スマートフォンからヘッドホンの徴調節が可能です。また、製品を完全に充電した場合、最大28時間まで連続再生することができ、10分ぐらい充電でも65分まで再生することができて一日中バッテリーの心配なしに無線で音楽を楽しむことができます。

Beats Studio3 Wireless

Beats Studio3 Wireless ワイヤレスは高級通風技術が適応されたクッションと人体工学的な回転型デザインを採用し、楽な着用感を提供されます。また、ノイズを減らしてくれる技術によって周りの騒音を完璧に遮断し、最適なサウンドを出力して変わらない鮮明度と音域代を与えます。大容量バッテリーを搭載して最大22時間まで使用ができ、低電力モードでは最大40時間まで音楽を再生することができます。さらに高速充電機能が対応され、10分の充電で3時間まで音楽を聴くことができるので、忙しい社会人にはバッテリーの心配なく安心に使用できます。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す