さっと湧いて希望の温度をキープ!電気ポットのいい所と選び方

電気ポットはコンセントで気軽に湯沸かし

電気ポットはコンセントで気軽に湯沸かし
お湯を沸かすとき、ガスを使ってやかんや鍋を使うことがあります。
これ結構面倒ですよね。

周知のことですが、電気ポットの場合はガスは必要なく電気のみで使用することができます。

ガスでやかんを沸かす場合のデメリット

ガスでやかんを沸かす
ガスの場合ですと、沸騰した時にはそのまま加熱が続きますから、基本的にはその場にいないといけません。
沸騰した時に、お湯が吹き出すこともよくあります。

電気ポットのメリット

電気ポットのメリット
その反面電気ポットは沸けば自動的に加熱が終わります。ですから加熱のボタンを押してそのまま別の作業が可能です。
そのため保温しておけることも大きな魅力です。

電気ポットは保温をしておけばいつでも使える

電気ポットの保温機能
お茶やコーヒーを飲みたいとき、お湯が必要になります。
そんな場合、勿論ですがお湯を沸かす必要がありますが、やかんなどでお湯を沸かすと、今すぐ飲みたくても飲むことができず沸かしては使い切りの状態です。。

電気ポットには大体保温機能が付いています。電気ポットに一定の設定をしておけば、沸かしたり保温をしたりを自動的にしておいてくれます。
飲みたいときにお湯ができているので、待つことなくお茶などを楽しめます。

電気ポットは火を使わないので安心

電気ポットは火を使わない
子供にカップ麺を食べさせるとき、ガスでお湯を沸かさせるのは少し心配です。
電気ポットの場合、その名の通り当然ながらガスは必要ありません。

電気ポットに水を入れ、それをコンセントにつなげば勝手にお湯を作ってくれます。

火を使うことがないので、子供でも安心して利用させることができます。お湯以外の部分も熱くならないので、やけどなどをすることがないのも安心できるところでしょう。

電気ポットは希望の温度のお湯が作れる

電気ポットは希望の温度のお湯が作れる
コーヒーやお茶や麺なんかを茹で得る場合、必ずしも100度が良いわけではありません。

100度よりも少し低い温度が良いとされています。電気ポットの場合、設定した温度でお湯を作ることができます。

80度であったり90度などで作ることができます。

色々なお湯の使い方がありますが、特にお茶などを入れるときに使うことが多いなら電気ポットが利用しやすくなるでしょう。

所定の温度でキープも可能です。

電気ポットボタンだけでお湯を出せて安全

電気ポットボタンだけでお湯を出せて安全
やかんや鍋でお湯を沸かすとき、それを注ぐときにやけどしてしまうことがあります。
電気ポットの場合、お湯はボタンを押せば簡単に出せるタイプが多くなっています。

以前だと押し込むタイプが多かったですが、最近の電気ポットは電子的なタイプがあり、注ぐボタンを軽く押してお湯を注ぎ、止めたいところで止まるを押せば止まる仕組みです。
安全で力も必要なくなりました。

電気ポットの最新ランキング

ティファールの様に、水を沸かすだけに特化した簡易モデルですともう少し価格帯も下がってきますが
最近の電気ポットの売れ行きは\5,000~\10,000台のモデルが多い様です。

沸騰時の湯気を抑える電気ポット

沸騰時の湯気を抑える電気ポット
こちらのタイプは、沸騰の精度を高めたタイプ
沸騰したと判断する精度だったり、沸騰後の停止、保温から蒸気の発散を高精度でコントロールします。
また、簡易モデルでは難しい、温度の3段階保存も可能です。

98℃、90℃、70℃で保温することができ、省エネなのも魅力的です。
価格は\5,500程になります。

蒸気レス電気ポット

蒸気レス電気ポット
タイガー 電気ポット 蒸気レスVE 「とく子さん」
こちらは1万円台ながら人気の商品

蒸気が出ないから吹き出し口が高温にならず、安全です。
蒸気を外に出さず、設置箇所の近辺の壁がよれたりする心配も有りません。

デザインも無機質で電気ポットにはあまりないないデザインが人気です。

節電が得意な経済的電気ポット

電気ポットボタンだけでお湯を出せて安全
タイガー 「VE電気まほうびん」 〈とく子さん〉は、高真空の2重瓶で、保温したお湯も逃しにくい経済的な節電設計になっています。
蒸気レスタイプのワンランクしたのタイプで、コチラもとても人気の商品。
価格は8,000程。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す