働き盛りの男性にもおすすめのドラム式洗濯機メーカー特徴まとめ

ドラム式洗濯機メーカー特徴まとめ

ドラム式洗濯機メーカー特徴まとめ

ドラム式洗濯機を選ぶ際にチェックすべきポイントは何でしょう?家電メーカーごとで特徴の違いがあることをご存知でしょうか?たとえば、働き盛りの男性の衣類を選択する場合にどんな性能があるとよいのでしょう?今回は、各メーカーが発売しているオススメのドラム式洗濯機の特徴を分かりやすくまとめています。是非、ドラム式洗濯機を選ぶ際の参考にしてみてください。

日立ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム

ビッグドラム洗濯機

日立ヒートリサイクル風アイロンビッグドラムの特徴は仕上がればアイロンをかけなくてもそのまま着られる「風アイロン」です。ビッグドラムと時速約300㎞の高速風がしわを伸ばしながら乾燥するので、しわなくスッキリ仕上がります。また低温で乾燥をするので高熱による縮みや変形の心配も抑えることができます。

6kgというたくさんの衣類を洗濯乾燥してもしわを抑えられ、防しわ加工をしていないシャツでも従来の乾燥機を使うよりもすっとしわを少なく仕上げることができます。さらに風アイロンなら天日干しをするよりもふんわりと仕上がり、タオルならパイルが根元から起き上がってふわふわになります。

スチームアイロンコースにすればドラム内の湿度を高くして衣類に高速風を吹きかけるのでしわを伸ばすだけでなく臭いも取り除くことができます。畳んだことによってついた折りじわもきれいに伸ばせるので、仕事前の忙しい朝やお出かけ前でもアイロンをかけたりする手間を省け、急ぐ場合は洗濯から乾燥まで98分で仕上げられるコースも使えます。

ビッグドラムは「ナイアガラ洗浄」もおすすめの特徴です。

ナイアガラ洗浄

エリヤ袖、泥の汚れなど落ちにくい汚れでも高濃度洗浄液を衣類にしっかりとしみこませることができる循環シャワーと、押し洗いやたたき洗い、もみ洗いで落ちにくい汚れも落としごわつきも抑えます。

洗濯の際どのコースで何分間洗い何回すすぎをすればよいかなどわからない時でも、洗剤の種類や汚れの度合いをセンサーがキャッチして自動でしっかりと洗う「洗剤・汚れセンサーシステム」を搭載しているので洗濯に不慣れな男性でも安心して任せることができます。

さらに洗濯機の細部の汚れまできれいに洗い流して除菌をし黒カビの発生を抑える「自動お掃除システム」が搭載されていることも特徴です。自動お掃除ボタンを設定すると、9Lの水を追加で使い洗濯時間が8分間長くなりますが、洗濯のたびに洗濯槽を自動で洗浄するのでいつも清潔に気持ちよく使うことができます。

日立ヒートリサイクル風アイロンビッグドラムは奥行きがスリムなタイプと幅がスリムなタイプがあるので置く場所に応じて選べ、容量も最大12kgまであるのでまとめ洗いや大物洗いにも役立ちます。

ナイアガラ洗浄搭載機種

BD-NX120/BD-NV120C/BD-SX110C/BD-SV110C

パナソニックVXシリーズ NA‐VX9900

VXシリーズ

パナソニックVXシリーズの特徴は「ダニバスターコース」があることです。

通常の洗濯では繊維に付いたダニを引き離すことができませんが、洗濯をする前に約65度の温風で乾燥をすることによってダニを離してから洗濯を始めることができるので、ダニが繁殖しやすい毛布やまくらカバーなどダニによるアレルギーが発生しやすい寝具の洗濯にも最適です。

洗濯前にはダニの市外やふんなどのアレルゲン物質が1㎠あたり54.06あったものがダニバスターコースで洗濯をした後0.30と99%減少することが分かっています。働き盛りの男性は汗をかきやすく寝具にダニが繁殖しやすいので、アレルゲンを99%も減少する洗濯機があれば体のためにも良いですね。

またパナソニックVXシリーズはヒートポンプ乾燥も特徴です。

ヒートポンプ乾燥

ヒートポンプとは少ないエネルギーで空気中の熱を集めて大きな熱エネルギーを生み出すエコな技術のことで、以前から給湯器やエアコンなどに使われていましたが、パナソニックは2005年世界で初めて洗濯機に採用したのです。

洗い終わって濡れた衣類をまず低温の風が衣類の水分をキャッチしてヒートポンプユニットに運びます。ヒートポンプ内には冷媒があり冷媒に圧力をかけるとユニット内の温度が上がり、圧力を提げると温度が下がるのですが、ヒートポンプユニット内を高温の部分と低温の部分に分け、風が運んできた水を低温部に当てて結露させて排水するようにし、水分がなくなった風が高温部を通過することで再び温風になるというシステムになっています。

このように循環することで電気代を抑え、スピーディーに乾燥させることができ、衣類にもやさしいというメリットがあるのです。仕事や通勤で汗をかいて汚れたワイシャツもこのようなヒートポンプ乾燥なら何回でも洗って着ることができます。

さらにNA‐VX9900ならスマホの操作で外出先からも洗濯ができるという機能も付いているので、一日中忙しく外で働く男性にも安心です。

ヒートポンプ乾燥搭載機種

VX9900/VX8900/VX7900/VX3900

東芝 Bigマジックドラム

Bigマジックドラム

東芝Bigマジックドラムは洗濯槽に汚れが寄せつかない防汚コートをしていて、そのコートの表面と汚れの間に水が入って汚れを浮かせて流してくれるシステムになっています。

洗濯をするたびに脱水時の高速回転が水に勢いをかけてAg̟+抗菌水で自動に掃除をするのです。その際脱水時の水を使うので余分に水を使うことはありません。

「温水ザブーン洗浄」も特徴で汚れや衣類に合わせて15度から60度まで5段階の温度から選ばれた温水で黄ばみや油汚れも落とします。皮脂汚れなら40度、食べこぼしの油汚れには50度、おしゃれ着洗いには30度などと最適な温水を選ぶことができます。

60度なら除菌もできるので赤ちゃんの肌着や白物衣類など清潔を保ちたい衣類の洗濯に適しています。このような洗い方ができるので皮脂で黄ばんだワイシャツもきれいに洗えるのです。

洗濯槽が大きいのでたっぷりのAg+抗菌水のシャワーとダイナミックに動きたたき洗いができることもしっかり汚れを落とす宅割を果たします。Ag+抗菌水は除菌効果があるので、部屋干しの時の嫌なにおいのもとになる雑菌を抑えることもできるので、外に干せずに部屋干しをしても安心です。

やさしく仕上がる

乾燥に関しては大きな洗濯僧で衣類を舞い上がらせて広げながらヒートポンプならではの優しく大量の風がしわを抑えてふんわり優しく仕上げてくれます。乾燥容量は業界最大の7kgとなっているので、まとめ洗いにも適しています。

また少量なら洗濯から乾燥を終えるまで60分で終えることができるので、「今日着たい」という服も洗って乾かせるので忙しい毎日にも便利です。それと振動や運転音を抑えて作られているので深夜や早朝もご近所に気兼ねすることなく洗濯機を使うことができるので、アパートやマンション暮らしの人も安心です。

ドラムと縦型メリットデメリット

メリットデメリット

このようにドラム式で乾燥までできる洗濯機の中から働き盛りの男性に向いている機種を紹介しましたが、まだ7割ほどの家庭で従来の縦型の洗濯機が使われているという調査結果があります。

では洗濯機のドラム型と縦型にはそれぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まず縦型の洗濯機は水をためて洗うという特徴があります。そのため洗剤の泡立ちがよく洗浄力も高まるというメリットがあります。また衣類が洗濯槽でこすりあうことも汚れが落ちやすい要因にもなります。

ドラム式の洗濯機は衣類同士をこすり合わすわけではないので衣類の傷みやシミが生じにくいということや縦型洗濯機よりも使う水が少ないため水道代が節約できることと、少ない水の中で使う洗剤が高濃度になるので汚れが落ちやすいことや乾燥機能を使う場合は衣類が大きなドラムの中で広がりやすいので早く乾燥できるなどのメリットがあります。

縦型のデメリットはドラム式よりも衣類が傷んだり絡んだりしやすいことや大きな洗濯ものを出しづらいということがあり、ドラム式のデメリットとしては水量が少ないので色移り香しやすいことやサイズが大きいので置く場所が必要なことがあげられます。

値段に関してはドラム式の方が高額になるというデメリットもあります。

まとめ

ドラム式洗濯機メーカー特徴をおすすめ機種と合わせてまとめみました。

これからドラム式洗濯機を検討している方、縦型洗濯機から買い替えなどご検討の方は、是非総合通販PREMOAへお越しください。

お得なドラム式洗濯機を是非見つけてください。

ドラム式洗濯機
最短翌日届け。5000円以上で送料無料の総合通販PREMOA

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする