ドラム式洗濯機の選び方。買い替えするならコレがおすすめ

ドラム式洗濯機の選び方

ドラム式洗濯機の選び方

ドラム式洗濯機の選び方では、タテ型かドラム式の洗濯機を購入検討しているあなたに、失敗しない選び方をご紹介いたいします。

洗濯機も高額モデルでも人気の機種が多いので、今回は各メーカから発売されているドラム式洗濯機をおすすめもあわせてご紹介いたします。

商品をお探しの方は最後にご紹介していますので、是非ご覧ください。

店頭やネットで気に入って購入した商品でも、日常生活でいざ使用してみるとなんだか使いづらいと感じたりもっとこうだったら良かったのにと不満を感じたり、ということがあります。

すでに購入してしまってから気づいても買い直すことはできないので、我慢して使うか慣れるまで待つことになってしまいます。

では、洗濯機の場合実際にどのような不満があるのでしょうか。

ドラム式洗濯機でよくある不満は、洗濯から乾燥まで仕上げてくれるというメリットがある反面、乾燥機能がついていることにより洗濯できる容量が小さく、ご家庭によっては何度も洗濯を回さなければならないといった不満が出てきます。

使用できる容量を確認してそれぞれのご家庭にあった容量の洗濯機を購入するようにしましょう。

タテ型洗濯機でよくある不満は、手入れが面倒で定期的に洗濯機の中のカビ対策をしなければならないことや、カビ取り対策をしてもなかなか全てのカビを除去できないこと、タテ型ならではとして、重いものを干すときに洗濯機から取り出すのが大変といった不満が多いです。

そして、どちらの洗濯機でも運転音が思っていた以上に大きかったという不満もよくあります。

使ってみなければ分からない部分も多いですが、購入する前に事前に知っておくと考慮して購入できそうです。そんなドラム式洗濯機のおすすめの商品を3つ紹介します。

パナソニック NA‐VXシリーズの特徴

パナソニックドラム式

ななめドラム式洗濯乾燥機のNA-VXシリーズの特徴は、ヒートポンプ乾燥で衣類の傷みや縮みを抑えて乾燥します。

従来のつり干しと比較してふっくらして肌触りのいい仕上がりとなるのが特徴です。洗濯乾燥時間も短く、コスト面でもお得な機能です。

次に、ダニバスターコースという機能があり、洗濯前に65℃の温風によるプレ乾燥を行うことで、洗濯だけでは落としにくいダニの除去を行うことができます。

他にも最新のNA-VXシリーズでは、液体洗剤と柔軟剤を入れるタンクがついており、そこに洗剤類を入れておくだけで後は自動で投入してくれる嬉しい機能が搭載されています。

さらに、外出先からも洗濯から乾燥まで行ってくれるスマホで洗濯という機能もあり、洗濯が終わるまで待たなければなからなかった従来の製品とは大きく異なっています。

そして、操作できるコースも拡大していて、温水泡洗浄Wというコースや泡洗浄Wといったコースで、嫌な臭いや黄ばみを抑えおしゃれ着を洗えたり、頑固な汚れにも繊維の奥まで洗浄することが可能となりました。

さらに自動お手入れ機能もついていて、洗濯する度洗うことで洗濯槽の黒かびの発生を抑えてくれ手入れが楽になっています。

日立 ビッグドラムの特徴

日立ドラム式

ドラム式洗濯乾燥機のビッグドラムの特徴として、まず風アイロンという機能があり、シワを防ぐ機能のないシャツであってもビッグドラムで洗濯乾燥するとシワがつきにくく、アイロンの手間が短縮できる仕上がりになるのです。

面倒なアイロンがけを省けるので、時短になって嬉しい機能です。次に、ナイアガラ洗浄という機能で、大流量、高濃度で洗浄するので、洗濯機だけでは落ちにくい食べこぼしの汚れや襟元や袖の皮脂汚れも予洗いなしで真っ白な仕上がりになります。

汚れの量を見極めて自動で洗濯時間を調節してくれたり、温水ナイアガラ洗浄で黄ばみを落とすだけでなく、部屋干しの際のニオイも抑えてくれたりといった機能も搭載されています。

さらに、自動おそうじ機能もついていて、すすぎの後に自動でおそうじしてくれるので、洗濯槽の裏側につきやすいカビや皮脂汚れを防いでくれます。

どのご家庭でも設置できるように奥行きがスリムな形と幅がスリムな形が用意されているのも使用する人のことを考えて設計されているので嬉しいです。

東芝 ドラム式洗濯乾燥機の特徴

東芝ドラム式

東芝のドラム式洗濯乾燥機の特徴として、ビッグマジックドラムという機能があり、黒かびの原因となる汚れを寄せ付けず、いつでも清潔に洗濯することができます。

見えない洗濯槽の内側もAg抗菌水でしっかり洗い流してくれます。

次に、温水ザブーン洗浄があり、汚れの種類によって水の温度を変えることで、洗剤の酵素の力を活性化させ黄ばみを落としたり、頑固な油汚れもきれいに落とせたり、おしゃれ着も傷めずに洗濯することが可能です。

ダイナミックな洗浄ができ、たたき洗い、遠心洗い、押し洗いと使い分け、たくさん衣類があっても奥まで洗浄することができるのです。

そして、ふんわリッチ乾燥機能で、繊維ふっくら肌にやさしい仕上がりで、しかもスピーディーな乾燥ができます。

洗濯から乾燥まで60分のスピード仕上げコースから省エネのコースなどその時々で様々なコースを選択できます。

さらにおすすめなのは、ドラム式洗濯機の揺れの振動を抑える振動吸収クッションも搭載されているので、振動や運転音を気にすることなく使用できる特徴もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドラム式洗濯機といってもメーカーごとでも違いがあり、モデルによって機能がさまざまとなっています。

あなたが洗う洗濯物にあわせて機能をみて選ぶなど、是非素敵な洗濯機を見つけてください。

今回紹介した洗濯機

パナソニック NA‐VXシリーズ
大型家電の配送から設置まで承ります。
日立 ビッグドラム
購入時にオプションから設置サービスを同時にお申込みいただけます。
東芝 ドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機多数取り揃えています。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする