ゴルフ初心者の入門編クラブ3本!おすすめゴルフクラブと初心者向けの練習法とは?

初心者におススメのゴルフクラブ

入門ゴルフクラブはアイアン

入門ゴルフクラブはアイアン

初心者におススメのゴルフクラブはアイアンなので、まずアイアンから入るべきです。
アイアンはボールを確実に運ぶことを考えて作られているので、初心者にはうってつけのゴルフクラブです。
まずゴルフで難しいのが狙ったところに打つことですが、プロでもそう簡単にはいかないわけですから、初心者にとってはまずボールが当たるだけで凄いといってもいいぐらいの状態のはず。 そのような状態でウッドのような遠くに飛ばすことを考えて作られたものを使用してもまずボールはまともに当たりません。
まともに当たらなければ遠くに飛ぶこともなく、狙ったところにいくこともなく、全く面白くない競技という印象で終了するという事になる可能性も高くなります。
ボールを何が何でも遠くに打ちたいというのであれば別ですが、まずは基本を知ってある程度ボールを狙ったところに打てるようになりたいというのであれば、アイアンからというのが定石です。
中でもサンドウェッジやピッチングウェッジのような短い距離を打つものを使用するといいでしょう。
一般的にはサンドウェッジかピッチングウェッジぐらいで練習を始めて狙ったところ付近にボールが打てるようになる事を楽しむというのが初心者におすすめの練習方法です。
これが出来るようになるとコースに出ても、刻んで細かく進めていくことが出来るようにもなるので安心してプレーを楽しむことが出来ます。
クラブも短くなっているので比較的扱いやすいですが、背が高い人などの場合は大きくかがまなければならない事もあるかもしれないので、自分がスイングしやすいと思えるアイアンを選択するというのも良いでしょう。あまりに短いと扱いづらいという人がいないわけではありません。
ゴルフを飛ばす競技と考えている人は少なくないかもしれませんが、ゴルフは狙ったところにボールを運ぶ競技というように考えるといいはず。打つのではなく運ぶというのがコツです。
打つとどうしてもボールがどこに行くのか分からないという事になるので、打つのではなくボールをクラブで運ぶというような意識が出来るようになるとスコアも上がってくるはずです。
試行錯誤が必要ですが慣れれば打つのが楽しくなる競技です。

まず必要なクラブ3本とは?

ゴルフをする時にフルセット完全に全種類のクラブを揃える人は珍しくはありませんが、実はそんなに初心者には必要ありません。逆に全種類使いこなすことが出来る人の方が少ないと言ってもいいはずです。基本的には三本あれば十分でそれ以上は無用の長物です。
必要なものは三本でそれはドライバーと7番アイアンとウェッジです。

ドライバー
アイアン
ウェッジ

ドライバーは飛距離を出すときに使用して、7番アイアンは狙ったところにボールを運ぶときに使用して、ウェッジはバンカーに入った時に使用するという事です。
あまり多くのクラブで練習すると、何が何だか分からなくなるという事が起きます。フォームが決まってもいないのに、いろいろなものをやり出すと、何が正しいのか分からなくなるので、意味が無くなってしまうわけです。これら三本は明確に用途が違うので、はっきりと違うものだという認識をすることが出来るようになるので、スイングを覚えるには好都合というわけです。飛ばす、狙う、バンカーで使うというハッキリとした使い分けがあるので、この3通りのスイングをマスターすることで、どこでも安心してプレーが出来るようになるでしょう。距離があればドライバーを使用して、狙う時には7番を使用してというように、クラブの選択を迷うような事もありません。狙う時に自分の飛距離もこれで頭に入っていくので、自分の力ならどれぐらいの飛距離でどの場所にボールが飛んで行くのかということも、基準が出来るようになるので分かりやすくなるのです。
後はそのクラブごとにしっかりと練習をすればいいだけですから、これら3本が使えるようになれば、自分の中で基準が出来て、それと比較しながらプレーをすることが出来るようになります。この距離なら届く届かないという事も分かってくるようになるはず。

クラブ3本の選び方は?

クラブ3本の選び方は?

選び方はクラブによっても変わってきます。

ドライバー

ドライバーであれば振れる範囲で重いものを選ぶようにしましょう。重たすぎるというのは論外ですが、軽すぎると飛距離が出ませんし、素振りの姿勢も安定しなくなります。少し重みを感じるようになると、それによって持つ筋肉が緊張するようになるので、素振りの姿勢を安定させやすいようになるわけです。イメージとしてはボーリングのボールを選ぶような感じをイメージすると理解が出来るかもしれません。軽すぎるボールだとどんな風にでも投げられるので素振りの姿勢を固定しにくいのです。そのため、振れる範囲で重いものを選ぶようにします。ロフト角は10°~12°で大きめのものが良いでしょう。この角度が大きいほどボールが高く上がりやすくなります。初心者はボールを意識的に高く上げたいと考えて素振りの姿勢がおかしくなることもあるので、ボールが上がりやす角度のものを選ぶのがよいというわけです。シャフトの硬さも自分のスイングに合せて選ぶようにしましょう。この硬さが合ってないと、自分の素振りよりも遅れてボールにあたるような感じになったり、逆に早く当たる感じになったりします。しなりとも関係してくるので、素振りのスピードが関わってくる事になるわけですが、これについては、実際に自分素振りしてみていろいろな硬さのモノで比較してみると理解出来るはず。しっくりくる実感がある一方で何か振りにくいと感じるものがあるはずです。

アイアン

アイアンを選ぶ時にはキャビティアイアンを選ぶようにします。これはボールを打つのに最適な箇所が広めに作られているからです。マッスルバックという種類では、50円玉程度の大きさでなのに、キャビティタイプでは500円玉ほどの大きさになっています。芯が大きく当てやすいというように説明したら分かりやすいかもしれません。初心者のうちはボールがどこに当たるか分からない訳ですから、どこに当たってもいいように芯が広くなっている物を選ぶようにしましょう。次に振れる範囲で重いクラブを選ぶという事も必要です。理由はドライバーの時と同じで安定して振る事が出来るようになるからです。バウンス角はSWで12°~14°、PWで8°程度を選ぶようにするといいでしょう。

アイアン

ウェッジを選ぶ時には、ロフト角とバウンス角が重要になるのでこれを注意して検討してみるべきです。ロフト角はSWで56°、PWで48°近くのものが良いと思われます。バウンス角が大きいと、バンカーからボールを出しやすくなりますしねアプローチが簡単に打てるようになるので、これが大きめのモノを選ぶようにするわけです。

ゴルフクラブおすすめ商品

テーラーメイドの「SLDR_Sドライバー」

ドライバーであれば、テーラーメイドの「SLDR_Sドライバー」です。多くのゴルフショップで、売れ筋ランキング上位に入る常連で高い評価を受けていることからも間違いない商品といってもいいはず。

テーラーメイドの「AEROBURNERアイアン/KBS C-Taper90 スチール」

アイアンであれば、テーラーメイドの「AEROBURNERアイアン/KBS C-Taper90 スチール」です。上記の条件は全てクリアしていますし、ミスしにくい設計になっているのも魅力的です。

タイトリストの「ボーケイ・デザインSM6ウェッジ」

ウェッジであれば、タイトリストの「ボーケイ・デザインSM6ウェッジ」です。癖がなくバランスがとれているので、初心者には向いていて使い勝手もいいはずです。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする