実はシャフトでゴルフクラブの性能が決まる?シャフトの正しい選び方

実はシャフトでゴルフクラブの性能が決まる?シャフトの正しい選び方

実はシャフトでゴルフクラブの性能が決まる?シャフトの正しい選び方

シャフトの役割

ゴルフの基本は、ボールを目標に正確に飛ばし近づけることです。

自分の体のサイズやパワー力量に合ったシャフトが装着されたゴルフクラブを使えば、スイングがしやすいだけではなくボールの初速は速くなり、飛距離も安定します。

シャフト選びはとても重要なウェイトを占めます。重さや硬さトルク・キックポイントなどたくさんの要素の中から自分のスイングに合った一本を探すことが重要です。

どんなに性能の良いヘッドがあっても、シャフトが合っていなければ考えた通りのボールは打てません。

シャフトの硬さで何が変わる?

シャフトには様々なタイプの硬さが存在しています。

レディースのL・レギュラーR・スティッフレギュラーSR・スティッフS・エックスなどの種類分けが一般的です。

エックスの上にもXXやXXXなどより硬いシャフトもあります。同じ硬さの表記でもメーカーやモデルによって統一した基準があるわけではないので、実際に振ってみないと硬さは体感できません。

柔らかいシャフトほどクラブはしなり、飛距離は出やすくなりますがミスをすると曲が大きくなりやすいです。

逆に硬いと、ボールに対するミート率は向上しますがパワーがないとしなりにくく、飛距離が出にくくなってしまいます。

本当に自分に合った硬さを選ばなければ、良いスイングをしても良い弾道や良いスコアにはつながりません。

タイプの違い

ゴルフクラブのシャフトには、その他にも様々なタイプの違いが存在しており、重さも重要なポイントです。

自分の体力に合っていない重過ぎるものを持つと、振り切ることができなくなり、ヘッドスピードは落ちます。逆に軽すぎるとクラブに振り回されるような格好になり、スイングは不安定になりやすいです。

自分のパワーや体格に見合った重さのシャフトを選ぶことが大切です。

ただ体力に自信があるからといって重いクラブを持つと、最初のうちは良くてもラウンド後半の勝負どころでスイングが不安定になることがあり注意が必要です。1ラウンドを通してパフォーマンスを発揮できるちょうど良いシャフトを選びます。

ゴルフを知らない人にとってはあまり聞きなれない言葉ですが、トルクも大切なポイントです。

トルクはシャフトのねじれ度合いを示す数値で、数値が大きいほどよくねじれるという意味になります。

それぞれのゴルファーのタイプにより適正トルクは異なりますが、平均的なヘッドスピードのゴルファーでボールをできるだけ曲げたくない人はトルクが低いものを選びます。

ボールを捕まえて飛ばしたいと考える人は、トルクの値の大きいものを選ぶと良いです。

シャフトにはまた、キックポイントが存在します。キックポイントとは1番しなるポイントのことで、大きく分けて4つに大別できます。

シャフトの手元が硬く先端が柔らかい先調子、逆に手元が柔らかく先端が硬くなっている元調子・手元も先端も硬くなっている中調子・手元も先端も両方が柔らかいタイプのダブルキックです。

一般的に先調子が初心者向けで、ボールは上がりやすくヘッドが走りやすいという特徴があります。

元調子はボールが逆に上がりづらく上級者向けです。

中調子は両方のメリットを兼ね備えており、ダブルキックはスイングにタメを作りやすくボールを捕まえやすいです。

スチール?カーボン?どっちを選ぶ?

スイングの特徴と目的を合わせて考え、どんなタイプのシャフトが自分に合っているのかを判断していきます。

トップの位置でしなるタメの強さもシャフトのタイプを選ぶ上でとても重要です。

とにかく飛ばすために飛距離を追い求めるのか、狙ったところに再現性を高くボールを運ぶ安定感を求めるのかを決めます。

ちょうど良い重さや硬さにしやすいのがカーボンシャフトです。一昔前までは重たいスチールシャフトしかありませんでしたが、パワーのないゴルファーや女性には扱いづらい特徴がありました。

カーボンシャフトは非力な人でもボールが上がりやすくなり、高い弾道を打ちやすいのがメリットです。誰でも気持ちよくスイングができ、ボールを遠くへ安定して飛ばすためにひと役買っています。

ゴルフクラブは野球のバットなどとは違い、いびつな形をしています。スイング中にはトルクが発生してねじれる力が働きますが、スチールなら剛性が高くねじれる力に強いです。

力強くスイングしてもヘッドがブレにくいという特性があります。カーボンは設計自由度が高く、基本的にはどんな特性にも近づけることができるメリットがあります。

ボールが上がりやすくするなど、ゴルファーを補助する性能を持たせるのが得意で、スインガーにとって有利に働くことが多いです。

重い重量帯が作りやすいスチールの特性はパワーヒッターに向いており、軽い重量帯が作りやすいカーボンはスインガーに向いていると言えます。

より自分に向いている一本を見つけることができればゴルフはより楽しく、スコアアップにもつながります。

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする