自分に合わないゴルフクラブを使うと危険!自分にピッタリのゴルフ用品はどれ?

ゴルフ初心者にとって一番気になるゴルフ用品、自分にはどのような用品が合うの?

どのような用品が合うの?

ゴルフ初心者にとって最大の興味はゴルフ用品でしょう。初心者が良くするミスは流行に流されて、プロが主に使うヘッドが小さくて重いゴルフクラブを購入して真似したりして後悔することでしょう。 自分に合わないゴルフクラブでミスして誤った打球をするとひどい衝撃が手にきます。こんな状況で続けて練習すると手首・肘痛などいわゆる「ゴルフエルボー」になるケースも多くみられます。 結局、お金を払って体も悪くなってしまってゴルフに興味がなくなってしまうこともあるので最初にゴルフ用品を慎重に選んで買うことが大事です。

ゴルフクラブの種類を調べよう!

ゴルフクラブの基本知識

ゴルフクラブの基本知識

ゴルフクラブは三つのパートで構成されています。握る部分のグリップ、ボールを打つ部分のヘッドまた、グリップとヘッドを連結してくれるシャフトがその三つです。 また、ゴルフクラブは用途によって大きく4つに分けることができます。飛距離を出してくれるウッド、操作性がいいアイアン、アプローチがうまくできるウェッジ、グリーンで使っているパターです。番手の数字が高ければ高いほどボールが高く跳ね上がりやすいし、距離が出るので難しいです。基本的に練習は同じ力でスイングをしてからクラブの番手を変えてボールの飛距離、高さを制御します。

パートによってクラブ選び方

ゴルフのパート

● ヘッド

初心者に打ちやすいキャビティバックが深く掘られている形を選んで打球の面積をよく活用して安定感を高くするようにしましょう。 初心者は正しい打球を打てる確率が低いので強いシャフトは衝撃を吸収せず手にそのまま伝わるので、ヘッドが大きくて、重さがヘッドの外側に分散されている方が良いです。このようなゴルフクラブのヘッドは正しい打球ではなくてもボールがある程度は飛んでいって間違った打球の衝撃でもヘッドが分散してくれて吸収されます。

● シャフト

シャフトはフレックスという名で高度を意味しています。フレックスは5種類あり、L<A<R<SR<S<Xの順番で硬くなります。一番硬いXは上級者用で使いにくく、Sは中級者用です。 初心者はフレックスRが柔らかくて鞭のように曲がってスピードが速くなり、飛距離が遠くなるのでおすすめです。 また、シャフトはスチールシャフトとカーボンシャフトにも分かれます。スチールシャフトは捻りが少なくて打球の時飛距離と方向性が一定的なのでほとんどのプロの選手がスチールシャフトを利用したクラブを使用していますが、初心者と女性の場合はカーボンの方が軽いので多く使います。 価格的にはスチールシャフトがカーボンより安いですが、シングルハンディを持っている方は方向性と飛距離に関した理由でスチールシャフトを好むことも多いです。 初心者は正確なショットを打つためにスチールシャフトクラブを買う方が多いですが、力がある方や若い方はスチールシャフトクラブを購入することもおススメです。その他ならカーボンシャフトを選択するのがおススメです。

●ヘッド

グリップは自分にピッタリ合うものを選択するのが最も大事です。左手でグリップを握った時、中指と薬指がグリップを握った後手のひらに軽く触れているのが自分に合うグリップです。 グリップが太すぎるとヘッドの重さを感じられず飛距離の損失になるので、購入するクラブのグリップが大きく感じたり、小さく感じたら交換しましょう。 また、手に汗が多い方はグリップの半分以上に糸が巻きついている糸グリップがおススメです。

種類で調べるグラブ選び方

● ドライバー

ドライバー

飛距離を出してくれるクラブなので重ければ重いほどよさそうという固定観念が無意識の中にあるかもしれません。もちろんスイングのスピードが速いプロ選手や筋力が強い方には合う話ですが、ヘッドスピードが遅い方や身体的に強くなければ全体重さが250g~270gの軽いドライバーが効果的です。アメリカクラブフィッティングの専門店の関係者はスイングスピード時速130㎞なら軽いクラブを選択するべきで、体の緊張感を減らすためヘッドスピードが時速6.5~8㎞ぐらい高くなり10~15ヤードぐらい距離も伸びる言います。また、長さは自身の身長にかかわらず標準サイズの女性なら44インチ男性は45インチを選ぶことがおススメです。

● フェアウェイウッド

ウッド

フェアウェイで使用することを基にした構造です。そのため、フェアウェイウッドの方がターフの抵抗を減らしてくれるので、ヘッドが小さく、ホールも上がりやすい構造になっています。フェアウェイウッドは3番ウッドのロフト角度が15度で16.5~17度ぐらいに高くなっています。これはウッドのヘッドの弾性もドライバーように高くなってスピンを減らしたことにつながるためでしょう。スピンを減らすと十分な弾道が出なくて思った通りのショットの距離を得ることができません。そのため、ロフトを高めに上げています。ウッドの弾道があってこそ高めに飛んで柔らかく舞い降りるショットを作れます。選ぶ時にはドライバーと同じモデルを選択することがおススメです。初心者は5番ウッドのみでも活用性高く楽しめるので全体的なバランスと合わせて買うのがいいです。

● ユーティリティー

ユーティリティー

ユーティリティーの役はウッドとアイアン間の飛距離差を補うために作られたクラブです。実際フィールドでセカンドショット用に最も使われているクラブです。ユーティリティーはフェアウェイウッドとロングアイアンの変形されたものだと言われていますが、フェアウェイと低いターフで使用されています。ウッドより使いやすいしもっと正確で最近人気のクラブです。種類はアイアン型とウッド型に分けられっていますが、アイアン型は操作性や強い弾道を持っています。最近はモデルも足りないし、ウッドタイプを使う選手が多く使うようになってトレンドになりました。選ぶ時にはフェアウェイウッドやアイアンと同じシリーズを買うことがいいです。また、柔らかな打撃がいいと思う方はボールが上昇しやすくエリアが広くヘッドが大きいウッド型を選ぶのがおススメです。

● アイアン

アイアン

アイアンはゴルフにとって大事なクラブです。特に初心者はアイアンでスイングの基本を学ぶことが基になっています。アイアンは80~200ヤードで狙ったところに向いて打つことで色々な時に使われています。アイアンはフェアウェイウッドやドライバーより短くコントロールもしやすいです。また、細かく狙うように多めの本数を持っています。アイアンは飛距離差で分類されますが、1~3番まではロングアイアン4~6番はミドルアイアン7~9番はショットアイアンと言われます。最近増えているソール部分が大きい製品は特に若い方は選ばない傾向ですが、ソールの幅が広ければ広いほど長所が多いです。広いソールはボールを楽に浮かばせてくれ、ヘッドが地面に深く入り込むことも防止されます。大きいソールはヘッドの重さを最大限下端に下げるための設計であり、飛距離アイアンを標榜している製品はほとんど標準ロフトより4~6度ぐらい低くソールの幅が広いです。

● ウェッジ

ウェッジ

ウェッジは目標を正確に狙うためのクラブです。アイアンより飛距離は落ちますが、短い距離を狙うには楽です。ウェッジはPW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)三つに分けっています。ピッチングウェッジの角度は46度~50度です。低い段度で転がして接近する時に使われています。サンドウェッジは底が丸くデザインされていてクラブヘッドがほぼ抵抗をもらわなく動くようにしたり、ボールをグリーン上に飛び上がるようにしたりするショットを可能にしています。ウェッジはボールを飛び上げたいときやバンカーで使っています。また、アプローチウェッジ PWとSWの間に位置されているバランスがいいウェッジです。初心者はアイアンと一緒にミスを隠すためソールが広い製品をおすすめします。

● パター

パター

パターはグリーンでボールを入れるときに使われます。グリーンでの使用に特化されているので基本的にグリーン区域以外には使用しません。パターを選択する時はヘッドの形、シャフトの長さ、グリップの太さなどを考えて購入するのがいいです。特にパターのヘッドはピンタイプ、L字タイプ、T事態部、マレット型、ネオマレットタイプの五つ分類されています。その中で一般的にはピンタイプとマレットタイプをおすすめします。また、最近大事なことになってきたのがロフトで、大体のパターは2~4度ぐらいのロフトを持っていまが、アドレス(ボールを打つために構えること)の時グリップをターゲット側に傾けてくれる方ならロフトを減らすことを計算し、もっと高いロフトのパターを選ぶことがいいです。また、アドレスのとき両手をボールのすぐ上側や後ろに位置するならもっと低いロフトのパターが効果的です。

その他ゴルフ用品選び方

足が楽なゴルフシューズ

シューズ選び方

過度なクッションがあるゴルフシューズはあまりよくないです。ゴルフシューズはバックスイングからフィニッシュに繋がる全体的なスイング動作が揺れないように堅固に支えなければならないので安定したスイングに役に立つようにフィールドと足の距離が近いことがいいです。 18ホールラウンドをする間に一番楽でなければならない身体部位は足です。平地、丘、砂などをずっと歩いて行くために必ずゴルフシューズを着用し、本人の足に一番合うシューズを選ばなければならないです。ゴルフシューズが合わない場合には良いスコアを出すことにもラウンドを回す時にも遠回りに感じ続けて気になります。また、ゴルフシューズは機能性も考えなければなりません。一般的にゴルフシューズのスパイクはプラスチックで作られていますが、特殊制作したスパイクなら余りの取り換え用のスパイクがあるかないかを確認することがいいです。取り替える時期に在庫がなくなり、取り換えさないならムダになるからです。余分のスパイクかあるかどうかを確認し、はき心地が楽なことを確認してからその後にデザインやブランドを考える方法をおすすめします。

指先に合わせたゴルフグローブ

グローブ選び方

ゴルフグローブはフルスイングの時クラブが滑ることを止めてくれるし、手のケガを防止してくれます。必ずグローブを嵌める必要はありませんが、ほとんどのゴルファーはグローブを嵌めています。普通は男性は片手グローブを女性は片手や両手のグローブを使用します。また、男性の標準サイズは23-24cmになっていて女性の標準は19~20cmになっています。自分に合わないグローブを着用するとグリップ力も落ちってしまうので、ヘッドのスピードにも影響を上げるためしっかり選択することがいいです。サイズは指関節で約1~2cm下と人差し指関節で1cmぐらいの下の手平と手の甲を合わせた数値が標準となっています。

競技力を向上させるゴルフボールの選び方

ボール選び方

最近、様々なゴルフボールが販売されていますが、ボールで自分の個性を表現できます。しかし、ゴルフボールの外部デザインのみが重要なことではありません。 ゴルフボールは構成によって1~5ピースボールで分けますが、内部の層の数によって1~5ピースに分類されています。

● ピースに合わせた選び方

1ピースのボールは一つの素材で作られて主に練習用で使うボールです。 2ピースのボールはカバーの以外にも1層のコアに構成されていて他のピースより硬いのでもっと遠くへ飛びます。主に中級ゴルファーが使用し、ヘッドスピードが速くない女性なら2ピースボールが適当です。 3ピースボールは 飛距離よりスピンがもっとうまくできるボールで多めの方が使われています。スピンが多いのでコントロールは難しいですが、わざをかけるときに使用するといいです。 4,5ピースボールはシングルゴルファーやプロゴルファーが良く使うボールです。2,3ピースの長所を集まっていろいろなショットが可能です。しかし、価格が高くて初心者はコントロールするには難しいので、精巧なショットができる方が使うことがいいです。

まとめ

まとめ

ゴルフ用品の選択には正解はありません。最初から高いクラブを購入することもできますが、自分のレベルに合わせてゴルフ用品を選択し、うまくなれるならもっと上を目指して一段階のクラブを買うのも喜びではないのでしょうか。 自分にピッタリ合う用品を探して元気なゴルフを楽しんでください。

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す