音質で選ぶGoogle Assistant対応スピーカー3選

Google Assistant対応スピーカー

音質で選ぶGoogle Assistant対応スピーカー

Googleアシスタントに対応したオススメのスピーカーをお探しの方や、せっかく購入するのであれば音質にも拘りたいという希望に最適なスピーカーをご紹介いたします。対応製品の各メーカー毎の特徴なども比較し、あなたにピッタリのGoogle Assistant対応スピーカー選びに役立ててください。

スマートフォンなどの普及によって無線で繋がる家電も多くなってきました。

特に昨今注目を浴びているのが実生活のアシスタント機能をもっている機器で、音楽を指定して流させることなどはもちろんのこと、天気やその他の情報などを気軽にアシスタント機器に話しかけることによって簡単にその答えが返ってくるという非常に便利な生活家電です。

そのアシスタント機器にも色々とありますが、答えやタイマーなどの音の質を上げるGoogleアシスタント機能対応のスピーカーが注目されています。

アシスタント対応スピーカー自体も多くのメーカーから多種多様な機器が販売されており、それぞれ独自の技術で開発されたこだわりのある製品が多く揃っており、現在では大手家電量販店でも簡単に機能を体験できる家電として知られるようになってきました。

スピーカーのなかには、音楽により力を注いだものや、声の認識能力の高さが評価されているもの、そして実生活に欠かせない存在となるアシスタント対応スピーカーそのもののデザインに凝ったものなど、それぞれのメーカーによって特徴や一押しのポイントが異なってきます。

ONKYO VC-GX30の特徴やポイントについて。

さまざまなメーカーのなかでも特に人気が高いアシスタント対応スピーカーのひとつとして挙げられているのがONKYから販売されているVC-GX30です。

ONKYOならではの迫力のあるサウンドで、音楽やラジオなどはもちろんのこと、実生活に役立つ情報を答えてくれるアシスタント機器からの声もよりクリーンにすることができるスピーカーということで人気があります。

音楽を自由に楽しめるストリーミングサービスはもちろんのこと、Google検索やその他のスマート家電の操作も簡単に行うことができるアシスタント機能そのものの繋がりやすさもポイントのひとつと言えるでしょう。

特にGX30はさまざまな音楽配信サービスからの音楽を伝送し、その他の機器と複数同時にストリーミング再生をすることができるアプリと連携が可能となっている点も特徴です。そのためスマートフォンだけでなくパソコンやタブレットなどにも対応しているため、サウンドバーやハイファイシステムなどを組み合わせて音楽の質を利用者の好みに自由自在にできる点が最大のポイントでしょう。

また、他のスピーカーが基本的に無指向性であることが多いなかで、GX30は通常の高品質なスピーカーと同様の指向性とした点もポイントです。無指向性であると部屋のどこに置いたとしても同じような音質で音楽などが聴けるというメリットがある一方で、音がばらけやすく音質が低下するという欠点をもっています。

その点で、指向性としたGX30は、もっとも良い角度で音楽を流すことにより非常に高い音質で音楽やラジオなどを楽しむことが可能で、より音楽に重点を置いている利用者には非常に重要なポイントとなります。

VC-GX30は搭載されているスピーカー自体の質も高いため、角度が悪ければその分無指向の製品よりも音質が低くなる可能性を限りなく低くしていることも特徴です。
音質の技術が高いONKYOの製品ということもあり、音楽の重厚感や深み、奥行きといった点が評価されて人気なのね。

SONY LF-S50の特徴やポイントについて。

ソニーから販売されているLF-S50も人気のアシスタント対応スピーカーであり、評価されている製品です。

質問や要求などを話しかけることによってアシスタントを受けられる機能に対応しているのはもちろんのこと、登録した複数のユーザーの声を製品側が認識することによって、より個人に合わせたサポートが可能となっている点が特徴です。

S50のポイントは、声による認識機能が高いことが挙げられます。同じような製品のなかには、複数の声に対応している機能をもっている一方で、話しかけた人の声とは別の利用者として認識してしまうという機器側の問題もありますが、その点でS50の声に対する認識能力の高さは特徴のひとつであり評価されているポイントとなっています。

そのため利用者のスケジュールや通勤など個人に合わせた機能を利用しやすく、ひとつのアシスタント対応スピーカーで複数の利用者が確実に利用できるより実生活向きなスピーカーと言えるでしょう。

また、ソニーは音質技術も高いため、スピーカー越しに流れる音楽やラジオの音質も高いことで知られています。S50も音質の点でも評価されており、音楽配信サイトとの連携も相まって気軽に音楽サービスやポッドキャストを楽しむことができます。

その他のアシスタント対応スピーカーと連携できるスマート機器への接続も可能で、毎回スマート機器を操作することなくスピーカーに声をかけることによって即座にその他のスマート機器を起動および操作が可能です。

この機能を利用するにあたっても、S50の音声認識機能の高さが活かされており、声の聞き間違いや登録機器の選択ミスといったことが非常に少ないという点もポイントのひとつと言えます。

ソニーが販売しているその他のスマート機器やスピーカーとの連携も可能で、たとえばソニーのワイヤレススピーカーを同じホームネットワーク環境においておくことによって、S50に音楽などを流すよう指示をすれば、別の部屋に置いてあるワイヤレススピーカーからも流せるんだよ!
音質を重視している利用者向けのサービスも充実しているのはオススメポイントね

PANASONIC SCの特徴やポイントについて。

パナソニックが販売しているアシスタント対応スピーカーも、数あるスピーカーのなかで人気があり、また評価されている製品です。

SCシリーズはスピーカーシリーズで知られており、評価という点において過去からの実績と搭載される技術の蓄積があります。その点では他の新興スピーカーと比べてより堅実な製品と言えるでしょう。

SCはアシスタント対応スピーカーということで、話しかけることによって情報や音楽などの要求に応えるという基本的な機能が搭載されているのはもちろんのこと、マルチルーム機能を備えているため対応アプリを入れているその他のスマート機器やデバイスと連携して複数同時に個々の部屋などで音楽を流すことが可能な点も特徴です。

SCのポイントとしては、音質や機能などを他のアシスタント対応スピーカーと同等かそれ以上の性能を保ちつつ製品そのものの大きさをコンパクトに仕上げた点があります。独自の音響技術でコンパクトでも迫力のある音楽を聴くことが可能で、音質も高いことから知りたい情報やラジオから流れる人の声もクリーンに聞こえるという点も評価されています。

また、ポイントのひとつとして、製品そのもののデザインにも力が注がれているのが特徴です。常に実生活において目につく家電となるアシスタント対応スピーカーとして空間に馴染みやすい外的設計がなされており、家庭にあるインテリアと並べても遜色のない優しいデザインとなっている点も重要なポイントであり評価されている要因のひとつとなっています。

同製品をもう一台並べることによってより迫力のあるステレオスピーカーとしての機能も搭載されており、音質にこだわる利用者などにも対応しているのが特徴的なんだ!
コンパクトさが活かされており、2台並べたとしても実生活で邪魔になりづらいということも強みね

まとめ

Googleアシスタントに対応したスピーカーの選び方は、大きさなども気にしておきたいポイントです。それぞれのスペックなども参考にしておきましょう。

●スピーカー型式:密閉型
●使用スピーカー:ウーファー80mmプレス加工パルプ振動版 ツィーター 20mmソフト型ドーム
●定格出力:40W
●Bluetooth:Bluetooth標準規格 Ver 4.2、Class2、対応プロファイル A2DP、最大通信範囲 10 m
●対応コーデック SBC、AAC
●サイズ:120x168x123 mm
●重量:1800g
重さがある分オンキョーの技術が詰まってる感じがするよね!
最近は丸みを帯びたデザインが多いけど、スピーカーです!って感じもやっぱり惹かれる。
オンキョー VC-GX30
迫力あるサウンドを奏でるスマートスピーカー、Google アシスタント搭載AI対応スマートスピーカー
●スピーカー型式:密閉型
●使用スピーカー:フルレンジ:直径約48mm、サブウーファー:直径約53mm
●総合出力:18 W
●Bluetooth:Bluetooth標準規格 Ver 4.2、Class1、対応プロファイル A2DP、AVRCP
●対応コーデック SBC
●サイズ:110x162x110 mm
●重量:約750g
正面に時計表示があるんだね
防水・防滴でキッチンなど水回りにも置けるのはいいですね。
ソニー LF-S50
筒型デザイン黒白青の3色カラーバリエーション
●スピーカー型式:バスレフ型
●使用スピーカー:ウーハー:8 cm コーン型×1 ツイーター:2 cm ドーム型 ×2
●総合出力:40 W
●Bluetooth:Bluetooth標準規格 Ver 4.2、Class2、対応プロファイル A2DP、AVRCP、最大通信範囲 10 m
●対応コーデック AAC、SBC
●サイズ:100x284x100 mm
●重量:約1700g
3.5ミリステレオミニジャック搭載だから外部プレーヤーを接続できるのっていいね。
Music Controアプリでスマホから設定操作も可能なのはいいわね。
パナソニックSC-GA10
コンパクト+高音質+イコライザー設定可

関連するキーワード

関連記事

新着おすすめ記事

おすすめ情報

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする