使用目的に合わせた家庭用プリンターの選び方

家庭用プリンターの選び方

家庭用プリンターの選び方

プリンターを新しく購入しようという方は、何かを印刷したいという希望を持っていることでしょう。

しかし、どのような印刷に強いのかという事はタイプや機種によって変わってきます。 には、どのようなものを主に印刷するのかという事を決めてから選ぶようにしたほうが、使いやすいものを選びやすくなります。

ぜひ、どのような印刷が多くなるのかという事を考えながら、どういったタイプや機種が良いのかについて考えておきましょう。

利用シーンでタイプが変わる写真印刷・文章印刷

利用シーンでタイプが変わる|・写真印刷・文章印刷

たまに写真をプリントして個人で楽しみたいという方は、比較的繊細な色を再現しやすいインクジェットのタイプがおすすめです。 専用紙を使う事でより美しくきれいにプリントすることが可能になります。 継続して印刷することも考えると、専用紙の価格も使いやすいかどうかなどを考えるうえでも重要なポイントとなってきます。

機種選びの際には専用紙の価格などもチェックしておくとよいでしょう。 同じインクジェットプリンターでもどの印刷に強いかなどはそれぞれ異なることがあります。 印刷見本などを見比べて納得いくものを選んでいきたいものです。

文章の印刷はどのプリンターでも対応することが出来ますが、その量によって向き不向きもあるということが言えます。 個人がプライベートで利用する程度であればインクジェットのほうが写真印刷などにも対応しやすくて使い勝手が良いでしょう。

仕事に使う場合や組織の中で大量に印刷する必要があるという場合などにはインクジェットよりもレーザープリンターのほうがコストが安くなるという事もあります。 レーザープリンターは文字をくっきり印刷できるというメリットもあり、細かい文字が多い文書を印刷する場合などには見やすい形で印刷することが出来るのは役立ちます。

印刷スピードも速いので大量印刷に向いています。 単に文章を印刷するというだけではなく、文章をどれぐらい、どのような形で印刷するのかという事を考えつつ、購入するプリンターのタイプを選んでいくようにするのがおすすめです。

このように、大まかに自分がこれからプリントする物を考えていくだけでも選び方に影響が出てきます。 ぜひこれから利用するシーンを思い浮かべながら、より使いやすくお得に利用できるプリンターを選んでいくようにしましょう。

インクジェット・レーザーのメリットデメリット

インクジェット・レーザーのメリットデメリット

家庭用プリンターとして使われるもののタイプを大きく二つに分けると、インクジェットプリンターとレーザープリンターに分けられます。 どちらも紙に印刷できるという点では同じように見えますが、それぞれに特徴がありますからきちんと特徴をつかんで適したものを選んで購入するようにしましょう。

一度購入するとしばらく使うものですから、その後の生活に大きくかかわってくるものになります。 それぞれのメリットデメリットについて見ていき参考にしてみましょう。

インクジェットプリンターのメリットは、機器本体の価格が安いものが多いという事です。 気軽に購入できる値段のものも多くありますから、初めてプリンターを使ってみるという方はインクジェットのものを選ぶことが多いでしょう。

レーザーに比べると交換部品な度も安価なものが多いですし、買い替えてもそれほど大きな値段にならないということが使いやすいポイントです。

また、インクを直接紙に吹き付ける形で色を付けていくので、細かい色の変化なども表現しやすいと言われています。 写真をプリントするという方にも使いやすいということが言えます。 家庭で使うという場合には、小型のものが多く場所をとらないという点も大きなメリットになります。

インクジェットのデメリットとしては印刷の速度が遅いということがまず挙げられます。 そのためスピードが要求される場面で使いにくいものですが、家庭で利用するというときには多少時間がかかってもよいという事もあるので、それほどデメリットを感じていないという方も多いです。

もう一つでメリットを上げるとするなら、印刷コストは比較的高めになるという事です。 同じ文書を大量に印刷するという場合にはレーザーの方が安上がりになることもあります。 仕事にも使うのか、プライベート用だけなのかによってどちらを選ぶかということが変わってくることになります。

レーザープリンターのメリットは、印刷速度と一枚当たりのコストが安いことが挙げられます。 特に大量の文書を印刷する必要があるという場合にはレーザーが向いています。 オフィスなどではレーザープリンターが選ばれることが多いです。

レーザープリンターのデメリットとしては、機器の価格や交換部品などが高額になりがちということがあります。

まず使って見ようというときに大きな金額は出しにくいですから、初心者が利用するというときには手を出しにくくなってしまうでしょう。 機器自体がかなりの大きさになってしまうという事も家庭用としては大きなデメリットになるといえます。

使い方によって重視したいポイントは変わってくることになります。 こうしたメリットデメリットを比較して、自分の使い方に合ったプリンターのタイプを選んでいきましょう。

家庭用インクジェットプリンター種類

家庭用インクジェットプリンター種類

インクジェットプリンターはインクを紙に吹き付けて色を付けていくことになりますが、その吹き付け方によって種類が分けられています。

種類自体は数多くありますが、家庭用として使われているものにはビエゾ方式とバブルジェット方式というものがあります。 ビエゾ方式は電圧の変化でインクの吹き出しを調整するというもので、熱を掛けないためインクが劣化しにくいというメリットがあります。

バブルジェット方式は熱を加えて気泡を作り、それを利用してインクを拭きだす方式です。 構造が簡単なものなので小型化がしやすいというメリットがあります。 こだわって選びたいという方はこうした種類にも注目してみるのが良いです。

カートリッジのタイプとコスト

カートリッジのタイプとコスト

インクジェットプリンターを使ううえで重要なのが、インクが入ったカートリッジです。 印刷するときには必要になりますから、印刷すればするほど買い足していく必要があります。 そのコストも頭に入れて機種を選んでいくのがおすすめです。

一色単位になっているものと、全色が一つのカートリッジになっているものがあります。 よく使う色があるという場合には、全色が一つのカートリッジになっていると、一色切れるとすべて交換ということになってしまうのでコストが大きくなりがちということがあります。

使う色に偏りがあると思う場合には一色ごとのカートリッジになっているタイプを選ぶのが良いでしょう。

大容量のインクが入るタンクがあり、そこにインクを継ぎ足していけるタイプなども販売されています。 こうした形であればコストも抑えられますし、ゴミの量も大幅に減らすことが出来るので環境にも優しいということが出来るのです。

プリンターは生活の一部として便利に使っていけるものですから、使いやすい価格であるという事も大切です。

プリンター自体の価格だけではなく、インクをどのように追加していけるかという事も、長く便利に使っていくためには大きなポイントとなりますので、購入時にはカートリッジの形や価格についてもしっかりチェックしていきましょう。

関連するキーワード

関連記事

コメントを残す

新着おすすめ記事

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す

test

【家電から日用品まで全品対象!!】
d払いでポイント10倍キャンペーン実施中!
いますぐチェックする>>

チェックする