珪藻土バスマットを買ってみた!

珪藻土バスマットがかなり身近に

以前こちらの記事で紹介した珪藻土のバスマットですが、実際に買って試してみました。

最寄り駅内の駅ビルに入っている「FrancFranc」に売られていたこの商品。

以前から興味はありましたが、一回東急ハンズに行ってみて色々種類が出ていて、
サイズや、どのメーカーを選ぶか迷い一旦帰ったのを覚えています。

その時は結構高価な印象でした。

珪藻土バスマットの値段

実際に買ったのは「¥3,500(税込み)」の30cm四方の商品。
FrancFrancにはこのタイプとももう一個大きめな、たしか「¥4,000台」の2種類の商品があり、
価格もかなり抑えられてきていて、種類も迷う必要も無く即決で購入してしまいました。

珪藻土バスマットの使用感

実際に開けて確認。
結構ずっしりキます。


ニオイを嗅いでみるとかなり臭い。

ただ、鼻を結構近づけないとわからないくらいなので支障は有りません。
(足くさくならないかな・・と少し不安になりましたが)

土と藻の成分だと思うので、使用後は全然臭くはなりませんでした。

いざバスマットを置いてみると、四角く自然色なので全然違和感もなく、むしろフロアの一部として備え付けかな。。と思う位。


ビチョビチョの状態過ぎると実際使った時、流石に水を吸いきれないだろうと思い、
最初から使ってみてがっかりするのがいやだったので、お風呂から上がるとき足以外の全身を軽く拭いてから乗ってみました。


少し足の裏が冷たい。。


でもなんか1秒程度でさらさらしてる感じがする。
冷たさのせいなのか、珪藻土の力なのかよくわからず、一歩バスマットから足を外してみると。


まぁさらさら!!

さっきまで足を置いていた珪藻土上の水分もみるみるうちに引いていきます。

風呂上がりですぐさらさら感になるので、今までにない気持ちよさ。
全身をゴロゴロしたいくらいでした。

ただ、自分が利用したのが、30cm四方だったので、足以外(頭や腕、少しかがんた時に漏れる水)に対しては流石に拾いきれない状態。

でも珪藻土の実力は確かなので、デカイサイズだったら、きっと軽く拭かずにも、風呂上がりまんまの状態で使っても
満足の行く感じで使えると思います。

なので、多少値段が張っても大きいサイズの購入をおすすめします!

使った後は壁に立てかけておくだけ。
結構長いこと愛用できるアイテムの様で、効きが悪くなってもサンドペーパーで削るだけ。


迷ってる方は是非大きめなサイズオススメです。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す
レビューの一覧はコチラ