オイルヒーターの特徴と上手な選び方について

オイルヒーターの特徴

オイルヒーターの特徴
オイルヒーターは、石油やガスを使うファンヒーターのように、すぐに部屋全体を温めてくれる、
というものではありません。

ですが、オイルの輻射熱で、じんわりとお部屋を暖めますので、ほこりや騒音が気になりません。

また、急激にあたためる製品とは異なり、乾燥が気になる方にもおすすめです。
また、器具に触ってもやけどをしにくいため、赤ちゃんがいる家庭などにもオイルヒーターが向いているといえるでしょう。

オイルヒーターのメリット・デメリット

オイルヒーターのメリット・デメリット
オイルヒーターは、その構造やあたため方に非常に特徴のある暖房製品であるといえます。

そのため、購入の際には、メリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

まず、オイルヒーターの有効範囲についてですが、木造であれば6畳ほど、コンクリートであれば15畳ほどが有効範囲となります。

お部屋を暖める速度は非常に遅いですが、石油ストーブやガスファンヒーターとは異なり、換気をする必要はありません。

オイルヒーターのメリット

オイルヒーターのメリット
オイルヒーターは、手を瞬間的に触れても、やけどをしにくい温度に保たれているため、寝具などが触れても発火しにくいという点からも、安全性が高いことが最大のメリットであるといえます。
さらに、石油ストーブのように臭いが発生したり、温風でほこりが舞い上がったりすることもありませんので、クリーンな暖房器具であるといえるでしょう。

運転音もほとんど発生せず、急激な温度の上昇・下降もなく、穏やかな暖かさが続きます。

オイルヒーターのデメリット

オイルヒーターのデメリット
オイルヒーターは、オイルの輻射熱という特殊な暖房方法を用いているため、部屋が暖まるまでに時間がかかってしまう点がデメリットとして挙げられます。

また、大きな電力を必要とする製品が多く、部屋を暖めるまでに時間がかかることもあり、電気代が高くなりがちな点も挙げられるでしょう。
その消費電力の大きさから、ブレーカーの遮断などにも注意が必要です。

さらに、重量もありますので、移動の際には注意が必要です。

オイルヒーターの購入の際の注意点

オイルヒーターの購入の際には
オイルヒーターの中には、タイマー機能がついているものがあり、消費電力を最小限に抑えることも可能です。

また、オイルヒーターは、フィンの形状や枚数により暖まり具合などに差が出るため、こちらも考慮したほうがよいでしょう。

近年では海外メーカーだけではなく、日本製のオイルヒーターも存在します。

お手頃価格のメーカーもありますので、オイルヒーターを購入する際には製品の特性をよくチェックしましょう。

その他暖房器具の特徴とオススメポイント、使い方

電気ストーブのオススメポイント!~気軽に使える点が便利~
カーボンヒーターのオススメポイント~「すぐに暖まる点」だけじゃない~
オイルヒーターのおすすめポイント~特徴と上手な選び方について~
ガスストーブのおすすめポイント~使い方や設置方法、選び方~
ガスファンヒーターのおすすめポイント~空気が乾燥しにくく燃料を買う手間も不要~
石油ストーブのおすすめポイント~電気が無く節約できて静か~
石油ファンヒーターのおすすめポイント~部屋全体を暖める事に優れている~

>更にその他暖房器具のメリット→デメリットを確認するならこちらの記事がおすすめです。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す