洗濯機の選び方基本編 – 生活スタイルから探す方法

洗濯機の選び方

洗濯機選びの方法をご存知でしょうか?洗濯機を選ぶ基本的イメージは、メーカーごとで大きな違いはなく共通して捉えて参考にしてみましょう。用途やライフスタイルに合わせた希望する機能など予め考えておくことで、よりベストな1台を探すことが出来ます。
長期に渡って利用する家電郡に入る洗濯機は、一度購入すると長くつきあう生活家電です。
価格もそこそこしますので、試して買い替えが難しいアイテム。上手に選んで快適なお洗濯をしましょう!

洗濯機を上手に選ぶポイント

洗濯物を入れる画像

洗濯機は購入してからイロイロと気になることが出てきます。購入前に実際に動いている状態を確認して買うなら家電量販店などでデモ演出しているのを見ることができれば良いですが、なかなか機会もありません。ネットのほうが安く購入できたりと価格のメリットはあるものの、使ってみて感じる自分にあわないデメリットも出てきます。ではどういったことを考慮して置くのが良いか洗濯機を上手に選ぶポイントをみてみましょう。

洗濯機にも種類

ドラム式と縦型

洗濯機を選ぶ時にまず種類を考えることが重要です。
現在メジャーなのはドラム型と縦型です。
どう違うのかと一言で言うと、洗ってそのまま乾燥まで済ましてしまうことに優れたドラム型と洗うことを重視する縦型です。

洗濯機のタイプは、二層式、全自動があり、全自動でも縦型とドラム型があります。これは使用者によって意見が異なるのでどちらが良いかは一概には言えません。
ドラム式の利点はだと節水や洗濯をするときの姿勢が楽なの点です。洗浄面重視なら縦型の方が汚れが良く落ちる場合があります。

これは使う人によりますが、忙しくて洗濯物を干す手間を省きたい人はドラム型、仕事や趣味で服が汚れやすい人は縦型が使いやすいといえます。
価格はドラム型の方が縦型より高いのですが、タイマーセットをすれば思い通りのタイミングで清潔な服を着ることができるメリットがあります。

洗濯機の乾燥機能に違いあり

先程、衣類の乾燥までするならドラム型と書きましたが縦型にも乾燥機能があります。
しかし、ドラム型の方が圧倒的に省エネに優れたヒートポンプ式が採用されている機種が多いのです。さらに、ヒートポンプ式は低温で乾燥してくれるので、衣類がふんわりと仕上がります。
なので乾燥させてから取り出してすぐに着用することが多い人は、ドラム型洗濯機の方が利用しやすいです。さらに、低温で乾くので衣類の縮や傷みを防ぐ効果もあります。
まさに一石二鳥です。

洗濯機の価格の違い

洗濯機を購入する時に一番気になるのが価格です。
価格の違いはドラム型と縦型ではドラム型の方が高いです。さらに、容量によってもかなり価格に差があります。
例えば、一人暮らしで6キログラムぐらいの容量でよければドラム型で10万円以上、縦型で3万円以上が目安です。メーカーや機能によって差はありますが、だいたいこれぐらいの価格になります。
かなり価格差があるので機能を取るか、価格を取るか迷うところです。

洗濯機の中古品

洗濯機の中古品はネットでもよく見かけることがあります。
中古品でも気にしないで使える人なら、価格は新品の6分の1程で済むので良いです。しかし、保証が無いので購入してすぐに故障してしまうと残念な思いをします。
新品を買うための購入費用があるなら、中古ではなく新品を買った方が保証がある分お得に感じます。また、中古で買った場合、自分で設置しなければいけないことが多いので不安な部分もあります。

洗濯機の掃除について

洗濯機の掃除と言っても、洗濯機自体ではなく洗濯槽の掃除についてです。 洗濯槽も洗濯機を使う頻度によりますが、月に1回は掃除することをおすすめします。 洗濯槽は見た目に汚れているのが分かりにくいのですが、カビやホコリで意外に汚れています。 いつも使っている柔軟剤や洗剤を使っても、香りや汚れ落ちの効果が薄れたら洗濯槽が汚れているサインです。 酸素系漂白剤を洗濯槽いっぱいまで溜めたお湯に入れて、標準コースで洗濯機を動かせばキレイになります。

衣類洗濯と脱水と乾燥まで可能

衣類の汚れをそのままにして着るのは良くありません。
自動的に洗濯をしてくれ、さらにすすぎ、脱水をしてくれます。
乾燥まで自動で行ってくれる洗濯機のタイプ場合、乾かす手間もなくなります。
梅雨の時期であったり、住宅によっては自宅内で干せないこともあります。
その時でも問題なく衣類の洗濯をすることができます。

洗濯機は水の量を少なくして洗濯

洗濯物の量

家庭で洗濯をするときは水を使います。
洗うとき、すすぐときに使うため、それなりに使うこともあります。
洗濯機のタイプによっては、節水タイプがあります。
これまでなら洗濯機の上部の部分まで水を入れないといけなかったのが、その半分ぐらいの水で洗ったりすすいだりができるものがあります。
毎日行う場合には少しでも節水できるものの方が節約ができます。

洗濯機は家族の人数に変動して選ぶ

節水

洗濯機は家電製品の中でも重要な存在になります。
しかし選び方を間違えると無駄になったり、使えない場合もあります。
洗濯機を選ぶときは、家族の人数から洗濯物の量を推定します。
すると十分な大きさを選ぶことができます。
マンションなどだと洗濯パンと呼ばれる専用の置き場があります。
ここに置くことができるたいぷを選ばないと、せっかく買ったのに使えないこともあります。

洗濯機は機種によって大きいものも洗うことができる

洗濯機の機種

普段、洗濯機を使って洗うものは洋服などの衣類でしょう。
それ以外に寝具であったりカーテンなどの大きいものを洗いたい場合がありますが、洗濯機の種類によっては、大きいものを洗えるものもがあります。
全自動タイプであれば洗う部分や脱水の部分が広くなっているので、大きいものでも洗え、二層式だと脱水が難しいでしょう。
毛布などが多い家庭でも、大きなものを選んだ方が良い場合があります。

洗濯機の選び方はこちらもチェック!

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す