ドラム式洗濯機はもう主流ではない?洗濯機選びでがっかりしない方法

家電量販店にいくと最近では縦型よりもヅラっと並んでいるんではないかと思うドラム式洗濯機。

最近になって定着してきたこのドラム式ですが、2000年ごろから日本でも普及し始めて来ているようで、
ある程度歴史もあるものになります。

流行り始めた当初は、あこがれの的でしたが、ココ最近定着し始めて、
逆に縦型洗濯機の方を利用する人数の方が増加傾向にあるとの情報が出てきました。

縦型の乾燥機付き洗濯機利用者が増加

2015年の調査結果によると、ドラム式の利用者はわずか、16%。


少し高いので、購入者が少ないのかと思いきや、4年間での利用者の増加数はわずか2%。
その反面、縦型の乾燥機付き洗濯機の利用は、4年間で11%もアップしている様です。

つまり、ドラム式洗濯機ってそんなに売れてないのが現状です。

ドラム式の洗濯機がいまだ主流にならない理由


なぜドラム式洗濯機の購入率がそんなに上がらず、主流にならないのでしょうか。

その理由を幾つか上げてみます。

やっぱり、結局選ぶのは縦型洗濯機。

縦型を買う1番の理由はずばりコスパ!。

自分の欲しい機能がついていれば、その機能付きの機種の中で、最安のものを選びたいのが基本的な心情。

多機能であればいいという時代ではなく、安くて良い物を買いたい時代になってきています。

ドラム式は憧れるけど、結局のところ、何が優れているのか、
キレイに乾燥できる機能や、大容量の洗濯機なら縦型でもあるし、縦型洗濯機の方がむしろ安い。

…そう思ってしまう時点で、縦型を選ぶ大きな要員になっています。

縦型洗濯機とドラム式の違い。


縦型洗濯機は、洗濯槽に水を溜めて回転させ、衣類を洗う「撹拌式」
ドラム式の場合は、洗濯槽の下に溜め、そこに打ち付けるような形で洗う「叩き洗い」

これにより、ドラム式の方が水の使用量を抑えられる傾向にありますが、一概にはどちらがいいとは言えません。

ドラム式洗濯機のデメリット

・洗濯脱水を行った後や乾燥時に、衣類から出た埃が洗濯物によくつくがある。

・乾燥後の衣類に着く匂いが気になる。

・振動、音の大きさが気になる。

洗濯機の選び方コチラも参考にどうぞ。

ドラム式洗濯機のメーカー別の特徴

日立の「風アイロン」


日立は広いビックドラムが特長。

このビックドラムの特長を活かした「風アイロン」が有名です。

風アイロンとは、広いドラムの中で、高速の風を巻き起こし、シワを伸ばす技術。

乾燥で選ぶなら日立がオススメです。

東芝は「抗菌」


東芝はマジックドラムが特長的です。

防汚、抗菌、により、カビが発生・付きづらく、清潔な状態を保つ工夫に優れています。

パナソニックは「自動掃除」


パナソニックは自動的に、埃を掃除してくれる機能を持ちます。

デメリットでもあったように、乾燥時にでる埃が気になる方の多いドラム式。

そんなドラム式の弱みをしっかり補う商品が多く登場しています。

関連するキーワード

この記事を読んだ方は他にこんな記事も見ています。

コメントを残す

週間プレモアマガジン

SNSでも情報発信中です。

運営会社

運営会社の画像

安く、質の良いサービスをより多くの方に


100万点以上の商品から
安値の高品質商品を探す